モーターパラグライダー



カテゴリ:[ スポーツ ]


127件の内、新着の記事から10件ずつ表示します。


[129] ウエブアルバム

投稿者: PMEのHPの管理者の富ちゃん 投稿日:2018年 9月19日(水)09時54分15秒 p957005-ipngn200704sizuokaden.shizuoka.ocn.ne.jp  通報   返信・引用

4日前の土曜日、午前中はレガッタ(漕艇)のコーチで午後は休日出勤、そして日曜日の午前中はフライトで、午後はまた休日出勤。ですので、水曜日の今日、休暇を取って、のんびりしています。

標記の件の報告です。

以前のウエブアルバムの「Picasa」へのアクセスが出来なくなり、新しく「Google フォト」に切り替えました。写真をアップする器が出来ましたので、2009年3月撮影分(※1)から、PMEメンバーの「フライト写真」を抽出し、それなりのレベル以上の写真を選択し(※2)、ウエブアルバムへのアップを続けてきました(かなりの時間を費やしましたが)。昨日、やっと2017年末までのアップが終わり、残すところ、今年のフライト写真の分のみです。

※1 私がPMEに入る前ですが、パラモーターの取材で、PMEにて体験取材をさせて頂いた際の写真
※2 かなり多くの写真がありましたが、写真のアングルやピント、背景の良い写真で、似たような写真を除いて、それなりに良い写真を選びました。

そのアップも間もなく終わります。その後は、以下の写真のアップを始めたいと思っています。

①PMEのイベント写真(BBQ、総会、草刈りなど)
  ⇒ 近頃、エリアに来られない方々の写真もあり、懐かしい感じがしますね。

②PMEエリアに来られ、フライトされた方々の写真(その方が所属しているサークル別にアップの予定)
  ⇒ 本当に多くの方々が来られています。有難うございます。
    PMEエリア以外でも、撮った写真もアップします。

③PMEのエリア周辺写真
  ⇒ エリアの紹介になるのでしょうか、本当に良いエリアです。

④これまでにフライトした場所の空撮写真
  ⇒ これまで色々なエリアにお邪魔しました。その際のエリアの空撮写真です。

⑤雲の写真
  ⇒ これは飛行機から撮った写真ですが、見応えのある写真が多いですね。

乞う、ご期待!




[128] たいへん嬉しい話です

投稿者: PMEのHPの管理者の富ちゃん 投稿日:2018年 9月18日(火)20時34分8秒 p957005-ipngn200704sizuokaden.shizuoka.ocn.ne.jp  通報   返信・引用

私の勤務先の同僚が、出身大学の同窓会を三保のホテルで開催し、日本中、そして海外からも集まったのですが、あいにく、天気が芳しくなく、富士山も見えない状況でした。
私が以前、会社の同僚に、三保の「空撮写真」を渡しました。その彼も、この同窓会に参加しており、同窓会の参加者たちに見せ、「晴れていたら、こんな風に富士山が見えたんだけどね」と話しをしたとのこと。
以上、たいへん嬉しい話でした。

写真の説明
①日本平の東端から空撮した三保半島と富士山
②三保の松原の「羽衣の松」からの砂浜、観光客が見えますね
③三保飛行場、手前にはホテル「三保園」が見えますね
 (この日は、飛行場の先端(右下)の砂浜からテイクオフしました)

過日、この写真①を中日新聞に投稿したところ、新聞に掲載されましたね。

では。



[127] 雲の中のフライト

投稿者: PMEのHPの管理者の富ちゃん 投稿日:2018年 9月 9日(日)22時27分45秒 p957005-ipngn200704sizuokaden.shizuoka.ocn.ne.jp  通報   返信・引用

幾つもの台風で、雨や強い風で飛べない日が続きましたが、やっと今日、飛ぶ事が出来ました。
天気予報では“傘マーク”が並んでいましたが、“一縷の望み”が叶ったのか、晴れましたね。
8月19日(日)からですので、今日は3週間ぶりのフライトです。

いつも以上に安全点検してテイクオフ。エリア上空を2回も旋回しながらの安全点検も。
眼下の天竜川は泥水で増水しているため、いつも以上に高度を取り、河口の砂州上空に差し掛かった際は、既に高度300mでした。上空には、遠州灘から流れ込んで来る雲が見え、近い! もう少しアクセルを吹かせば届きそう。

その後は地上700mまで上昇し、流れてくる雲の中のフライトを楽しみました(これで3回目)。
ホワイトアウトになったり、足下を流れる雲を見たり、地上が見えたり見えなくなったり。
約30分後、高度を下げたところ、地上約200mあたりから、湿度と温度が上昇し、先ほどまでが天然クーラーの中にいたんだと、またアクセルを開けたくなりましたが・・・。

今日は、カメラを持ってくるのを忘れてしまい、雲の中をフライトしながらの空撮が出来ませんでした。「次回は必ず」と思っていますが、秋空の雲の中のフライトは、高度何メートルになるのでしょうか。

今日の「雲」をネットで調べました(Wikipediaから、添付写真もWikipediaから)。

積雲(せきうん)は、晴れた日によく発生する、綿のような形をした雲で、綿雲(わたぐも)とも呼ばれ、形状は綿菓子にも喩えられる。
上部はモコモコしていて形がよく変わるが、雲底は平たくほとんど上下しない。
上に向かって成長し、下や横にはほとんど成長しないのが特徴。また、雲内部の雲粒の密度が高く、日光が当たった時の明暗がくっきりと表れるのも特徴である。
基本雲形(十種雲形)のひとつ。
積雲は主に、日射によって地表や水上の空気が暖められることによる上昇気流で発生する。典型的な例は、午後になって発生してむくむくと成長していき、夕方になるとそれがとまって消散し始め、大抵は大きく成長せずに消えてしまう。しかし、大気の不安定などの条件が整っていると、さらに大きく成長することがある。雲頂が高度10km以上にも達し、積乱雲(入道雲)と呼ばれるようになる。

では。



[126] リポバッテリーが壊れた

投稿者: PMEのHPの管理者の富ちゃん 投稿日:2018年 9月 8日(土)23時23分45秒 p957005-ipngn200704sizuokaden.shizuoka.ocn.ne.jp  通報   返信・引用

午後からは風が強くなる予報の、先週の土曜日は少し早く起きた。

朝食前に先ず、リポバッテリー(※1)の充電を始めようとしたところ、充電器からエラー音と「セルが異常」の表示が。スイッチを入れ直したものの、数回、同じ結果だった。

バッテリーを目視点検したところ、4つのセルのひとつが少し膨らんでいた。
リポバッテリーの異常時は膨らむとのことだが、壊れてしまったようだ。

リポバッテリーのネット情報によると、分解はNGとのこと。
なので、もうどうしようもないというのが結論だ。

ネットで、同じリポバッテリーを探すも、無い。
そこで、電流値が若干小さなリポバッテリーを選び(※2)、注文ボタンを押す。
納期が1週間程度とのことなので、次の土曜日(今日)に間に合うかと、少し心配になりながらも、待つしかない。

3日で届いた。

ところが今日は雨。晴れても直ぐに雨が降る妙な天気で、雷注意報や大雨注意報が出ている。
明日の天気予報は今日と同じ内容のようだが、一縷(いちる)の望みを掛けるも、待てば海路の日和ありってか・・・?

バッテリーが壊れた原因はよく分からないが、充電器の操作ミスなのか? セルのバランスを取りながらの充電をしていたはずが、そうではなかったようだ。もしくは、もう寿命(※3)?

※1 リポ・バッテリー = リチウムポリマー・バッテリー

※2 旧:KYPOM リポバッテリー K6 14.8V 3700mAh 35C
     新:KYPOM リポバッテリー K6 14.8V 3300mAh 35C

※3 この掲示板のNo.59(2017年5月27日)に、リポバッテリーを最初に購入したレポートを投稿したので、1年4ヵ月で壊れた? そんなもんか?

以上です。     



[125] いきなり暴走族のバイクの排気音になってしまった

投稿者: PMEのHPの管理者の富ちゃん 投稿日:2018年 9月 6日(木)22時18分46秒 p957005-ipngn200704sizuokaden.shizuoka.ocn.ne.jp  通報   返信・引用

先日、「天竜川フライイン2018」の写真データを受け取りに、愛車のヤマハのマジェスティで、勤務先の友人宅に行った帰路でのこと。
磐田バイパスから袋井バイパスに入ったところで突然、排気音が爆音に変わってしまった。バイクのエキパイとマフラーの接合部が破断してしまったのか、そりゃもう、たいへんな爆音だった。そう「俄か暴走族」。還暦を迎えた年齢には似合わない。錆と振動が破断の原因だった。

後日、PMEメンバーの田辺さんに、その部分を修理して頂いた。
錆びた破断部分の溶接は難しく、パイプを切って作った3枚のパッチをあてがい、溶接した。マフラーを外さず溶接したため、奥の部分の溶接が出来ず、排気が少し漏れている。だが、その排気音が今、気に入っている。

しかし、走行中、アクセルを吹かした直後に素早く戻すと“パン”、と爆裂音が出る。この爆裂で、溶接部が外れることはないと思うのだが・・・、デブコン(Devcon:金属の補修や鋳物の巣埋め、古くなった設備機器の再生に使用される補修材)で補修しようと思ったが、2液(?)の混合バランスが難しいとのことで、手軽な「マフラー用耐熱パテ補修材」で、爆裂音対策を進めようと思っている。

掲載写真
上:エキパイ(右)とマフラー(左)の接合部の破断部位
中:溶接中の田辺さん(本当に有難うございました)
下:溶接完了

購入後、約18年。走行距離は約55000km。色々な部分がへたれてきていると、YSPのサービスマンに言われた。3年前、10万円を掛けての大掛かりなメンテナンスをやったこともあり、最後まで、やさしく乗り続けようと思っている。エンジンオイルの「オイル上がり」の症状も出ているが、エンジンオイルを小まめに追加すればいい。

今日も、良い排気音を出しながら、時々“パン”と音を立てながら、走っている。

以上です。



[124] 天竜川の河口上空からの空撮

投稿者: PMEのHPの管理者の富ちゃん 投稿日:2018年 8月14日(火)22時26分28秒 p957005-ipngn200704sizuokaden.shizuoka.ocn.ne.jp  通報   返信・引用

2週間前の「天竜川フライイン2018」の、初日の「遠足フライト」や2日目の「フリーフライト」の際は、残念ながら、ぼんやりした遠景で、PME自慢の「風光明媚な景色」を堪能して頂く機会はありませんでした。

今日の「夏の日のフライト」で、カメラを首からぶら下げ、あのPME第1エリアをテイクオフし、天竜川河口の砂州に向かって、地上400mまで上昇したところ、くっきりとした遠景に出会い、空撮を行いました。

写真説明
上:河口東側から天竜川河口一体を望む
中:砂州上空から天竜川を望む
下:河口西側から天竜川の東側方面を望む

暦の上ではもう、立秋(※1)が過ぎ去り、間もなく処暑(※2)を迎えます。
そうなると、夏の雲が消え、空は高くなり、東方面に富士山の姿が入ってきます。

このPMEエリアにお出で下さい。

※1 8月7日:夏が極まり秋の気配が立ち始める日
※2 8月23日:暑さが峠を越えて後退し始めるころ

以上です。



[123] もう少しお待ちください

投稿者: PMEのHPの管理者の富ちゃん 投稿日:2018年 8月 8日(水)23時14分49秒 p957005-ipngn200704sizuokaden.shizuoka.ocn.ne.jp  通報   返信・引用

「天竜川フライイン2018」の写真の整理を進めています。

私が撮った約500枚の写真から100枚の選別が終わりました。

そして、私の勤務先の写真クラブの友人が撮った約3000枚を昨夜入手し、今、内容確認を進めています。
「S-1グランプリ」出場された方々向けに、ひとり約10枚の選別を急ぎます。

今度の土日には、先ず、ウエブアルバムに保管して、このHPの「お知らせ」から、そこにアクセスできるようにセットしますね。

少し、お待ちください。では。



[122] 天竜川フライイン(S1-GP)お疲れさまでした!

投稿者: 静波ssc(K崎) 投稿日:2018年 8月 7日(火)14時03分14秒 i114-191-36-35.s41.a022.ap.plala.or.jp  通報   返信・引用

パラモーター遠州(PME)・遠州南SSC・県内各クラブ・県外遠路より参加された皆さん、先日の大会 猛暑の中お疲れ様でした。 スタッフの皆さんご苦労様でした。
S1-GP(セフティ フライト グランプリ)も無事終了し、進行ご協力ありがとうございました。
5日(2日目)は、開始間もなく強風となり中止、エントリー断念の方も有ったかと思いますがご容赦を!
大会結果は、本日JPMAに送信報告させていただきました。
暫定項目内容で見切り発車的になりご不満も有ったかと思います。大会の問題点(平等性・現実的実行項目の選定、判定点の明確化、同点減らし策:技術競技項の入れ等、安全特化の内容又は難しい競技を無難(安全に)に行えるかの技術的項優先、他の楽しいイベントとの時間的制約との兼合い 等〃)が考えられ、今後JPMA内で検討・改善を図り、より良い方向になることを願うばかりです。
「安全意識を持つ事は技術より優る」を忘れなければ事故減少につながる事と思います。
皆さん 又 何処かで会いましょう。楽しいフライトいたしましょう。その際はヨロシクお願いいたします。
まずは お礼まで!!   2018.08.07 静波ssc(川﨑)



[121] 天竜川フライイン2018

投稿者: PMEのHPの管理者の富ちゃん 投稿日:2018年 8月 5日(日)20時58分57秒 p943171-ipngn200703sizuokaden.shizuoka.ocn.ne.jp  通報   返信・引用

8月4日(土)&5日(日)の暑い暑い“1泊2日”、天竜川の河口近くの河川敷(磐田市)で「天竜川フライイン2018」が開催されました。

8月4日(土)
・午前中の「S-1グランプリ」は熱い戦い(?)でした。
・午後は「遠足フライト」。太田川、福田漁港を経て17km東方向の弁財天川の河口でランディング。そこでは、冷たいアイスと冷えたお茶が待ってました。
・夜、本部席ではバンドの演奏とオイルフォンデューで腹一杯。

先週の金曜日まで、この遠州地方の午後は、ほぼ毎日6~7m/sでしたが、土曜日は1日飛べる良いコンディションでした。

8月5日(日)
・「S-1グランプリ」の続きと並行して「フリーフライト」。西方向の中田島砂丘、そして少し距離を伸ばして浜名湖の今切までを堪能。
・南風が次第に強くなり、フリーフライトはフェイドアウト。
・12時に閉会式。高得点の5人が表彰されました。コングラチュレーション!

エリアを片付け、本部を撤収して、帰宅した後、先ずはシャワー。
そして、フライインに持参したモノを片付けた後、予約録画した日曜日の朝の番組「サンデーモーニング」を見ていたら、いつの間にか、ソファーの上で眠りに落ちていました。

目が覚めた夕方、庭の芝生へ水遣り、で今、この掲示板への投稿を書いています。

またどこかでお会いしましょう。
1年後はまた来てくださいね「天竜川フライイン2019」、PME一同、待ってます。

【写真説明】
上:開会式直後の集合写真
中:遠足フライトのゴールの弁財天川で集合写真
下:S-1グランプリの上位5名
   左から:4位の細江さん、5位の佐川さん、1位の金原さん、3位の勝田さん
   (2位の杉本さんは2日目は欠席)

後日、撮った写真をウエブアルバムに保管しますので、そのご案内を致します。

以上です。



[120] 天竜川河口の4基の風力発電機がない???

投稿者: PMEのHPの管理者の富ちゃん 投稿日:2018年 7月20日(金)23時38分51秒 p943171-ipngn200703sizuokaden.shizuoka.ocn.ne.jp  通報   返信・引用

このところ、ほぼ毎日、これまでに撮った写真の整理をしながら、ウェブアルバムへのアップを進めていますが、天竜川河口(竜洋側)の4基の風力発電機がない写真を発見しました。

約9年前のことですが、パラモーターに少し興味があったことから、勤務先の技術会の会報誌の取材対象に選びました。
先ずは、東京のJPMAを訪問し、柳瀬さんに色々と取材をさせて頂きました。体験取材の要望を快く受け入れて頂き、「パラモーター遠州(PME)」を紹介して頂きました。

2009年3月8日  パラモーターの体験取材(金ちゃんによるタンデムフライトを体験)
2009年7月初旬  会報誌が発行され、金ちゃんに会報誌を贈呈すると同時にPMEに入会
2009年8月16日 PMEの新人メンバーとして、再び金ちゃんによるタンデムフライトを体験

3月8日に撮った写真には4基の風力発電機は無く、8月16日に撮った写真にはありました。
この5ヵ月の間に、風力発電機が建設されたものと思いますが、全く気が付きませんでした。
その頃のPMEのエリアは、河口から500mくらい東側の砂浜だったことがその理由でしょうか。

天竜川河口でのフライトの際、風景の一部になっている風力発電機が “ない” 写真を見た時、正直なところ、驚きました。

今、防潮堤を作っているので、風力発電機と同様に Before / After の写真を見て、将来、驚くのでしょうね。

写真の説明
上:2009年3月8日に空撮した写真
中:2009年8月16日に空撮した写真
下:2010年8月29日に地上から見上げて撮った写真

ちなみに、2010年5月9日に、富ちゃんは初フライトに成功しました。

以上です。


レンタル掲示板
127件の内、新着の記事から10件ずつ表示します。

お知らせ · よくある質問(FAQ) · お問合せ窓口 · teacup.レンタル掲示板

© GMO Media, Inc.