モーターパラグライダー



カテゴリ:[ スポーツ ]


142件の内、新着の記事から10件ずつ表示します。


[53] ご長寿飛行隊映像

投稿者: 親鷹 投稿日:2017年 3月22日(水)18時11分22秒 p196.net059084212.tokai.or.jp  通報   返信・引用

ご無沙汰しています。皆さんの元気な活動振りを楽しく拝見しています。
ご長寿飛行隊の様子をまとめた作品をアップしましたので、懐かしい映像を楽しんでください。

http://youtu.be/SdBckhohOVQ




[52] (無題)

投稿者: 金ちゃん 投稿日:2017年 3月21日(火)20時55分10秒 p207.net124047235.tnc.ne.jp  通報   返信・引用

PME第一エリアの今年最初の草刈りは4月29,30日.の2日間。刈払機持参。
共用クラブの遠投大会は5月13(練習日),14日(全国大会当日)となっています。ご理解とご協力お願いします。



[51] 植樹した磐田市の防潮堤を空撮

投稿者: PMEのHPの管理者の富ちゃん 投稿日:2017年 3月 5日(日)17時38分47秒 p863088-ipngn200510sizuokaden.shizuoka.ocn.ne.jp  通報   返信・引用

2月18日、磐田市の防潮堤の植樹の様子を空撮したかったのですが、その日は朝から強風のため飛べませんでした。
3月5日(日)の今日、午後からは風が強くなりましたが、その直前、天竜川の河口近くの河川敷にあるPME第1エリアをテイクオフし、植樹された防潮堤に向かいました。眼下の防潮堤には、人っ子一人おらず、風に揺れている苗木がただ並んでいるだけで、あの日、2000人の人々が植樹したことが嘘のように感じました。そして、太陽光の差す方向を考え、少し東へ飛び、旋回して進路を西に変え、少し強い風で空撮には不向きなコンディションでしたが、それでも数枚、防潮堤を空撮することが出来ました。
中日新聞の植樹の記事の切り抜きと、本日の空撮写真の1枚を投稿します。



[50] 静岡市の高松海岸でのフライトレポート

投稿者: PMEのHPの管理者の富ちゃん 投稿日:2017年 2月26日(日)21時00分16秒 p863088-ipngn200510sizuokaden.shizuoka.ocn.ne.jp  通報   返信・引用

金ちゃんから高松海岸へのお誘いのメール。
いつもは、バイパス(袋井⇒掛川⇒藤枝)から150号線を使って、1時間強で到着するのだが、大井川を渡るあたりから焼津でバイパスを下りるまでずっと渋滞が続き、2時間以上も掛かってしまった。

2月25日(土)、静岡レインボーウィングスの方々は不在の中、集まったPMEメンバーは5人。エリアルールを順守し、アンちゃん、マルちゃん、金ちゃんの順でテイクオフ。それから到着が遅れた富ちゃんは最後に、安倍川を遡るコースを首からカメラをぶら下げ、テイクオフ。

安倍川河口から北側には雪を被る南アルプスが見える。150号線の南安倍川橋を渡るあたりから、かなり揺さぶられ始めた。とんびも飛んでいることから、サーマルと静岡市街上空を通過する東風の影響か、ずっと揺れていた。右岸の山、左岸の静岡市街、この全く異なる風景を楽しみながら川を遡って行った。高圧線や新幹線等の鉄橋の上は、100m以上離れて通過。藁科川への分岐点あたりからダイラボウが見えた。いつかは行ってみたい。そして、静岡中心街から東静岡に続く街並みの上から清水港が見えた。この景色は気に入ったが、かなり揺さぶられており、空撮は出来ず、諦めた。やがて静清バイパスを通過し、その北側にある橋(県道205号線の狩野橋)を超えたところでUターン。その先の第2東名はいつか行ってみたい。

復路は逆光の中、向かい風だった。光の具合で見える景色が変わり、それも面白い。ただ、対地速度はゆっくりだ。しかし、揺れるコンディションの為、キャノピーのトリムは変えず、そのままで飛び続けた。スロットルを吹かしても直ぐに追従せず、上昇までは少し時間が掛かる。妙な感じだった。それでも、橋や高圧線を通過する際はかなりの距離を保ってクリア。やっと河口に出た。少し安堵したが、海には多少の白波が見える。テイクオフ時からは風が強くなった様だ。

今日は天気は良いのだが風は冷たい。さすがに45分も飛べば、指がかじかんでくる。そのままランディング。
直ぐに昼食を取ったが、冷えた体はなかなか回復しない。自宅から持ってきたコーヒーを飲んだ。
先ほどより白波は多くなり、大きくなっている(その時に撮った写真を上に貼り付けました)。2回目のフライトの可能性は無さそうなので撤収を始めた。

初めての安倍川の遡上で、景色を堪能出来た。残念だったのは空撮できなかったこと。ですので、笹下さん・野田さん、またお世話になります。

【追伸】1月26日(日)の大河ドラマ「おんな城主直虎」の最後のコーナー「直虎紀行」で、安倍川の右岸の山手から撮った風景が流れました。ちょうど富ちゃんが飛んだコースだったので、驚きとともに目が離せませんでした。



[49] 磐田市の防潮堤の植樹祭に参加

投稿者: PMEのHPの管理者の富ちゃん 投稿日:2017年 2月19日(日)11時11分48秒 p863088-ipngn200510sizuokaden.shizuoka.ocn.ne.jp  通報   返信・引用

金ちゃんと古山さんが、PMEを代表して植樹祭(2017.2.18 土曜日)に参加しました。
広報担当の富ちゃんは当初、空からその風景を空撮する予定でしたが、強風のため飛べず。地上から、二人の植樹の様子を撮りました。

植樹の後、防潮堤(地上14m)の頂上からあたりを見渡し、かなりの高さを体感(いつもは、それ以上の高さでフライトを楽しんでますが)。これならば、津波から磐田市を守ることができるのでは、と感じました。

植樹祭の参加者が帰ってしまった後の防潮堤の写真を撮っていた時、磐田市の広報担当の職員の方と会話する機会がありました。PMEのHPを紹介することになったり、空撮写真をインスタグラムへの投稿を依頼されたりで、今後、何か進展しそうな気がしました。

■YouTubeに投稿されていたSBSニュース(アナウンサーの説明内容)
磐田市が津波対策として整備を進める防潮堤の一部が完成し、18日、初めての植樹祭が開かれました。磐田市は、津波対策として市内の海岸線およそ11kmを盛り土する防潮堤の整備と海岸防災林の強化を進めています。18日は盛り土工事が終わった竜洋地区で初めて植樹祭が開かれ、およそ1200人の市民が松枯れに強いクロマツと広葉樹の苗木2000本を植えました。2014年に着工した磐田市の防潮堤整備は2016年度末までに全体のおよそ4%にあたる358mの区間が海抜14mの高さまで完成する見込みです。磐田市は着工からおよそ20年後の2034年までに防潮堤を完成したいとしています。

■翌日の朝刊
中日新聞の日曜日の朝刊には載っておらず、残念。月曜日の朝刊に期待したいと思います。

■掲載写真等
①植樹祭の式典が行われたゲートの前で
②植樹中の金ちゃんと古山さん
③植樹後の全景

■定点撮影
クルマに乗って自宅に戻ろうとした時、ふと気づいた「定点撮影」。
植樹した木々の成長を記録しようと、掛塚灯台(通称、駒場灯台)の高台に上り、防潮堤を撮影。
別アングルで、竜洋海洋公園内の「しおさい竜洋」のなぎさ広場(BBQ広場)の前からも撮影。
毎年の定点撮影で、成長ぶりを記録しよと決めました。

以上。




[48] 静岡県PPG連合会の競技会への参加レポート

投稿者: PMEのHPの管理者の富ちゃん 投稿日:2017年 2月13日(月)22時12分28秒 p863088-ipngn200510sizuokaden.shizuoka.ocn.ne.jp  通報   返信・引用

これまで、富士川の河口でのフライトの経験がなかったことで、今回の競技会&フリーフライトを目的に参加しました。

「さきほど、JPMAの柳瀬さんが富ちゃんを探していたよ」との伝言があり、柳瀬さんを見付け、何事?と尋ねたところ、フライインのレポートを書いて欲しいとのこと。始めは辞退したのですが・・・、結局は承諾してしまいました。推敲不足ですが、そのレポートを紹介します。
なお、柳瀬さんがこのレポートを加筆修正され、JPMAのHPに掲載されると思います。
=============================
静岡県は東西に長く、筆者が住んでいる浜松方面から富士川河口までは100km強だ。さらに遠くから来た参加者は○○県からだ。雪で通行止めになった高速道路を迂回してきた仲間もいた。寒波に覆われた日本列島の日本海側は大雪だが、この競技会の会場となった富士川河口は、2月11日と12日は春めいた穏やかなコンディションだった。静岡県は沖縄県を除いて日本で最も暖かな県だ。
こうして集まった〇人の競技会が始まった。実は、競技に参加しない人も十数人いた。
競技種目はお馴染みの、①ライズアップ、②砂袋落とし、③ペットボトルキック(2本)、④ターゲットの4種目で、パラ操作スキルの的確性や安全性、フライト精度を競うものだ。競技者が成功すれば「ウォー、やったね」、失敗したら「あとチョット」・・、競技をする人は真剣に、見ている人は感心しながらも笑みが絶えなかった。競技も中盤、風向きが目まぐるしく変わった後は強くなり、中止となった。残りは明日に持ち越しだ。
その夜は、疲れた体を温泉で癒し、宴会ではパラ談議に次ぐパラ談議。老若男女の笑いは絶えなかった。その後は部屋で、またまたパラ談議。飽きない尽きないパラ談義はスキルの向上やパラ仲間の良い関係を構築する。
ニュースでは日本海側は寒波による大雪だが、ここ富士市には春がひと足先に訪れて来た様で、雲ひとつ無い晴天の中、大会2日目も競技が続いた。
筆者にとっては初めての競技会参加だった。緊張していたためか、実力を出せなかったが、終了後は緊張が解き放たれたのか、笑顔で会話していた自分に気付いた。そして競技が全て終了した後は、待ちに待ったフリーフライトの時間となり、富士山麓に広がる富士市、千本松原に続く沼津の遠景、富士川越しに見えた雪を被った南アルプスの山々を空撮。1時間のフライトを堪能した後、大会事務局が準備した暖かな牛丼とお茶は冷えた体に旨かった。
富士山をバックに参加者全員の記念撮影。そして表彰式は県連の会長の挨拶、競技審判長の仕切りで、ハーモニカの生演奏の中、JPMAの柳瀬さんから賞状が渡された。表彰が進み、拍手があり、笑顔があり、事故もケガもなく競技会が終わった。有難うございました。お疲れ様でした。次回の開催をお持ちしております。

レポーター:パラモーター遠州(PME)の富ちゃん
===============================
掲載写真は3枚、①エリア風景、②集合写真、③フリーフライト(富士川河口~原駅の往復)の際に空撮した富士山。次回は沼津まで飛びたいですね。
では。



[47] 防潮堤植樹祭

投稿者: 金ちゃん 投稿日:2017年 2月 3日(金)19時58分14秒 p063.net182020117.tnc.ne.jp  通報   返信・引用

磐田市建設部都市整備課より表題のご案内がありましたので紹介します。
このたび、竜洋海洋公園内防潮堤が一部完成したことから、海岸防潮堤のお披露目と緑の重要性について理解と認識を高めてもらう機会として、子どもから大人まで多くの市民が参加できる植樹会を開催します。
地元 竜洋町地区に関係の皆さんに多数ご参加いただきたくご案内いたします。
1.日時 平成29年2月18日(土)*小雨決行
     午前8:30受付 午前11:00終了予定
2.場所 竜洋海洋公園内防潮堤【灯台の西の丘陵)
3.参加者 磐田市在住、在勤の方。
4.申し込み 準備の都合上、事前申し込みが必要になりますので、参加者全員
       の氏名、年齢、を代表者(金原)を通して整備課に連絡します
5.締め切り 2月9日(木)
6.問い合わせ 0538-37-4806
7.H/Phttp://www.city.iwata.shizuoka.jp/news/2017/01/post-1494.php



[46] PMEの第1エリアのメンテナンス

投稿者: PMEのHPの管理者の富ちゃん 投稿日:2017年 1月29日(日)22時34分44秒 p863088-ipngn200510sizuokaden.shizuoka.ocn.ne.jp  通報   返信・引用

釣りの遠投のメンバーとPMEメンバーの共同で、天竜川の河川敷(磐田市側)にある「PMEの第1エリア」のメンテナンスを行いました(2017.1.29 日曜日)。

クルマやバイクが入ってくると、エリア内に轍が出来てしまい、テイクオフやランディングの際の支障になったり、春から秋にかけての芝刈りの際にも支障になるため、以前から、海岸の流木をエリアの外周に並べ、クルマやバイクが入って来られない“柵”を作っていました。
その一部が、経時変化でボロボロになってきましたので、海岸で流木を探し、トラックでエリアに運び込み、入れ替えました。

およそ1時間も掛かりましたが、良い汗をかきました。

その後は、1月末ですが、3月下旬のような陽気の中、「空の散歩」を楽しみました。

以上です。



[45] 中日新聞に亀さんが出ていました

投稿者: PMEのHPの管理者の富ちゃん 投稿日:2017年 1月14日(土)17時37分48秒 p863088-ipngn200510sizuokaden.shizuoka.ocn.ne.jp  通報   返信・引用

中日新聞(2017.1.6 金 朝刊)の「ケッコーな話 飛ぶ」に、パラくるうピエロの亀さんが出ていました。
ご存知の方も多いと思いますが、掲示板に載せておきます。



[44] 静岡市高松海岸でのフライト

投稿者: PMEのHPの管理者の富ちゃん 投稿日:2017年 1月 4日(水)10時14分5秒 p863088-ipngn200510sizuokaden.shizuoka.ocn.ne.jp  通報   返信・引用

元旦の早朝以降、浜松方面は強風で飛べず。
昨日(1月3日)は、静岡レインボ―(笹下さん・野田さん)にお邪魔して、「空の散歩」を楽しむことになった。

昨日は“Uターンラッシュ(東京への戻り)”がピークになるとの予測もあり、自宅を早めに出発。
特に渋滞はなく10時に到着、遠州灘スカイクラブの杉本さんが来ており、新年明けまして・・・と挨拶を交わす。

早速、フライト準備に取り掛かる。到着時は穏やかな風速だったが、次第に強くなる感じもあり、早めに飛ぶことにした。

北東の風は冷たくなかったが、ちょっと厚着でテイクオフ。三保を目指す。
久能山あたりまでは揺れたが、それ以降は安定。日本平のピークと同じ高さで東進。石垣いちごか久能山東照宮参拝なのか、渋滞のいちごロードは見下ろしながら三保へ。少し雲がかかっていたが、それでも富士山は良い!
ふと、低空で飛んでいるパラモーターを発見。後で分かったのだが、愛知県のパラくるうピエロのパラ仲間たちが清水サンキューエリアからのフライトだった。
三保の松原の上空からの景色を堪能した後、高度を下げる。羽衣松付近の海岸の多数の観光客に手を振りながら低空フライとを楽しみ、そしてテイクオフ地点へ戻った。

MKクラフトの3人が清水サンキューエリアから飛んできた。で、早速集合写真を。
・静岡レインボ―ウィング:2人
・遠州スカイクラブ   :1人
・MKクラフト     :3人
・パラモーター遠州   :5人

先ほどまで吹いていた強い風が止み、白波も消えた。風向きが変わり、穏やかな風速となった。少し様子を見ながら、その状態が継続していることを確認。では、安倍川を遡ってみようと今日2回目のテイクオフ。
ところが、突然、ペラの回転が落ち、高度を維持できず、安倍川河口の手前の砂浜に不時着。原因は断線だった。その原因を探していた時、不時着した地点近くでBBQ(バーベキュー)を楽しんでいるファミリーから、空を飛ぶなんて凄いねとの感想を頂いたが、問題が起きてしまい不時着ですと応える始末。ファミリーの子供から、焼きいもの差し入れを頂き、サンクス。静岡レインボーの野田さんとPMEの小山さんに回収して頂いた。

昨日参拝した袋井市の法多山の“お守り”と“厄除けだんご”(テイクオフ前に食べた)が効いたのか、砂浜への安全な不時着は。ラッキーだった。

笹下さん・野田さん、今年もよろしくお願い致します。


レンタル掲示板
142件の内、新着の記事から10件ずつ表示します。

お知らせ · よくある質問(FAQ) · お問合せ窓口 · teacup.レンタル掲示板

© GMO Media, Inc.