スレッド一覧

他のスレッドを探す  スレッド作成

新着順:80/1830 記事一覧表示 | 《前のページ | 次のページ》

やり場の無い鬱屈

 投稿者:わたべ@汐留  投稿日:2011年10月18日(火)08時25分55秒
  通報
  空気が入れ替わった。
稚内や留萌でも雪になったらしい。
10月も中旬だから、北海道からの雪の便りがあってもおかしくはない。
それでも、最初のニュースを聞くと『そっかぁ、雪かぁ.....』って感想が生まれる。


昨日は生の筋子を買って来て、今年のイクラ作りをした。
産は北海道。エリアまでは表示されて居なかったが、たぶん知床産なんだろうな。
粒が少し小さかった。

いつものように丁寧にバラして、塩を加えながら、これも丁寧に熱湯ギリギリのお湯で薄皮を取り除いて行く。
時期が少し早いってこともあるのか、数回で取り終えた。
酒、ミリン、醤油をそれぞれ小さじ2・1・1で味付け。
味が馴染んだ頃にちょっとつまみ食いしてみたら、これが絶品だった。
今年は塩を少し抑え気味にしたのが良かったのかもしれない。
今夜の夕飯が楽しみだ。(^_^)


にしてもだ。
例年なら木戸川のイクラを食べてからの作業のはずだった。
まぁ、土地を奪われた福島の人たちの苦痛を考えたら言い出しにくい。
しかし、何年も何年も続けて来たこの楽しみを奪われた精神的な苦痛に対して、東電に賠償請求したい気分だ。

我々には、年にたった1度の楽しみだった。
それが、喜びも土地も生活の全てを永久に奪われてしまった人たちの苦痛や苛立ちがいかほどのものか.....。
やり場の無い鬱屈で胸が破裂しそうになる。



昔一度政経塾を訪ねたことがあった。
いったい幸之助の何を学んで来たんだ?
 
》記事一覧表示

新着順:80/1830 《前のページ | 次のページ》
/1830