仮面ノリダーUNICORN




[0] 仮面ノリダーUNICORN

投稿者: 仮面ノリダーV2 投稿日:2018年12月10日(月)07時53分15秒 

20△□年4月。ジュウオウジャー達の活躍でデスガリアンは滅んだが、またもや地球は悪の手に染まった。ハンバーガー町に再び危機が訪れたのだ。ハンバーガー町は廃墟と化していった。それはファンファン大佐、キングジョッカーは猩猩右近、バンバンビガロ大佐達率いるゲロジョッカーに助けられ、再び世界征服を行っていた。(コンサート中のアイドルや観に来た皆に殴りかかるゲロジョッカー戦闘員達。周りの人の悲鳴。)
ゲロジョッカー達の世界征服を
止められるのは仮面ノリダー、木梨猛、仮面ノリダーV2、一文字マモル達。





[4] (無題)

投稿者: わからん??? 投稿日:2018年12月22日(土)05時33分13秒  返信

「ああ、祥太くんなんて本当に入学させなきゃよかったなぁ。給食は残すし、わがままですわ。」

自分の思い通りに成長した女の子の信子ちゃんに比べてできの悪い男の子

祥太に、容赦ない言葉を浴びせる担任の田島先生。田島先生の一言

で頑張るぞという気持ちをうしなってしまう祥太。生きることの大切さを知った

祥太は、お化けの誘惑に立ち向かっていく。愛に飢え、愛を求めて彷徨うよしひこ。

小学生の男の子<祥太>。学校では担任の田島先生と校長先生から、日々冷たい扱いを受けていた。ある木曜日の朝のこと、よしひこは、田島先生から信じられぬ言葉を受けた。-『祥太君なんて入学させなきゃよかった。』- このショックにより祥太は頑張るぞという気持ちを失い、学校にも通えなくなってしまう。そんな祥太を哀れんだ信子は、祥太をパパの家へ送る。そこで、従姉との交流を通して、祥太は徐々に気持ちを取り戻していく。

「あなたなんて入学させなきゃよかった。」木曜日に言われた担任の田島先生の一言から、声が出なくなった祥太。

でも自然に囲まれたいなかで、パパの実家のじいちゃん、婆ちゃんの愛にふれ、祥太は心と声を取り戻します。

祥太

祥太のママ

祥太のパパ

田島先生

校長先生

信子ちゃん

従姉のめぐみちゃん

トイレの花子さん

理科室の骸骨

理科室の人体模型




[3] (無題)

投稿者: イリエワニ 投稿日:2018年12月22日(土)05時32分26秒  返信

一方ここはプニプニ小学校。先生が教室にいる。祥太のテストを返す。

田島先生     「祥太くん!この点数はいったいどういうことなの?ちゃんと説明しなさい!」



     祥太はうつむいたまま・・・。

田島先生      「ほんとに授業中、みんなと勉強出来ない子ね。少しは信子ちゃんを見習いなさい。
信子ちゃんはもっとしっかりしてたわ。
祥太くんはどうしてこんなにドジでいろんなことをさっさとできないのか
しら。先生はこれから文房具店に買い物で出かけるからね。プンプン!」

明日香     えっ・・・・。

     先生は出かけてしまう。呆然と見送る祥太

     入れ違いに帰ってきた信子ちゃんが入ってくる。

信子ちゃん「ただいま。」

千和ちゃん    ・・・「あれ?田島先生は?」

祥太    「買い物があるって。でもすぐに帰ってくるよ。今日は僕の誕生日なんだもん。」

正先生     「あきらめな。先生はおまえの誕生日なんて、忘れてるよ。くっくっくっく。主任の敦子先生が出張だから、田島先生は気がねなく仕事も遊びもできるのさ。」

    正先生「おまえ、入学して来なきゃ、よかったよな。」

祥太    ……。

    (体中が熱くなり思わず持っていた筆箱を正先生になげつけ、部屋を出る)

正先生     うわっ。何すんだよ!

     泣いている祥太

ナレーション  正先生なんて大っきらい!

   僕は産まれて来なきゃ良かったんだ!だから田島先生が怒るんだ!僕なんかお化けの国に行っちゃえばいいんだ!     田島先生が僕の誕生日を忘れるはず、あるもんか!

        …そういいながら泣き続け、

        祥太は泣き疲れてうとうとと理科室で眠った。

        昼休み、祥太は物音でふと目が覚めた。

     廊下で部屋の声を聞く祥太

田島先生     (入ってくる。)ただいま。あら、アキちゃん。お勉強?えらいわねぇ。

      (水を持ってくる)はい。

    アキちゃん    「祥太が泣いてたわよ。今日誕生日だったのに。」

田島先生     「 すっかり忘れてたわ。アキちゃんや千和ちゃんと信子ちゃんのようにいいこの誕生日は絶対忘れないんだけど。祥太はあなた達とは全然違って、なにやらせても愚図でドジで、テストの点数も悪くいたずらっ子で…。いやになっちゃうわ。あーあ。祥太なんてだめな子、入学させなきゃ良かったな。」

ナレーション 祥太なんてだめな子入学させなきゃ良かった。

        田島先生の声は祥太の胸にぐさりと突き刺さった。

        田島先生は息をするのも苦しいぐらいだ。

        『ひどいよ、先生!!』

        叫んだつもりなのに声にならない。

        悲しすぎて祥太の心は、扉を閉じてしまったのだ。

        『気持ちが出ない、助けて!』

        けれど祥太の心の叫びに気付いてくれる人は、

        誰もいなかった。

        祥太は、頑張るぞという気持ちが、出なくなった。

     アキちゃんと千和が入ってくる。千和ちゃんは小さくなってうずくまっている。

千和     「 祥太くん、声が出なくなったって本当?」

     力無くうなづく、祥太。

信子ちゃん      (額に手を当てて)「どうしたの。こんなに熱も...。」

     明日香が口を動かす

千和ちゃん      『にゅう、が、く、

し、て、こ、な、きゃ、よ、か、った…』

         そう言ったの?祥太くん

     うなずきながらうつむく祥太。

正先生 (はっとして)「ごめんな、祥太くん。」

     田島先生が入ってくる

田島先生「祥太くん、あなたわざとやってるんじゃないでしょうね。」

     祥太が言うことを聞けないので、かっとした田島先生は
祥太を教室から追い出して強制下校させた。

田島先生「祥太くんは、わがままでみんなと勉強出来ない子なの。給食は残すし、美術館に行った時も、展示物を触るんですよ!だから教室から追い出しましたわ!」

信子ちゃん「何で追い出すのよ。祥太くんは泣いてるのよ。分かんないの田島先生。」

田島先生   「千和ちゃんには関係ないことでしょ。あの子はもうあきらめたわ。女子らががんばってくれれば、先生は大満足よ。」

      信子ちゃん 「ふざけないで!私もアキちゃんも祥太くん達もペットじゃないもん。勝手に期待されたり、あきらめたりされたら、たまんないわよ。」

千和ちゃん「このままだとダメになるわ。祥太くん、パパの実家に行こう。パパの実家に行って心を休めてこよう。自分を取り戻すの。」



[2] 次回予告2

投稿者: イリエワニ 投稿日:2018年12月12日(水)14時52分49秒  返信

マモルの妹のタカ美(故人)「皆ー、元気ー!?皆は先生の言うことを聞いて勉強してるかな?最近、先生達をゲロジョッカーが集めて、生徒の教育放棄をさせているのよ。給食のおばちゃんと先生達を集めて
ゲロジョッカーのインストラクターになるように命じてるわ。ゲロジョッカー怪人オルゴールリカワセミの仕業だわ!ゲロジョッカーは教育に悩む、虐待をする先生が増えたから教育をやめさせ、ゲロジョッカーのインストラクターにするんだから!
皆は先生の言うことを聞いて勉強しようね!
次回は「先生達が失踪!?」お楽しみにね!」



[1] 次回予告

投稿者: イリエワニ 投稿日:2018年12月10日(月)08時46分54秒  返信

一文字マモル「皆、おはようございます!
海に入るときはちゃんと準備体操をしておこうね。
海の幸はどれが好き?」
「アミィ「あたしは寿司かな。」
ヨーコ「私は海老天ね。」
一文字マモル「皆、次回はこれだ!
沼津市でゲロジョッカーが罪もない人や観光客達を拐ってはゲロジョッカー海上基地建設のために働かせていますよ!セラちゃんとタスクくんも働かされてしまって僕はどうしたらいいんですか!?
次回、仮面ノリダーUNICORN「海での決闘」を皆で観ましょう!」


レンタル掲示板
お知らせ · よくある質問(FAQ) · お問合せ窓口 · teacup.レンタル掲示板

© GMO Media, Inc.