teacup. [ 掲示板 ] [ 掲示板作成 ] [ 有料掲示板 ] [ ブログ ]

 投稿者
  題名
  内容 入力補助 youtubeの<IFRAME>タグが利用可能です。(詳細)
    
 URL
[ ケータイで使う ] [ BBSティッカー ] [ 書込み通知 ] [ 検索 ]


くっくる~

 投稿者:ぴこ  投稿日:2011年 6月 3日(金)23時22分17秒
返信・引用
  ん~~、、放置状態が続いてます・・・

管理人のたてきちさん~~
 
 

放置??

 投稿者:ぴこ  投稿日:2010年10月26日(火)21時04分5秒
返信・引用
  なんか、この掲示板も放置状態ですな~  

2010年となしました

 投稿者:たて吉メール  投稿日:2010年 1月 1日(金)00時20分16秒
返信・引用
  いろんな変化があった2009年もあっという間に過ぎ、新年を迎えました。
皆様にとって良い年でありますように。
 

今年のF1も終わり

 投稿者:たて吉メール  投稿日:2009年11月 3日(火)01時25分45秒
返信・引用
  最終戦アブダビGPも終わり、F1の1年が終わった。
過ぎてしまうと1年は早いが、年初のことなどもう覚えちゃい無い。

だが、シーズン開幕当初に勝ちまくったブラウンGPが終盤いまいちながら逃げ切り。
ブラウンGPは去年ホンダが撤退し、ロス・ブラウンに託してなんとかレースが続けられたチーム。
ドラーバーも失職しそうだっったところが、今となればワールドチャンピオンだ。
どんなドリームだってくらいに。
それだけホンダがお金かけて車作ってたってところなんだけども。
ホンダとしてはかなりもったいない思いをしてることとは思うけど、ホンダエンジンでも同じ結果だったのかは神のみぞ知るってところ。

ところで、最終戦のアブダビGP、場所はドバイの近く。
オイルマネーの壮大さをまざまざと見せつけられる美麗なサーキットだった。
走ってるドライバーも古びた路面凸凹のところよりさぞ楽しいことでしょう。

どっちかってぇと面白みのないチャンピオンシップだったが、最後の最後に小林可夢偉がなかなか素晴らしい走りを見せたのは一つの興味ではあった。
ジャパンパワーだとかそんなナショナリズムには興味はないが、今回中位グループの中では一番切れた走りをしてたのではないだろうか。
未だ荒れるドライバーズ市場。小林はシートをとれるかな。

最後に、ブリジストンがタイヤ供給から来年限りで撤退するとのこと。
F1にタイヤ共有するのって赤字なんだって。商業としても成り立たせれないものかなF1興行主さんよ。
ブリジストンの後は公募になるようだが、この不景気のご時世、数十億の赤字覚悟って、けっこうキツイよね。

来年は給油がなくなったり、ドライバーの顔ぶれ、チーム増など、またいろいろ変わる。
面白けりゃいいな。
 

銀河鉄道999

 投稿者:たて吉メール  投稿日:2009年10月19日(月)05時27分49秒
返信・引用
  ケーブルテレビで銀河鉄道999のテレビ放送を見ていた。
今週で最終回。全113話+総集編一話。
ということは、実放送は約2年と少し。

もう、遥か遥か昔。子供の頃心に刻み込まれた999。
わずか2年だったのか。
この最終回を、別れを、どのように受け止めていたのだろう。TV版の記憶は無いが…
映画版、そして「さよなら…」へと再編され、一つの終わりを見た物語。
当時小説も買ってその世界にのめり込んだものだ。

銀河鉄道という旅のロマン。鉄郎、メーテル、人々の悲哀。
ただ、ロマンという言葉では陳腐で表現に値しない。

旅はいつしか終わる。
これまでの思いが蓄えられた過去。今この時。そして現実は未来に。

宮沢賢治が描いた銀河鉄道はこの世の果て。
悲哀はここから受け継がれているのかも知れないが、999が伝えるのは未来。

999は、メーテルは、少年の夢。
故に今も心に一つの暖かい火を灯す。
 

2つの初めて

 投稿者:たて吉メール  投稿日:2009年10月10日(土)01時23分13秒
返信・引用
  気づけばかなり久しぶり。

今週は2つの初めて。

「ビッグコミックオリジナル」という雑誌を初めて買いました。
それは、今回発売号であぶさんが現役引退するから。

「Kiss」という雑誌を初めて買いました。
それは、今回発売号で「のだめカンタービレ」が最終回を迎えるから。

あぶさんはセンターカラー。
のだめは表紙とカラー。
多くの人々に愛された一つの形。

記念においとこ。
 

マンセル復活

 投稿者:たて吉メール  投稿日:2009年 8月24日(月)00時16分27秒
返信・引用
  シューマッハの復帰はバイクレースでの怪我が癒えておらず断念とのことで、落胆した人も私を含め、多かったことでしょう。

そんななか、マンセル復帰のニュースが。
「無冠の帝王」にして、「愛すべき大英帝国の息子」とファンの多かったナイジェル・マンセルがレースに復帰する。
マンセル大ファンだったので、なんとも彼のレースを見てみたい。
息子と一緒にレースするんだそうな。

欧州ルマンシリーズ最終戦(9/11~13)に、ということだが、日本でこれは見れるんだろうか?
ま、普通には無理だな。

マンチャンももう55歳。相変わらずいくつになっても熱い走りをしてくれるはずだ。
 

F1にまたも激動

 投稿者:たて吉メール  投稿日:2009年 7月31日(金)00時59分30秒
返信・引用
  BMWがF1撤退を表明した。
HONDAに続き、またメーカーがいなくなる。
不況のみならず、それだけF1自体に存在価値が無くなってきているということでしょう。
F1参戦の費用を環境技術投資に向けようとするのは真っ当な判断だ。

そんな中、あるいは、だからこそ、ミハエル・シューマッハが現役に復帰発表。
前回のハンガリーGPで、前を走る車からはずれた部品(重さ約800g)が275km/hほど
で走行中のマッサの頭部に直撃、頭蓋骨骨折等の重傷となった。
幸いにも彼は現在回復へ向かっているようで、ひとまずよかった。

彼の代役として請われたのがM.シュー。
引退して3年、先日バイクレースで転倒して負傷が癒えていない、現在のKERS搭載
マシンには乗ったことがない、などなど、ネガティブな面は多々あろうに、復帰の
決断をしたM.シュー。

今年はFIAとFOTAとのごたごた、有力チームの撃沈などでF1への興味が薄れつつある中、
いろいろ思うところがあっての事なのでしょう。

次のGPまで1ヶ月あるという時間もまたその一つ。
現時点でとても速いとは言い難いフェラーリだからこそ、という面もおそらくその一つ。

ほとんど見る気を失せていた最近のF1ですが、次回8/23のヨーロッパGPはちょっと
気になるグランプリとなりました。
 

F1分裂か!?

 投稿者:たて吉メール  投稿日:2009年 6月20日(土)00時31分0秒
返信・引用
  FIAとFOTAの亀裂が深まり、自動車メーカー系チームがF1離脱をする勢いだ。
明日エントリーリストが発表される中に含まれるチームはどんなことになるのか。
それらはF1と言える形をとなっているか?
レースはちっとも面白くないけど、政治的なところは燃えてきた!
 

5800きりばん(?)ゲット

 投稿者:ぴこ  投稿日:2009年 5月24日(日)16時53分31秒
返信・引用
  きり番ゲットだぜぃ~!
とりあえず、再度メールしておきました☆
 

レンタル掲示板
/20