モーターパラグライダー



カテゴリ:[ スポーツ ]


新着順:14/129


[117] 私自身の「初フライトビデオ」を見たら・・・恥ずかしかった

投稿者: PMEのHPの管理者の富ちゃん 投稿日:2018年 6月25日(月)22時30分7秒 p943171-ipngn200703sizuokaden.shizuoka.ocn.ne.jp  通報   返信・引用

準備中のウエブアルバム向けに、2009年頃から撮り始めたPMEメンバーのフライト写真とビデオを、メンバー別に分類を始めた時、私自身の「初フライト(2010年5月9日)」のビデオに久し振りに再会した。何回もテイクオフをやり直したため、全部で19本もあった。撮ってくれた平岡さん、有難うございます。

ビデオの中の自分のテイクオフは、本当に下手くそ。危なっかしいし不安定だ。見ている人を心配させてしまう、そんな内容だった。

NG箇所を全て挙げてみた。

①キャノピーのライズアップは風に頼っている(へその方にライザーを全く引き込んでいない)。
②キャノピーが頭上まで上がってきてピタ―っと保持する前に振り返っていた。その結果、キャノピーは横に流れてしまった。
③頭上まで上がってきたキャノピーの保持力が小さい時は、少し後方に進む(風上に向かう)のだが、それをしないため、キャノピーが横に流れてしまっている。
④頭上まで上がったキャノピーが安定し、振り返った後、キャノピーを十分に確認せず、そのまま前方を見ながら(走り始めるのではなく)歩き始めたが、アクセルを吹かさず、もたもたしている内に、キャノピーがしぼんでしまう。
⑤動作が順序どおり進んでおらず、且つ連続性がない。
⑥キャノピーがゆっくりと上がってくるのだが、ブレークコードを操作せず、そのまま頭上を通過していた。
⑦振り返った後、走り始める前に、ブレークコードを確実に握っていないことに気が付き、握り直す。
⑧振り返った後、キャノピーの確認が不十分なため、キャノピーが向いている方向と違う方向に走った結果、左右に振られ、その結果、テイクオフできず、倒れてしまう。
⑨走り始める時、両手が前に出ており、その分、ブレークコードを引っ張っている状態になっているため、キャノピーに充分な浮力が発生していない。そのことで、助走距離が長くなってしまう。
⑩テイクオフに失敗して倒れてしまう前に、キルスイッチを切っていない。
⑪アクセルを吹かす前に走り出すも、アクセル開度が小さいため、推力も浮力も出ていない。これじゃあ、テイクオフまでの時間が長くなってしまう。
⑫キャノピーをしっかりと広げていないまま(左右・前後)、ライズアップに入っている。
⑬飛び乗ったため、ユニットが少し降下し、砂浜をこすりながらのギリギリのテイクオフ。絶対に飛び乗るな!

初フライト前の自分自身を指導するならば、
A)テイクオフまでのひとつひとつの動作、その連続のイメージトレーニング不足だったね。
B)ひとつひとつの動作の理由や目的が分かっていなかったね。
と叱咤激励するのだが・・・、と今の自分自身は、上記①~⑬については、まだ全て完璧ではありませんが、かなりレベルUPしているとは思います。これからも日々、スキルUPに精進したいと思います。

以上。


新着順:14/129


お知らせ · よくある質問(FAQ) · お問合せ窓口 · teacup.レンタル掲示板

© GMO Media, Inc.