teacup. [ 掲示板 ] [ 掲示板作成 ] [ 有料掲示板 ] [ ブログ ]

 <思いやりのあるコミュニティ宣言>
 teacup.掲示板は、皆様の権利を守りながら、思いやり、温かみのあるコミュニティづくりを応援します。
 いつもご協力いただきありがとうございます。

 投稿者
  題名
  内容 入力補助 youtubeの<IFRAME>タグが利用可能です。(詳細)
    
 URL
[ ケータイで使う ] [ BBSティッカー ] [ 書込み通知 ]


初めまして

 投稿者:トマリカ  投稿日:2020年10月22日(木)22時56分12秒
  最近ゴドレイ&クレーム並びに10ccのファンになりました。しかしツイッターやブログ等見て回ってもあまり話題にしている人がおらず寂しい限りです。「I'm Not in Love」、「Cry」の他にも沢山いい曲あるのになぁ…。  
 

伝記本の入手・注文について

 投稿者:イリオモテ(管理人)  投稿日:2020年 8月31日(月)00時44分35秒
  "The Worst Band in the World"改訂増補版、ヤフオクで送料込み9000円です。
https://page.auctions.yahoo.co.jp/jp/auction/n429935506

https://page.auctions.yahoo.co.jp/jp/auction/n429935506

 

名古屋ブルーノートが廃業

 投稿者:文子  投稿日:2020年 7月21日(火)11時25分7秒
  ブルーノートが廃業になったようですね。行ったことはないですが、残念です。
ビルボード大阪・東京は大丈夫なんだろか??と不安になったりもします。

さてさて、くがさんが書かれたゴドレイ(ごどれいを変換したら、ご奴隷と出ました。危ない、危ない。)の「Exepecting A Message」を聞きました。ゴドレイは、やっぱり、歌がうまいなあと思いました。ゴドレイは75歳ぐらいだと思うのですが、こういう曲をあのように歌えるというのが素晴らしいですね。己に厳しいひとなんでしょうね。それとも、この曲は若い時に録音したものを、今、発表しているのでしょうか??
 

ELO

 投稿者:イリオモテ(管理人)  投稿日:2020年 6月30日(火)23時10分15秒
  ここメモさん いらっしゃいませ。
パーカッションで、ということはミック・ウィルソンのことですね。確かに彼は10㏄在籍時からELOのツアーに出てました。それだけじゃありません。
動画をよく見ると、彼と一緒に来日していたマイク・スティーヴンズもギターで参加しています。彼の方がアップになる回数は多いかも。
ちなみに2014年のハイドパーク公演を収めたDVDが市販されてますが、それにも二人がバッチリ映っています(そのためにこのDVDを買ったのは私ぐらいのものでしょうけど)。
 

あれれ

 投稿者:ここメモ  投稿日:2020年 6月30日(火)22時14分32秒
  https://www.youtube.com/watch?v=wZfGf_vGQkk
ELOの見てたら、パーカッションであの人が出てた。たぶん、あの人だと思う(^^)。

http://kokomemo.dreamlog.jp/

 

ケヴィン・ゴドレイのソロアルバムが12月に発売

 投稿者:くが  投稿日:2020年 6月14日(日)09時46分15秒
  ケヴィンの1stソロアルバム"Muscle Memory"が12月に発売されるそうです。
アルバム制作のためのクラウドファンディングが未達で終わったのでお蔵入りかと思っていたので嬉しい限りです。
アルバムに先立って7月から収録曲1曲ずつのリリースがあるそうです。

Kevin Godley: Muscle Memory (with single release dates)
1. Expecting A Message: 16/07/2020
2. The Ghosts Of The Living: 30/07/2020
3. Hit The Street: 13/08/2020
4. The Bang Bang Theory: 27/08/2020
5. Minutes Alone: 10/09/2020
6. Cut To The Cat: 24/09/2020
7. One Day: 08/10/2020
8. All Bones Are White: 22/10/2020
9. Periscope: 5/11/2020
10. Song Of Hate: 19/11/2020
11. Bulletholes In The Sky: 03/12/2020

http://gcworks.web.fc2.com/

 

'93 Live in Japan

 投稿者:イリオモテ(管理人)  投稿日:2020年 5月 2日(土)01時33分21秒
  当時、川崎クラブチッタでの公演をBSで放送してました。私自身はBSが見られなかったので友人にダビングしてもらってましたが。なぜかアイム・マンデイが外されていたのと、コンサート前に収録したインタヴューの翻訳(字幕)がデタラメだったせいで、評判はあまり良くありませんでした。その後どういうルートか海外を含めいろいろなところからDVDが発売されましたが、本家NHKからはリリースされてません。
この時のカメラワークも、やたらと横からエリックの目元を狙っていて、私周辺では不評でした。

ロルが来日したトレヴァー・ホーン・バンドのライヴは2012年と2017年の2度で、どちらもディーン・アンド・アイを歌っていますが、YouTubeに上がっているのはフジテレビ・ネクストで放映した2012年版のようですね。
 

1993年コンサート

 投稿者:あやこ  投稿日:2020年 5月 1日(金)13時41分0秒
  10ccの1993年の日本コンサートをyoutubeで見ました。
一番驚いたのは、最後に出た表示で、NHK制作と書いてあったように思うのですが。

どこかに書いてあったことで、エリックは交通事故で視力が戻らず、サングラスをかけるようになったとか。
横からの映像だと、優しい目がちらちらと見えるので、ああ昔の面影が残っているなあと思いました。
グレアムは年をとるほどいい顔になりますね。しかし、今度、日本でライブをするときは、きっちり80分してもらいましょ。

ロルも、どこかのバンドと数年前、日本のビルボードだと思うのですが「The Dean and I」を歌う映像を見つけたのですが、あまりの声の出なさに、こっちが哀しくなって途中で切ってしまいました。1974年のロルの歌い方のあの素晴らしさ。素敵でしたから。


 

バカラック

 投稿者:あやこ  投稿日:2020年 4月30日(木)09時48分55秒
  92歳でした。すいません、勘違いしてました。
やはりyoutubeでアンディ・ウイリアムズを見ていたら、これもバカラックの曲だったのかというものが多々あり驚きまして、ちょうどビルボードに来るというのを聞いて、こんな伝説の人を生きているうちに見なくては!と予約したのですが、キャンセルになりました。
最近は、新聞の有名人の死亡欄が載る所に、元10ccの〇〇さん死去とか出ていないかハラハラしています。欧米がコロナ感染、死者数の死者数が恐ろしいことになっていますから。

昨日は、またyoutubeを流れに任せて見ていたら、あれこれも聞いたことがある曲だなと。PILOTの「MAGIC」でした。懐かしさで何度も見返すうちに、ドラムで見たことがある顔が。あれ、この人、ケビンの後に10ccのドラムして人じゃない??と、こちらのバイオグラフィで確認にたらやはりそうでした。スチュアート・トッシュでした。
 

ビルボード

 投稿者:イリオモテ(管理人)  投稿日:2020年 4月29日(水)21時28分8秒
  バカラック93歳ですか! それはすごい。
ビルボードは1ステージ80分以内という縛りがあるようなので過去10㏄もそんな感じだったのですが、昨年は1時間そこそこと短く、そのかわり彼らにしては珍しく日替わりセットで、9年ぶりにフィール・ザ・ベネフィットが聴けたりしましたが、「グレアムも長いステージはきつくなったのかな」と思っていました。しかし、その後の本国でのツアーなどでは2時間近いライヴもこなしていて、ホッとした半面ちょっと寂しい気持ちもしました。
ちなみにグレアムの母上は昨年100歳で(たぶん今も)健在です。

今年はコロナ拡散の最中は豪州ツアーをやってて、3月からの英国・欧州ツアーは全部中止になってしまいましたが、いずれ騒動が収束すればまた来日してくれると信じています。
 

5月10日

 投稿者:あやこ  投稿日:2020年 4月27日(月)17時28分25秒
  今年で20周年ですか。!(^^)!

グレアムは去年もビルボードに来ているようですね。来年また来てくれるでしょうか。

私は、今年の4月4日にビルボード大阪でバート・バカラックのライブを見に行く予定でしたが、コロナの影響で中止になりました。(/_;)
御年93歳のバート・バカラックに比べたら、10ccのメンバーは子供のような年齢なんだから、まだまだ活躍して欲しいです。

来年、10ccが来たら見に行きます!楽しみだわ~~~。
 

2000ccの由来

 投稿者:イリオモテ(管理人)  投稿日:2020年 4月27日(月)14時29分26秒
  このサイトは2000年5月10日に立ち上げたので「2000cc」と命名しました。エリックでなくグレアムの誕生日、というのは特に意味はなくて、仕上げの作業をゴールデンウイークに集中して行ったからに過ぎません。この掲示板もその時同時に設置したはずですが、たぶん2004年以前の書き込みは読めなくなっているのでしょう。  

ダブル・ミーニング

 投稿者:あやこ  投稿日:2020年 4月27日(月)11時58分51秒
  yenに別の意味があったなんて知りませんでした。お返事ありがとうございます。
この掲示板は2004年から始まって続いているので素晴らしいですね。おかけで、最近ファンになった私はいろんな情報が得られます。
ホームページが2000CCとなっていますが、なぜ1000CCとか3000CCではなくて2000CCなのですか?21世紀だからかな?
 
 

ようこそ

 投稿者:イリオモテ(管理人)  投稿日:2020年 4月25日(土)16時17分57秒
  あやこさん 初めまして。
リアルタイムではラジオとかで聞き流していても、テレビや動画で動いている姿を見て遅ればせながらファンになるってこと、ありますよね。
また、レコードではそれほど印象がよくない曲でも、プロモ・ヴィデオを見て気に入るということもあります。私の場合は「グッドモーニング・ジャッジ」がそうでした。
「人生は野菜スープ」は片岡義男の書名を先に知っていましたが、のちに10㏄からタイトルだけ借用したと知りました。元々ラジオのDJの言葉からロルとエリックが拝借して生まれた曲ですが、今となってはそのDJに感謝です。
「ウォール・ストリート・シャッフル」は確かに時期的にはオイルショックと符合しているかもしれませんが、個人的には冒頭の歌詞
“You need yen to make a mark if you wanna make money”
 =財産を作りたいなら注目されようと望むことが必要だ
 =財産を作りたいなら円をマルクに替えることが必要だ
というダブル・ミーニングをエリックが使いたかったのが第一義だったのではないかと思っています。
また遊びに来てください。
 

初めまして

 投稿者:あやこ  投稿日:2020年 4月25日(土)15時27分59秒
  最近、10CCのファンになった55歳です。youtubeでクリストファー・クロスの「ニューヨークシティセレナーデ」を見ていたら、次に「I'm not in love」が流れ始め、こんなかっこいい人がボーカルだったのかと最近知りました。曲は大学生の時聞いたことがありましたが。
1975年といったら、私は10歳だったから気づかなかったのかなあ。
「人生は野菜スープ」とかって、題名を見たときは、何??という感じでしたが、世界一周する感じでいいですね。
「The Dean and I」なんかも、ham drum days and ham drum waysのリズムなんぞ最初は何??って感じでしたが、今でははまってしまいました。エリックのギターのまねをして一緒にはもっています。
「Wallstreat shuffle」は、時代背景はオイルショックがあった時なんでしょうか?現代にも通じる曲ですね。
また、いろいろ教えてください。
 

ありがとうございます

 投稿者:ririn  投稿日:2020年 3月20日(金)10時22分48秒
  皆さま

伝記本の注文につきまして、ご助言ありがとうございます。やはり、何かが起こっているのですね。ひとまずRocket88 Booksに問い合わせてみようと思います。

このページや掲示板の情報も楽しみにしておりますが、最近はトラフィックが少なく、皆さまはどのような情報交換をされているのでしょうか。

グレアムの新作『Modesty Forbids』がSpotifyで聴けるようになりましたので楽しんでおります。最近のソロ作のアコースティックな感じもよかったですが、きらびやかなポップ作品ですね。先行公開された「All Around the World」には、第一線で活躍していた時期を彷彿させる出来だと思いました。
 

伝記本の注文につきまして

 投稿者:ゆみころ  投稿日:2020年 3月20日(金)04時10分45秒
  はじめまして。いきなり失礼いたします。

ririnさんのご質問につきまして、少しでもご参考になればと思い、書き込みさせていただきます。

私も遅ればせながら、今回の改訂増補版The Worst Band in The WorldをRocket88 Booksさんのサイトから購入しようとして、ririnさんと同様のメッセージが出て注文できませんでした。
そこで、メールで問い合わせてみましたところ、「あなたがアクセスしたのは、アメリカのサイトではないか? 日本向けの発送はイギリスからしかできないので、イギリスのサイトのほうで注文してください」というような(←多分)お返事がきたんですね。
それで、いろいろやってみたんですけれども、やはりどうしてもイギリスのサイトにアクセスできず……(IPアドレスの関係で、日本からアクセスしようとすると自動的にアメリカのサイトにいってしまうという説もあるようなのですが、原因については究明できず)。

で、結局私は、イギリスサイトへのアクセスを諦め、ネットで見つけた購入代行サービスを利用して入手しました。
私がお願いしたのは、アメリカにあるらしい会社なのですが、日本語のサイトがあり、問い合わせ等やりとりも日本語で対応してくれるのでスムーズでしたよ。
ただ、もちろん手数料がかかりますので、送料、本の代金とで私の場合は合計12000円ほど!
また時間的にも、到着するまで2週間ほどかかってしまいましたが。

あと、もうひとつの可能性として、Rocket88 Booksさんにメールでお願いしたらもしかしたら直接対応してくれるかもしれません。
というのも、先ほど書いたやりとりの続きで、「どうしてもイギリスのサイトにアクセスできないみたいなんです」というメールをRocket88さんに送ったら、「もしよかったら、このメールのやりとりでご注文を承りますよ。宛先を教えてくれたら直接お送りします」というような(←多分)お返事をいただいたのです。
入手できなかったらどうしようっ!とあせっていた私は、そのときすでに購入代行サービスに早まって依頼してしまっていて、結局このRocket88さんのありがたいお申し出を無にしてしまったのですが。
もしこちらの方法がとれていれば金額的にも時間的にもずいぶんありがたかったかなと後悔しています。

長々と要領を得ない文章になってしまってすみません。
ご参考になりましたら幸いです。




 

伝記本の入手・注文について

 投稿者:イリオモテ(管理人)  投稿日:2020年 3月17日(火)23時31分59秒
  ririnさま
私も再度注文しようとしましたが、同じくできませんでした。1度目はちゃんと送られてきたのに、今さら「送る方法がない」とはどういうことでしょう?
ひょっとして今度の新型コロナ騒動の影響でしょうか?
 

伝記本の入手・注文についてご質問

 投稿者:ririn  投稿日:2020年 3月17日(火)12時35分55秒
  "The Worst Band in the World"改訂増補版、皆さま入手されているようですが、Rocket 88 booksで注文しようとしても、「Shipping method」のところで、「Your cart has been updated and the items you added can’t be shipped to your address. Remove the items to complete your order.」と出てしまい、注文を完了できません。皆さま、どのように入手されているのかご教示いただければ幸いです。  

謝辞

 投稿者:くが  投稿日:2020年 2月24日(月)15時37分31秒
  > あと、名前を載せていただいたのには、ただ感謝です(日本人は3人いましたね)。
本当にありがたいことでした。
いきなり依頼のメールが来てビックリしましたが無事掲載されていて良かったです。

http://gcworks.web.fc2.com/

 

わが家にも到着

 投稿者:イリオモテ(管理人)  投稿日:2020年 2月23日(日)22時31分17秒
  〉くがさん
改訂増補版The Worst Band in the World、私も厚さに驚きました。
しかも今どきハードカヴァー! 8000円もしたのですが納得の重厚感です。
本文もですが、特にクロノロジーの部分が凄いですね。
読み切るのには相当時間がかかりそう。
あと、名前を載せていただいたのには、ただ感謝です(日本人は3人いましたね)。
 

改訂増補版The Worst Band in the World

 投稿者:くが  投稿日:2020年 2月23日(日)11時11分55秒
  予約していた10ccの伝記本"The Worst Band in the World"改訂増補版が今日届きました。
原本から100ページ以上増えてます。厚い!(でも結構軽かった)
辞書片手に四苦八苦しながら眺めようと思います(^^;)

http://gcworks.web.fc2.com/

 

WAX DVD観ました

 投稿者:イリオモテ(管理人)  投稿日:2019年 9月28日(土)21時30分6秒
  やはり予想通り公式DVDと同じ素材でしたが、画質が格段に上がっていて感動しました。今までのはコントラストが強すぎて主役の2人以外は黒つぶれして何をやってるのかよく分からなかったのですが、リック・フェンがギターだけでなくパーカッションにサックスにと奮闘している姿もはっきり確認できました。
ただ、ここに収められたのはTV放送用の映像であり、その元となった編集前のオリジナルのテープは見つからなかったようですね(タイトルバックもエンドロールも放送時のものと同じでした)。
音の方はまだこれからですが、93年の10㏄でやっていた「Slow Down」を既にここでやってたなんて驚きです。
この後は、97~98年のGouldman & Fennライヴを出してくれないかなあ!
 

大変でしたね

 投稿者:みす  投稿日:2019年 9月27日(金)22時25分45秒
  千葉にお住みの皆さん、(今更ですが)お見舞い申し上げます。停電が終わった頃? WAX 届きましたね。最初AMAZON UKに注文しましたが、日本で出るとかでAMAZON JAPANに注文し直し。解説は訳の分からない日本の評論家でなくて大正解!DVDの最後にハーベイさんのクレジットにびっくり。しかし、もっと早く出せなかったのかなぁ。
ところで、あれはいくらで落札されたのでしょうか?
 

10ccの歴史だね

 投稿者:みす  投稿日:2019年 8月27日(火)19時29分23秒
  それそれ!がんばれ!!  

エリックのフェンダー・ローズ

 投稿者:イリオモテ(管理人)  投稿日:2019年 8月27日(火)01時55分56秒
  みすさん

↓これのことでしょうか? 欲しいのは欲しいけど、130万なんてとても出せません。

https://www.udiscovermusic.com/news/10cc-fender-rhodes-auction/

 

(無題)

 投稿者:みす  投稿日:2019年 8月26日(月)22時52分37秒
  エリックのフェンダー・ローズがオークションに出ますね。イリオモテさんゲットせよ!ほしいねぇ。  

「ギズモ・ファンタジア」5枚組CD

 投稿者:イリオモテ(管理人)  投稿日:2019年 8月24日(土)23時32分13秒
  トラック分けが不安だったので開けてみました。インナーによると、3枚組の部分は米ワンウェイ版と概ね同じ29トラック。ディスク4は英国盤「ミュージック・フロム…」と同じで10トラック。初CD化のディスク5は28トラックでした。
インナーの冒頭に10ページにわたってG&C本人たちによる解説が!
これは読み応えありそうです。
 

WAX / Live In Concert 1987 [2CD+DVD]

 投稿者:イリオモテ(管理人)  投稿日:2019年 7月28日(日)13時50分56秒
  WAXの1987年11月27日ハロゲイトでのコンサートが表題の通り日本で9月25日、海外で9月27日発売されます。リリース元は海外はEsoteric、日本はMSI(ミュージック・シーン)。曲目は、
CD 1
Magnetic Heaven
Right Between The Eyes
Shadows Of Love
In Some Other World
Ready Or Not
Ball And Chain
Never Let Her Slip Away
Thank You For Being A Friend
Heaven In Her Bed

CD 2
Bug In The Machine
Bus Stop
For Your Love
Hear No Evil
Alright Tonight
The Promise
Lonely Boy
Dreadlock Holiday
Bridge To Your Heart
American English
Slow Down

DVD
In Some Other World
Hear No Evil
Alright Tonight
Dreadlock Holiday
American English
Bridge To Your Heart

このうちDVDの分はかつてTV放映され、アンドリュー・ゴールドの公式サイトで販売されていた『The Andrew Gold And WAX DVD』に収録されていたのと同じものと思われますが、画質の向上を期待したいところです。CDの方は、DVDとの重複分を除けばほぼ初出しとなるわけで、意外な選曲も含めて期待大です。
MSIからの日本盤、解説は誰が書くんだろう?
 

海外では3度目

 投稿者:イリオモテ(管理人)  投稿日:2019年 7月17日(水)01時58分58秒
  くがさん
>amassの記事では
>> 『Consequences』は過去に日本でのみCD化されたことがありますが、
>>日本以外でのCD化は今回が初めて。
>とありますが海外で2枚組でCD化されてましたよね

海外では、独マーキュリーと米ワンウェイが2枚組CDを出していました。
ワンウェイ版はMSIが帯を付けて国内販売してましたね。
「ミュージック・フロム…」は英国盤と日本盤で曲目が違ってましたが、英国盤仕様なんでしょうね。
 

"Consequences"リイシュー5枚組CD発売

 投稿者:くが  投稿日:2019年 7月15日(月)19時25分52秒
  ゴドレイ&クレームの「ギズモ・ファンタジア」が5枚組CDで8月9日に再発売されるそうです。
オリジナル3枚+「ミュージック・フロム…」+白ジャケプロモ編集盤とのこと
http://amass.jp/123144/

amassの記事では
> 『Consequences』は過去に日本でのみCD化されたことがありますが、
> 日本以外でのCD化は今回が初めて。
とありますが海外で2枚組でCD化されてましたよね

http://gcworks.web.fc2.com/

 

10cc Live19 続報

 投稿者:イリオモテ(管理人)  投稿日:2019年 4月15日(月)00時07分50秒
  先日書きこんだ10㏄の最新ライヴですが、いざ聴いてみるとDisc 2の冒頭にSilly Loveが収録されてました。ケースにもディスクにも書かれていないので、制作側の単純ミスでしょう。ただこれで収録曲も19曲となり、タイトルがダブル・ミーニングであったことがはっきりしました。
演奏地と日にちは、2019年2月と、Live Nation Swedenへの賛辞がクレジットされているだけなので詳細は不明ですが、Dreadlock Holidayの最後にストックホルム!と歌っているので2月18日ストックホルムThe Circusでの音源を含むことは確実です。(他にスウェーデンでは19日ウプサラ、20日マルメ、21日イエーテボリで公演)
 

RE:ケミカル・ブラザーズの新譜

 投稿者:イリオモテ(管理人)  投稿日:2019年 4月14日(日)18時12分52秒
  >くがさん
私も見ました。どういう意図で使ったのかはわかりませんが、『Consequences』のイラスト(実際には写真をレタッチしたもののようですが)そのものですね。
コンセプトメーカーがゴドクレであることは間違いないので、APPの『運命の切り札』と同様のケースと言えるでしょうが、買うかどうかはちょっと考えますね。
 

ケミカル・ブラザーズの新譜のジャケット

 投稿者:くが  投稿日:2019年 4月13日(土)18時25分9秒
  久々にレコード店に寄ったら見たことがある画のジャケットが…。
ケミカル・ブラザーズの新譜"No Geography"なのですがゴドレイ&クレームの「ギズモ・ファンタジア」(Consequences)のイラストでした。
てっきりゴドレイ&クレームの新しいベスト盤でも出たのかと(^^;)

https://content-jp.umgi.net/products/00/00602577080203_OgX_extralarge.jpg

http://gcworks.web.fc2.com/

 

10cc Live 19

 投稿者:イリオモテ(管理人)  投稿日:2019年 4月 3日(水)22時49分2秒
  10㏄オフィシャルサイト「10㏄.World」のストア・ページが更新され、新商品が追加されています。主なものを挙げると、2019年最新ライヴの2枚組CD、19年春のUKツアープログラム、ロゴ入りのフード付きジャンパー、GG/06の6曲入りCD、「I'm Not In Love」トートバッグ、Art For Art's Sake靴下、などなど。
ライヴCDの曲目は
Disc 1
The Wall Street Shuffle
Art For Art's Sake
Life is a Minestrone
Good Morning Judge
The Dean and I
Old Wild Men
Clockwork Creep
Feel The Benefit
The Things We Do For Love
Say The Word

Disc 2
Somewhere in Hollywood
Baron Samedi
I'm Mandy Fly Me
I'm Not In Love
Dreadlock Holiday
Ready To Go Home
Donna
Rubber Bullets

全18曲。本国でも演奏時間はやや短くなっているようですね。

https://store.10cc.world

 

ケヴィンの新作ビデオ

 投稿者:くが  投稿日:2019年 3月 7日(木)08時55分40秒
  今年のグレアムの10ccツアー向けに新たにケヴィンが監督したビデオが公開されました。
"I'm Not In Love"と"Son of Man"の2本です。

I'm Not In Love
https://www.youtube.com/watch?v=lM-sw8HYOQY
Son of Man
https://www.youtube.com/watch?v=LAHeXMWaBKs


日本公演でも流して欲しかった…

http://gcworks.web.fc2.com/

 

新ヴォーカリスト?

 投稿者:イリオモテ(管理人)  投稿日:2019年 1月12日(土)00時07分36秒
  オフィシャルサイト「10㏄ World」のショップをのぞくと、最新のツアープログラムを売ってました。ところが、知らない顔が! 取り寄せてみるとポール・キャニングという人。そういえば、某動画サイトで音だけ拾った11月のライヴ音源でグレアムが紹介してました(彼の発音だと「ケニン」に聞こえる)。イアン・ホーナルはどうなった? プログラムには彼の名は一切出てきません。
気になったのでビルボード東京に問い合わせたら、「イアン・ホーナルの名前で渡航手続きを進めています」とのこと。3年ぶり8度目の来日公演まであと2週間。われわれは誰の声でアイムノットインラヴを聴くのか。
 

堀尾忠司さんバースデー(還暦)ライブ開催!

 投稿者:マーセラ  投稿日:2018年12月25日(火)00時42分28秒
  ご無沙汰しております。
5mm / SHEEPなどでお馴染み、10ccの色んな曲の完コピ・カバーをYouTubeに載せたり、ライブ活動においても、ひねくれポップな音楽性と絶妙なブリティッシュテイストで10ccファンからも高い人気を誇る「堀尾忠司さん」が1月18日に還暦を迎えられるとのことで、ライブの企画をいたしました。

出演バンドのSHEEP(2016年のパイロット日本公演のオープニングアクトを務めた同じメンバー)の最新映像を貼っておきます。
https://youtu.be/xzCoGvgUf2U

楽しいイベントになると思います。詳しくは、堀尾さんが最近更新されたブログをご覧ください。↓

https://ameblo.jp/horiotada/entry-12428135005.html

 

ヴィク・エマソン死去

 投稿者:イリオモテ(管理人)  投稿日:2018年12月 2日(日)23時36分45秒
  6人体制10㏄の3代目キーボーディストで、サッド・カフェのオリジナルメンバーでもあったヴィク・エマソンが膵臓がんのため亡くなったそうです。享年69。ご冥福をお祈りします。  

グレアム・グールドマン's 10cc来日公演

 投稿者:くが  投稿日:2018年 9月21日(金)13時06分21秒
  来年1月にグレアム・グールドマン率いる10ccの来日公演が決定しました。
前回同様ビルボードライブです。東京・大阪公演だそうです。

東京
1/27(Sun)1st Stage Open 15:30 Start 16:30 / 2nd Stage Open 18:30 Start 19:30
1/28(Mon)1st Stage Open 17:30 Start 19:00 / 2nd Stage Open 20:45 Start 21:30

大阪
1/30(Wed)1st Stage Open 17:30 Start 18:30 / 2nd Stage Open 20:30 Start 21:30

ミック・ウィルソンは脱退しちゃったのでイアン・ホーナルが参加しています。(おそらく)
 

リンゴ・スター

 投稿者:きーん  投稿日:2018年 6月10日(日)23時14分56秒
  9月末から2週間ほどアメリカに行こうかと思ってます。ロサンゼルスでリンゴ・スターのライブがあるようなので参戦しようかな?
グレアムも参加してるハズですし?
 

グレアム未発表曲の謎

 投稿者:イリオモテ(管理人)  投稿日:2018年 5月13日(日)23時15分42秒
  某オークションサイトにグレアムの未発表曲「Cry All Night」のアセテート盤が出品され、私も締め切り間際参戦しようとしたのですが、タッチの差でビッドをはねられてしまい、爪痕すら残すことができませんでした。落札金額は驚異の4100ポンド(約62万円)?? 10㏄物件にそんな値が付くなんて。でも考えてみたら、10㏄関連で最高難度を誇るBlinkersがいくらレアとはいっても100枚程度はあったわけで、それに比べてアセテートは(特に未発表曲は)10枚足らずでしょうから、入手困難さも桁違いでしょう。
ところで、これのB面として上がっていた「Watching The Secret」という音源ですが、どこかで聴いた記憶があると思ったら、アフィニティの未発表デモ「Long Voyage」とほぼ同じでした。この曲、公式にはキャロル・キングの作とされているのですが、彼女の公式サイトにその曲は存在しません。どういうことでしょうか。
 

The Gate

 投稿者:くが  投稿日:2018年 5月12日(土)20時32分1秒
  ケヴィン・ゴドレイが遂に劇場映画を撮るそうです。1931年のアイルランドを舞台に、オーソン・ウェルズの俳優デビュー時の姿を描く作品だそうです。タイトルは"The Gate"。初舞台の場所が"Gate Theatre"という劇場名だったからだそうです。脚本・音楽もケヴィンが担当。

http://gcworks.web.fc2.com/

 

ストロベリー・セッション

 投稿者:くが  投稿日:2018年 3月31日(土)22時53分27秒
  ストロベリー・スタジオのツイッターで紹介していましたが、
BBCのアーカイブで"Manchester City F.C. / Boys In Blue"のレコーディング風景映像が公開されたようです。短縮版をストロベリー・スタジオがYouTubeにアップしています。

Manchester City Record with 10cc at Strawberry Studios 1972 (c) Getty Images
https://www.youtube.com/watch?v=1rK-BSyeP60

ひげ面にビックリ

http://gcworks.web.fc2.com/

 

やっぱり

 投稿者:きーん  投稿日:2018年 2月23日(金)23時39分16秒
  ブートなんですね?
だとするとレコードから落としてるので音質は期待出来ませんね?
新ヴォーカリストはどんな感じなんですかね??
期待したいです?
 

トレヴァーホーンバンド

 投稿者:イリオモテ(管理人)  投稿日:2018年 2月19日(月)22時00分41秒
  くがさん
〉昨年夏のビルボードライブ会場の模様
TV収録ありますと書いてあったのは、これだったんですね。

きーんさん
その3枚、ブートです。私も買いました。

〉ミックが10ccから離れた
新ヴォーカルはイアン・ホーナルだそうです。
 

「Song to Soul」

 投稿者:くが  投稿日:2018年 2月19日(月)21時09分41秒
  昨夜BS-TBSで放送された「Song to Soul 永遠の一曲」のバグルス回で、昨年夏のビルボードライブ会場の模様がちょっとだけ流れました。ロルの姿もちらっとだけ写っていましたよ。

http://gcworks.web.fc2.com/

 

ebayにて

 投稿者:きーん  投稿日:2018年 2月14日(水)20時36分46秒
  エリックのGirls とFrooty Rooties。グレアムのAnimalympicsのCDを注文!
ロシアからなので非正規品かも(^_^;)
 

ミックが

 投稿者:きーん  投稿日:2017年12月13日(水)21時49分17秒
  10ccから離れた模様です(ToT)  

グレアムのグッズ

 投稿者:きーん  投稿日:2017年12月13日(水)21時48分3秒
  思わず注文してしまいました!

下記のサイトで注文可能です。

https://www.musicglue.com/grahamgouldman
 

レンタル掲示板
/12