投稿者
 メール
  題名
  内容 入力補助画像・ファイル<IMG> youtubeの<IFRAME>タグが利用可能です。(詳細)
    
 URL
[ ケータイで使う ] [ BBSティッカー ] [ 書込み通知 ] [ 検索 ]

スレッド一覧

他のスレッドを探す  スレッド作成


ソロリソロリと始まった

 投稿者:わたべ@汐留  投稿日:2011年 9月 9日(金)08時08分35秒
  この二日は晴天が続き、湿気のない風が吹いていたが、今朝は少し湿度があるようだ。
台風を境に朝晩の気温がカクンと下がり、気がつけば”白露”が過ぎている。
高原はすっかり秋の佇まいなんだろうなぁ。


ダラダラの週だったが、それでも今日は金曜日。
忙しくても、忙しくなくても、やっぱり時間が早い。
なんというか、もう、こんなんなんだろう。


今日は外部のセミナーへ参加して、そのまま直帰の予定。
ちょっと早く帰れるかな。
久しぶりに東伊豆に遠出だ。
北川温泉か赤沢温泉のあたりで釣るとするか。

ソロリソロリと釣りの季節が始まった。(^_^)
 

ハッキリと秋の気配

 投稿者:わたべ@新宿  投稿日:2011年 9月 7日(水)12時46分49秒
  今日が台風一過のようだ。
朝から乾いた風が吹き、空が青い。
はっきりと秋の気配だ。


さてさて、やんなきゃってことも溜まってるし、戻って働きますか。
 

やっと去って行った

 投稿者:わたべ@汐留  投稿日:2011年 9月 6日(火)08時03分6秒
  風と雨の影響がやっと去って、心なしか空の青さも秋の色だ。
南風が止まったので、朝の気温はヒンヤリしている。
それでも、今日の日中は30度くらいまで上がるらしい。
今日から本格的な秋になったことにしよう。


前回の釣りが楽しかったので、これでまたメジナ釣りの季節も始まりってところか。
今週末は仕事も入っていないし、特に予定も立てていないので、またしても釣りに出かけるかな。
ちょっと遠いけど、久しぶりに稲取に行ってみるとするか。


さて、火曜日。
週末目指して頑張りますか。
 

また被害が出たなぁ

 投稿者:わたべ@汐留  投稿日:2011年 9月 5日(月)08時25分38秒
  中国地方や紀伊半島の雨は峠を超えたみたいだが、それにしても凄まじい雨が降ったものだ。
これから東北から北海道へと移っていくようだ。

東日本の震災があったばかりで.....またこんなことが.....。
インフラをどこまで整えておけばいいのか.....。
今朝の朝日の朝刊の写真を見て、何とも言えない無力感が生まれてしまった。

これを機に頑丈な堤防を造り、土手をどれほど高くしても、”千年に一度”はやって来るんだろう。
石器時代から延々と氾濫を繰り返し、為政者たちの課題であり続けた坂東太郎ですら、近くでは終戦直後に破堤したことがあるらしい。


とにかく身一つで命をつなぎ、また細々と生きて行くしかないのかなぁ.....。
”人の営み”って言葉が、そのまま入ってくる朝だ。
 

大騒ぎのデニーズ

 投稿者:わたべ@新宿  投稿日:2011年 9月 2日(金)09時48分22秒
  西に逸れて足が遅いせいで、新宿のビル街には日がさしている。
さっきニュースの中継で潮岬からの報告を見ていたが、凄まじい暴風雨だった。
それでも四国直撃は明日の朝らしい。
何ともノンビリ進んでいる台風だ。


朝の珈琲をデニーズで飲んでいる。
座った席の向かいのボックス席に、みょうちくりんな親子が座っていて気になってしょうがない。
注文したフルーツパフェの中に何か異物が入っていたらしく、クレームの嵐。
店の対応もこれまたしょうがない対応で、どっちもどっちだなぁ。


気なるので、耳を立ててよくよく聞いてみた。(笑)
どうもこれは全面的に店側の非のようだ。
店員の態度、動き、わしが見ても相当の低レベル。
大した客量でもないのに、食器はテーブルの上に残ったままだし、
食器は片付けてもテーブルは汚れたまま。

こりゃぁ、いつかはお客様センターに苦情が入ってしまうだろうな。
天下のセブングループの経営とは思えないなぁ。(・_・;
まぁ、早番のこのグループが質が悪かったってことなのかもしれないが.....。


ん!? もしかしたら常連のクレイマーなのかな?
なかなか、目の離せない面白いものをみせてもらった朝だ。(笑)
 

いやはや

 投稿者:わたべ@中野  投稿日:2011年 9月 1日(木)08時35分51秒
  当初の予想より400kmほど西に進路を変えて、今度はそろそろ北上を始めているらしい。
気象衛星の写真や天気図を見ると、めっちゃ巨大な台風だが、図体の割には、スピードが遅くて明日の朝に紀伊半島上陸ってところか。

反時計回りの湿った風が入り、何とも蒸し暑い朝だ。
丹沢や奥多摩の山にぶつかり、まずは山沿いの南東側が大雨になっているらしい。
都心はまだ降っていないが、大雨は今夜くらいからなのかな。
被害が出なければいいのだが。



あれよあれよと木曜日。
月曜日に休暇を取っていた事もあるが、今週は飛ぶようにすぎて行く。
もうこの感覚が普通になって来ているなぁ。

今日から長月。
1年も残すところあと三分の一ってことだ。
これまた早い。
いやはや。
 

メジナ釣り

 投稿者:わたべ@汐留  投稿日:2011年 8月30日(火)08時17分58秒
  日中の暑さはあまり変わらないが、朝晩の涼しさが感じられるようになってきた。
今度の台風雨が行きすぎると一気に秋の気配になりそうだ。


金曜日と月曜日の休暇を取り、4連休にしていた。
竿やリールや小物のメンテナンスをやり、万全の体制で釣りに備えていたが、コーギーの”めい”が、角膜を痛めて病院に連れていった。
小石か枝か、原因は分からないが角膜に傷が付いているとのこと。
目薬を一日に3回ささなくてはいけないってことで、千葉の海は中止になってしまった。

家でぐずぐずしていたが、釣りの心止まず。(笑)
で、日曜日の午後に一人で出かけてメジナを釣ってきた。
真鶴のいつも入っていた堤防は、やはり相当きつく禁止令がでているらしく、人が誰も居なかった。

結局、真鶴の手前の<江の浦>の堤防でノンビリ釣った。
月曜日なのに人が沢山いて驚いたが、堤防の一等地を確保できて楽しい釣りだった。
季節柄、コッパは仕方がないので、最初からコッパ釣りを目的に大量に釣り上げた。
たぶん50匹くらいは釣っただろう。

もう随分と釣りに行っていなかったので、とにかく釣り上げる楽しさに身を委ねて、何とも至福の時間だった。
釣りは、やっぱり、いいねぇ。(^_^)
 

ワクワク

 投稿者:わたべ@汐留  投稿日:2011年 8月25日(木)08時08分7秒
  昨日からの雨で、今朝の浅川は増水していた。
思ったよりも降ったようだ。
週末の予報が変わって、土曜日は雨の予報だ。
う~ん、雨の中の磯遊びってのもなぁ.....。


明日は休みを取って釣りだ。
久しぶりに内房の岩井海岸で釣ろうと思っている。
釣果はそれほど期待できないので、保田漁港にある<ばんや>で美味しいものを食べる方をメインにだ。(笑)
予報は晴れのち雨なので、朝の早い時間が勝負だな。

釣りに出かける前の日の、このワクワクは釣りをしない人には分かんないだろうなぁ。



さてさて、今日はやっておかなくちゃってことが山積みだ。
頑張ってこなしましょうか。
 

さっさか片付けて

 投稿者:わたべ@汐留  投稿日:2011年 8月24日(水)08時04分23秒
  今日からまた夏かぁ。
じんわり湿気の多い空気と暑さが戻った。
人もほぼ東京に戻って、電車はいつもの通勤風景だ。
金曜日は直帰だったから、すごい久しぶりに出社してきた気分。


汐留に通うのもあと半年。
朝のこんな時間も、振り返ったら懐かしい気分が生まれるのかな。
忙しげに、手帳にはびっしり書き込みがあるけど、それを考えたらちょいと虚しい気分になる。(・_・;


今日もあれこれやんなきゃってことが沢山あるが、さっさか片付けて釣りの準備だ。(笑)
 

週末は海遊びの予定

 投稿者:わたべ@日野  投稿日:2011年 8月23日(火)16時32分53秒
  今日も昨日に引き続いて研修の立会いで日野市。
ここ数日来の雨も上がり、日差しが戻った。

秋雨前線が少し北上して関東は南の風の範囲に入ったようで、気温も上がって来た。
冷えた空気は今日一日で入れ替わってしまいそうだ。
暑いのはもういいなぁ.....。


週末は1年に一度の海遊びの予定。
南房総の稲さんのところ、”牧水亭”に集まって磯遊びだ。
1日休みを余計に取って、久しぶりに鴨川で釣りをしようかと思っている。
釣りは久しぶりだなぁ。
 

金曜日

 投稿者:わたべ@新宿  投稿日:2011年 8月19日(金)09時41分27秒
  暑い一日が去って、いよいよオホーツクの高気圧の影響が出てきそうな朝。
夜には北東の風に変わるだろうから、今夜は熱帯夜から解放されそうだ。
今年の処暑は23日だから、ちょうど暦通りの季節の推移ってところか。


今日は新宿の南口のマックで珈琲。
高島屋やハンズが出来て以来、大きく変わって来た街だが、東口との連続のエリアはまだ昔の新宿の面影がかろうじて残っている。
小さな雑居の商業ビルが多い場所だから、西口の様な大規模な開発ってのも難しいのかな。
この状態で10年持つかなぁ.....。


今日は直行直帰のつもりで居たが、どうしても処理しなくちゃいけない事が出来て、朝のアポを終わらせたら一旦会社に戻らなきゃだ。
午後には雨になりそうだから、傘が要るなぁ。

さぁて、金曜日。
週末の野遊びの予定がないので、何だか気が抜けた感じだ。
 

なんという暑さだ’

 投稿者:わたべ@八王子みなみ野  投稿日:2011年 8月18日(木)11時59分12秒
  それにしてもまぁ、何とも尋常ならざる暑さだ。
今日は朝から八王子を車で回っている。
炎天下を歩き回らなくてもいいので、何とかなってはいるが.....営業マン泣かせの陽気だ。
明日くらいから秋雨前線の影響が出始めるようだから、暖まった空気はすぐには冷えないだろうが、少しずつ暑さも和らぎ始めるのかな。


今日のお昼ご飯はデニーズ。
すんごい久しぶりに入ったファミレスだ。
八王子のこのあたりも、随分とひらけて来てるんだなぁ。
昔の姿を知らないが、20年くらい前は恐らくただの山だったんだろう。
まだまだ土地はうんとあるなぁ。


さぁ、熱中症にならないように、まめな水分補給をしながら午後も頑張りますか。
 

テンション、上がらず

 投稿者:わたべ@汐留  投稿日:2011年 8月17日(水)08時07分20秒
  今日の予報も相変わらずの高温注意だが、週末から冷たい空気が入り込むのかな。
出遅れ感があった太平洋高気圧もそろそろ引き上げる時期が来たってことか。
二十四節気ってのは、良くできてるもんだと感心する。
電車は今日も空いていて、本を読むにはちょうどいい。


会社もガランとしたまま。
我が社は今週いっぱいくらいはこんな状態のようだ。
どうにもテンションは上がらんなぁ。(笑)
 

ワクワク、ドキドキしながら

 投稿者:わたべ@汐留  投稿日:2011年 8月16日(火)08時12分57秒
  明日くらいまで休暇の人が多いのかな。
今日も電車は空いていた。
会社もガランとしていて、何ともやる気の出ない週だ。
とは言ってもまぁ、普段からそれ程やる気で仕事はしてないが。(笑)

1週間後が”処暑”だから、暑さも今週がピークかな。
今年は高山の花を1回も見ないで終わりそうだ。
可愛い花達に出会いたいが、山を登る億劫さが先に立つ。
しみじみダメなヤツになってしまった。(・_・;


久々の”当たり”のサスペンスに出会って、空いている電車が嬉しい。
高野和明「ジェノサイド」角川書店。
半分強ほど進んだとろだが、何ともはや、面白い。
ワクワク、ドキドキしながらも、本読みの喜びだよなぁ.....と、しみじみ楽しんでいる。



さぁて、今日は雑務を片付けるとしますか。
 

お盆休み中のキャンプ

 投稿者:わたべ@汐留  投稿日:2011年 8月15日(月)08時19分28秒
  今日も電車が空いていた。
まぁ、今週いっぱいくらいは休みの人が多いんだろう。
高速の下り線の渋滞予想がニュースで流れていたが、一日混雑するのかな。


週末のキャンプは楽しかった。
それにしても、道志渓谷のキャンプ場の混雑度合いには驚かされた。
キャンプ場銀座と言っていいくらいに、道志川沿いはキャンプ場が多い。
その殆どが満杯になっていた。
以前のブームの時よりもキャンプ人口は増えているんじゃないだろうか。


テントを張ったのは大栗キャンプ場。
川の対岸に、丸木橋を歩いて渡って行く。
荷物は、手作りゴンドラをウインチで動かして川を渡す。

車を横付けするようなキャンプ場に比べたら不便な要素が多い。
こんな不便なキャンプ場を敢えて選択するだけあって、手馴れた雰囲気のキャンパーが多かった。
リピーターが多いようで、妙に落ち着いた雰囲気と”ザワつき感”の無い雰囲気だった。

集団と少し離れた場所にテントを張ったってこともあるが、20組~30組ほど居た割にはストレスのない時間が流れていた。
オートキャンプ場はこんな訳には行かないだろうが、”ちょっと不便さ”をキーワードに探したら、東京近郊でも
結構こんな時期のキャンプも出来るようになったってことかな。


さぁ、月曜日。
真面目にやりますか。
 

それは、いつのことなんだろうか

 投稿者:わたべ@西新宿  投稿日:2011年 8月12日(金)08時04分25秒
  いやはや、何とも暑い日が続く。
今朝は電車が少し空いているのかと想像していたが、意外に混んでいた。
やはり分散型の夏休みってのが’定着してきているってことなんだろう
か。
今年はメーカーの分散もあるだろうから、やはりいつもの夏とはちょっと違ってくるのかな。

8月は暦通りの出勤。
自分の中ではそれほど違和感も無い。
9月に入ったら、第二弾の夏休みとしようじゃないか。


福島が無くても、東電の発表で5400万kw/時ってことだ。
どうせ本当のことは言ってないだろうから、あの6基が無くても、6000万kw/時は発電で来てそうだな。
賠償法も、再生エネルギー関連も相当インチキだが、とにかく禍根を残さない仕組みづくりを急げ、だ。
東電解体までの道のりは遠い。

歴史が”金に惑わされた暗黒の時代”とレッテルを貼る日。
そんな日が来るんだろうか.....。
その時代が”幸せ”かどうか、それは何とも言えないが.....この状態で原発は、やはり無いな。
 

道志の森キャンプ場に

 投稿者:わたべ@汐留  投稿日:2011年 8月 8日(月)08時16分22秒
  久しぶりの夏らしい空が広がっている朝。
今日は気温が上がりそうだ。
八王子も昨日は雷雨があって、家の前が川のようになっていた。
朝のニュースを聞いていたら、あの降りかたで34mm/時ってことだったらしい。


土曜日は歯医者の予約で出かけられず、日曜日はどこにもいかず家でゴロゴロだった。
以前ほどでは無いにしても、どこにも出かけない週末は、やはりストレスがたまる。
こんどの週末は超久しぶりの家族キャンプ。

1泊しかできないので、渋滞を考えて道志の森キャンプ場を候補に考えている。
大混雑だろうが、あそこならテントを張れないってことはないだろう。
お盆休みの真っ最中に、いわゆる人気キャンプ場に出かけるなんてことはもう10年以上もやっていない。
大混雑への心の準備をしておかなくちゃだな。

冬の残りの薪がどっさりあるので、持って行って燃やしてこよう。
願わくば、気温がほんの少し下がってくれたらだ。


さぁて、月曜日。
気を張ってだな。
 

西新宿にはビルがいっぱい

 投稿者:わたべ@西新宿  投稿日:2011年 8月 5日(金)08時02分19秒
  不安定な陽気だ。
出がけは青空がのぞいていたが、西新宿に着いたら雨。
今日は一日こんな天気らしい。


西新宿にクライアントが多いので、このあたりをウロウロする事が多い。
もう何がなんだかってくらいにビルが増えて、今ではもう、どこか行き先の説明に、ビル名だけではランドマークにならないならない状態だ。
クライアントのビルから西新宿の街を眺めると、まだまだ何棟も高層ビルが立ちそうな土地が広がっている。
10年くらいしたら、とんでもないことになってそうだ。


今日は一日研修の立会いなので、比較的お気軽な一日。
しかしまぁ、ここのところの反省で気を抜かずに緊張した一日を過ごす事にしますか。

今のところ、雨は上がっている。
 

家族キャンプ

 投稿者:わたべ@汐留  投稿日:2011年 8月 4日(木)08時15分52秒
  ビルの隙間に日がさして、朝の日差しは何だか久しぶりだ。
梅雨明け10日が過ぎてから、じっとりとした暑さはあるものの、強烈な日差しが運ぶ暑さってのがないままだ。
特に好きな陽気ではないが、真夏にこんな日ばかりが続くと、やはり何となく物足りない気分になる。


ここのところ仕事のミス続きで、ちょっと落ち込んでいる。
淡々とこなしていたつもりだったが、やはりどこか、気が抜けてるってことなんだろうなぁ。
仕事ってのは、やっぱり全力でやって丁度いいくらいなんだろう。
何十年もサラリーマンをやって来ても、学習しないヤツだな、とちょっと落ち込む。

ま、気分を変えて頑張りますか。



昨日、珍しく聡から電話があり、夏休みのキャンプに行こうってことだった。
一緒にキャンプに行ったのはいつ以来かなぁ.....。
春スキーに行って暮坂高原キャンプ場にテントを張った時だ。
家族4人でキャンプをしたってのは、たぶんあれが最初で最後だったな。
WATAママがまだ生きていた、もう10以上も前のことだな。
お盆休みってことだから、どこも大混雑だろうが、どこか涼しいところで楽しんでこようじゃないか。
 

謙虚にね

 投稿者:わたべ@中町  投稿日:2011年 8月 2日(火)10時42分45秒
  JRの市ヶ谷駅から徒歩10分くらいの場所にあるクライアントで打ち合わせだった。
朝一のアポだったので、打ち合わせを終えてもこんな時間だ。

次の訪問先は牛込神楽坂駅の近くなので、そのまま坂を上って歩いて来た。
払方町(はらいかたまち)、納戸町(なんどまち)、二十騎町(にじっきまち)と、東京でも難読系の町名が集まったエリアだ。
珈琲館ってまだあったんだなぁ.....。
いわゆる珈琲専門店で”本日のコーヒー:キリマンジャロ”を注文。
ごちゃごちゃした街並みだけれど、妙にしっくり来る町だな。
さすがに、住みたいとは思わないが.....。


駿河湾の地震はプレート内部のものだったらしいが、東海の地震はやっぱりヒヤリとしてしまう。
昔から地震に関心があって、ビクビクしながら暮らして来たような気がする。
その割には、大した準備もせずに今日まで来ている。
東海・東南海は周期を考えたら、生きてるうちに有ってもおかしくない訳だが.....。

日本の歴史には、大地震と全くシンクロしない人生を送る人がたくさん居たんだろう。
20世紀から21世紀の頭に生を受けてしまった我々は、もう宿命としか言えないような状態だ。

大災害の現場に行ってみると、これはどこに居ても、もう”運”としか言えないような事がたくさんある。
どれだけ備えをしても虚しい気分は生れてしまうけれど.....。
それでも、謙虚に備えておくしか無いんだろう。

いわきに行った時に、『古い地名を蔑ろにしちゃいかん』ということを言っていたおじさんの言葉は重いな。
 

今更だけど、またかよだ

 投稿者:わたべ@汐留  投稿日:2011年 8月 1日(月)08時39分49秒
  先日の台風からこっちは、空の青さが戻らないままだ。
今日もたぶん北東の空気が入っているのか、朝はヒンヤリだった。
家庭の電力需要も押さえられて、まぁ、今年に限っては良かったのかもだ。

それにしても、あれだけの川の氾濫で亡くなった方の人数が少なかった。
突発的な土石流ではなく、じんわり溢れた川の水だったってのが、まぁ不幸中の幸いだったのかもだな。
数年前の大雨で、エリアの人達の意識が高かったってこともあるんだろう。
こんな国に暮らして行くんだなぁ.....と、何とも言えない無力感を生まれる。
田老町の防波堤もそうだが、どんなに準備をしても、なす術が無い災害が起きてしまう。
もちろん土木史的には「あれがこうなった」「これがここまで防げた」ってことはたくさんあるのだろうが.....。
しかし、最後は畏怖を持ちながらこの国で暮らすってことなんだろうなぁ.....。



今朝の電力需要のヤラセ記事も、今更ながら腹が立つ。
需要はナンボでも作文するし、捏造に近い計算をこれでもかと発表するが、
供給能力や仕組みに関してはガンとしてデータを出してこない。

企業活動の機密事項って言い訳なんだろうが、ライバル企業がある訳でなし、
ましてや利益をナンボでも乗せることが出来ることを許された独占企業に、一般的な企業秘密の概念なんか無いだろう。
独占で利益をあげることを許されいる分、逆に全てをオープンにしてこそだろう。

揚水の発電のインチキだけじゃなく、各火力の稼働率やその妥当性を大手紙が取材しないのも何とも歯がゆいし腹立たしい。
内部リークを待っててもラチがあかない。
朝読毎に一人ぐらい、そんな心ある記者はいないのか。


経団連は企業の未来なんてことを言っている。
しかしだ、この後に及んで、まだ金儲けしか考えていない会社に日本の未来なんか預けられんだろう。
米倉さんよ。
 

頭、下げろや

 投稿者:わたべ@八王子市  投稿日:2011年 7月29日(金)14時56分47秒
  今日は八王子を車で移動なので、暑さはそれほど苦にはならない。
この時期にも、戻り梅雨って言葉は使うのかな。
中越では前線の影響で、避難勧告が出るほど雨が降っているらしい。
八王子も昨日の夜はザーッと来ていたが、今日はパラって感じだ。



それにしても東電から”詫びの一言”があったっていいだろう。
なんで、だんまりなんだ?
土壌汚染も稲わらも、海産物も野菜も、全ては東電の責任だろう。

民間企業の仮面を被り、総括原価方式なんていう、とんでも無い金儲けの方式を堂々とやり続ける。
何度も言うが、新橋の土地を売り、ビルを売り、安い賃貸へ移ればいい。
膨大な福利厚生に手を入れ、人件費に手を付ければいい。
普通の会社のやることだ。

が、そうは言っても、総資産がが1兆2千億くらいじゃ、結局今の法律じゃ電気料金だもんなぁ.....。

しかし、次のスキームはスキームとして、何かあったらまずは自ら頭下げろや。
なぁ。

一刻も早く解体して、競争原理を入れた電気作りを望むが.....
俺の生きてる間に実現して欲しいものだ。
 

しょうも無く、第2弾

 投稿者:わたべ@西新宿  投稿日:2011年 7月28日(木)14時10分18秒
  恐らく気温はそれほど高くはないのだろうが、
湿度が高いので、歩くとすんごい汗だ。
で、どっかで涼もうと珈琲屋さんに入っても、ご時世で室内の設定温度が高いのでなかなか汗が引いてくれない。

今日は訪問した2社とも、地下鉄の駅から中途半端に距離があり、夏の営業マン泣かせの場所だ。
これから訪問予定のクライアントも丸ノ内線の駅から10分ほど歩く。
まぁ、こんな日だんだろう。

朝の予報を見て、傘を持参したが、まぁマーフィーの法則通りだ。(・_・;
帰りが遅くなったら、もしかした出番があるかもだが、都内を動いている分には降りそうもない。
こんな傘1本でも、1日持ち歩くってのは何とも暑苦しい。
やれやれ。


【思い描く 第2弾】
真っ青な空に残雪を残した遠くの頂きをボーッと眺めながら、午後の気の無い会話。

「こんな日でも、ザッとくるかなぁ」
「.....」
「まぁ、山のてんきだからねぇ」
「.....」
「んじゃぁ、イスだけでも仕舞っておきますか」
「.....」
「そうだねぇ」

「珈琲、もう一杯飲む?」
「うん」

マツムシソウもヤマオダマキも、そろそろ盛りの花期を終えてきた。
午後の強い日差しで山襞が強調されて、山並みが現実的じゃない立体感で見えている。
標高が高い分、梢を渡る風には確実に秋の気配があり、夏の午後なのに、何だか少し寂しさを感じさせる。

「.....」
「珈琲」
「.....ありがとう」
「.....」

今日も何にもしないで、一日が終わりかけだ。
こんな日もいいね。

とまぁ、西新宿で青梅街道を行き交う車を眺めながら。(笑)
 

週末は桃を買いに行こう

 投稿者:わたべ@汐留  投稿日:2011年 7月27日(水)08時05分46秒
  梅雨明け10日の高気圧が去って、不安定な天気が続いている。
太平洋高気圧の頑張りが、もう一回ぐらい欲しいところだが.....。
空気も地面も暖まったままで、湿気の多いジットリした暑さが続く。
8月を’前にして、何だか「な~んか、夏も終わりかぁ.....」って気分になっている。


昨日の夕方の思いは思いとして、今朝も相変わらず、やる気が出ないなぁ
。(笑)



今週末は土曜日の午前中に歯医者の予約がある。
だから朝からは出かけられないが、治療が終わったら、甲府盆地に桃を買いに行こう。
昨日の夕方のニュースで、今年は山梨の桃が当たり年だと言っていた。
美味しい桃を買ってこようではないか。(^_^)
 

仕事モードに戻らなきゃ

 投稿者:わたべ@汐留  投稿日:2011年 7月26日(火)08時16分48秒
  休み明けの昨日は八王子で仕事だったので、会社にあんまり出社しない日が続いていた。
そんなこんなで、あっという間に7月も最終週になってしまった。
6月、7月と時間そのものがワープして消えている週が確実にありそうだ。(笑)


伊那の里山での伐採はまぁ、ぎりぎりの合格点だったかな。
池に覆いかぶさるように生えている斜面の桜を真横に倒すってのは、思ったより大変な作業だった。
伐るというよりも、チルホールのテンションで折り倒すって感じの作業だった。
倒れる最後の瞬間に、もう少し人手があれば楽に行ったかななぁ.....とは思う。
それでも、3人であの木を倒した事はちょっと自信になった。(^ ^)

山の作業は見た目でその成果が確認できるので、終わった後の達成感は大きい。
年も年だし、そんなに無理は出来ないが、こんなストレス解消になる作業だ。
機会があったら、ちょこちょこ参加して行こう。


今年は山も花も無い夏だな。
高山植物を撮る喜びは消えた訳ではないが、登るしんどさが先に立ってしまう。(笑)


さぁ、さぁ、今週は休み無しの1週間だ。
ちょっとだけ、仕事モードに戻らなきゃだ。(^_^)
 

ノンビリ出来た休日だった

 投稿者:わたべ@汐留  投稿日:2011年 7月22日(金)08時11分34秒
  リフレッシュ休暇を20日間取った後で、またしても夏休みで1週間休んでしまい、会社のことはさすがに頭から消えてしまった。(笑)
遠野の「わらべ」で久しぶりに瀬音のメンバーに会って、気のおけない時間を過ごして来た。
kurooさんも元気そうだったし、良かったなぁ。


井戸掘りさんに初めてお会いしたが、想像していたより随分と元気そうだった’。
まだ、頭の中の言葉が出なくてイライラしている様子もあったが、この調子でどんどん回復して行くような気がした。
周りにはあんまり感じさせないが、奥様がさりげなく頑張らせているんかなぁ...と、いい二人三脚が出来てるのを想像した。


遠野から南下して種山高原のキャンプ場に2泊してきた。
栗駒の山系に沈んで行く見事な夕日と、全天開けた空に広がる星を観ることができた。
帰りは台風に向かって走ったので、ちょいと大変だったが、ノンビリ出来た休日だった。


さぁ、仕事だなぁ。(笑)
 

遠野の民宿”わらべ”

 投稿者:わたべ@遠野  投稿日:2011年 7月16日(土)18時45分45秒
  花巻温泉を探索後、結局、遠野に入る途中で東和温泉に決定。
暑さもあって、どこを観る事もなく、温泉にゆっくり浸かり、大広間の休憩室で昼寝。
温泉から30数km走って、遠野の早池峰神社の前にある”民宿わらべ”に到着。


kurooさんも到着して、今日の主役の井戸掘さんも到着。
久しぶりに、瀬音のメンバーが集まって、賑やかだ。
瀬音の10周年に山形の飯豊山荘に集まって以来の賑やかさかかな。

ここは”座敷わらし”で有名な民宿。


以前は遠野市内に近いエリアの観光だった。
ここは、すんごい山の中。


今夜は楽しもう。(^_^)
 

SAでテントかな

 投稿者:わたべ@日野市  投稿日:2011年 7月15日(金)17時22分14秒
  それにしても、まぁ何という暑さだろうか。
こんな日に一日歩き回っていたら、ホントにうだるかもだな。
一段落して、ファミレスで早い晩飯。

今日はこれから研修の立会いがあるので、ちょっと腹ごしらえだ。
ちょっとの割には、ステーキ200gをペロリと平らげたが。(笑)
我ながら、年の割にはホント良く食うヤツだ。(^^;;
体力を含め、体の殆どが衰えてしまっているが、食欲だけは衰えないなぁ.....(^^;;。


明日から3連休ってことは、高速の渋滞も考えられる。
ちょいとしんどいが、やっぱり今日の夜のうちの出発が正解かもだ。
東北道のSAは比較的”ゆるい”ので、眠くなったら例によってどこかのSAでテントを張るか。

前回は、シュラフにくるまって東屋のベンチで寝た。
今夜は気温はまったく問題ないので、あとは虫対策か。
虫除けスプレーでなんとかなるかな。
 

久しぶりに星を撮ってみるか

 投稿者:わたべ@汐留  投稿日:2011年 7月14日(木)08時09分46秒
  相変わらずの晴天で、安定した天気が続いている。
台風が発生したようだが、あれが九州をかすめる頃に”梅雨明け10日”も終わるのかな。

今を盛りに咲いている盛夏の花達。
妙に寂しくなる。
夏を楽しむってのが、めっきり無くなったって事だな。


昨日は一日八王子を車で周っていた。
電車と徒歩での移動よりはずいぶんと楽だ。

夏休みの第1段で、16日から岩手だ。
高気圧の張り出し方が、少し東に偏っているのが気になるが.....。
東北の山側は夕方から夜にかけての雷雨を用心しなくちゃだ。
それでも、このままこの気圧が落ち着いていてくれたら、星空が期待できるかもだ。
久しぶりに、星を撮ってみるか。


さ、今日もバテないように頑張りますか。
 

星空の体験

 投稿者:わたべ@汐留  投稿日:2011年 7月12日(火)08時19分29秒
  今朝も朝から青空が広がって、東京に限っては、太平洋高気圧のこの安定感がいい。
陽性の梅雨だったが、八王子は意外に雨が少なかった印象が強い。
それでも利根川の上流の方には結構降っているみたいだから、水不足ってことにもならないのかな。

あれよあれよという間に7月も10日かが過ぎてしまった。
今週は少しだけ仕事が立て込んでいて、これで16日から夏休みを取るとなると、7月も何をしていたのか分からないうちに終わってしまいそうだな


週末は瀬音のメンバーが遠野に集まるので、そこに顔を出し、キャンプは<種山高原  星座の森キャンプ場>でテントを張る予定でいる。
琥珀さんと合流なので、楽しいキャンプにしたいなぁ。
東北も梅雨明けしたので、”梅雨明け10日”の空に期待したい。


真夏の夜空で、星の数に圧倒される体験ってのは、ありそうで意外に少ない。
印章に残っているのは、野辺山で小海線の線路に寝転がって眺め続けた星。
日高のキャンプ場で、空を見上げて、その星の数に圧倒されて何だか少し怖い気分になった体験。
特に、前者は印章深いなぁ。

明け方が近づいて来て、北斗七星が沈み始めた時、東の空にオリオンが上がって来た風景。
真夏にオリオンが地平から上がってくるのを見た時は、おぉ!と声が出た。


今年は、そんな風景がみられるかな。
 

面影画 kurooさんの活動

 投稿者:わたべ@汐留  投稿日:2011年 7月11日(月)08時30分30秒
  梅雨明け宣言がされて、暑さに変わりはないのだが、妙に嬉しい気分。
夏至は過ぎて、昼の長さは短い方に動いているのだが、一日が長い感覚が続いている。
夏はそれほど好きな季節ではないが、この時間の長さは嬉しい。

週末はどこにも出かけられなかったので、先週がだらだらと流れ込んだようだ。
あれこれ悩んだが、仕事の関係で夏休みは分割して取ることにした。
第1段は今週末から21日まで。
遠野に瀬音のメンバーが集まるというので、それに顔を出し、そのまま岩手でキャンプだ。
kurooさんの慰問にも顔を出してみよう。


kurooさんは陸前高田にいて、津波で亡くなった家族のために<面影画>を描くというボランティアをしている。
読売や岩手テレビ、TBSなんかでも流れていたが、16日は東北6県らしいがNHKで10分程の番組になるらしい。

瀬音以外のマイミクさん、kurooさんの『山里の記憶つれづれ』というブログをぜひご覧ください。
iPhoneで書いているので、リンクがうまく張れませんが、上記タイトルか<面影画>で検索したら見られます。

小菅村から借りていった運動会用の大型テントの中に、自分の寝泊まり用の小型テントをたて、1日1人、インタビューをして面影画を書き続けています。
その行動と精神力の強さに、ただただ頭が下がります。
実は、陸前高田に下見に行った時は、僕はこのボランティア活動に反対しました。

そんな自分が恥ずかしく、忸怩たる思いをしているところです。
 

事業戦略研修

 投稿者:わたべ@西新宿  投稿日:2011年 7月 9日(土)09時21分57秒
  いつもと同じくらいの時間の電車だったが、やはり土曜日は空いている。
朝の珈琲が無かったので、ちょっとモヤモヤした感じだ。


今日は研修の立会い。
参加者は次の経営層を期待されているメンバー11人。
上場企業ではあるけれど、若い企業なので、参加メンバーも30代。
事業戦略をどう立てて、どう実践していくのかを半年後のアウトプット目指して行く。

自分の若い頃を考えたら、羨ましい環境だなぁと思う。


にしても、さすがに自分の研修じゃないので、眠くなりそうだ。(笑)
 

僅か、100年

 投稿者:わたべ@西新宿  投稿日:2011年 7月 7日(木)12時17分12秒
  今日も蒸し暑い。
西新宿にクライアントが引っ越してきたので、オークタワービルに初めて入った。
ここにもエクセルシオールがあるってのを発見。
いつも横を通っていたが、知らなかった。

いろんなビルがあるなぁ.....。
最近、青梅街道沿いに高層ビルが3棟出来たが、あと10年もしたら西新宿と中野坂上が高層ビルで繋がってしまいそうだなぁ。


小出裕さんの『原発のウソ』(扶桑社新書)を読んだ。
ブログや、ustream・YuTubeでいろいろな発言を追いかけて来たが、そのまとめのような本をだった。
平明な言葉で淡々と語られる言葉に、凄みがある。
原発を全部止めても電気は足りなくならない。(火力の稼働率が47%)
もんじゅも六ヶ所村も破綻している。
化石燃料よりもウランの枯渇の方が早い。
運転(核分裂時)にCO2は出ないけれど、原発の建設~核燃料を作り処理するまでに膨大なCO2を作っている。
原発の熱交換器用の水の量のために”海温め機”になっていること。
どれもこれも、殆どが朝読毎に載らないことばかりで、愕然としてしまう。


福島の事故以前は、原発に関して超ノンポリだった。
しかし自分で情報を集め出すと、やはりこの仕組みってのは、どう考えても違うなぁ.....と思ってしまう。

「産業のエネルギー不足のために産業が空洞化してしまう.....」
「だから産業を廃れさせないために原発で電気を作るべきだ.....」
よく聞く議論だ。

いかにも日本の未来を憂えているようなもの云いに聞こえる。
しかし所詮は、今の自分の利益と繁栄のためだろう。
もちろん、何人も自分の利益と幸福を追う権利はある。

その達成のために、容認できるようなレベルのことじゃぁないだろう。
これから何十年か先、福島や周辺の子供達がどうなって行くのか.....。
日本の国土に想像を絶するほどの間、人の住めない様な場所を作ってしまい.....。
毒性が消えてそれを処理出来るまで、空想科学小説のレベルでしか考えられない様なものを抱え続ける.....。

それでも敢えて、日本の産業のために.....と発言できるだろうか。

ドラマ<仁>は面白かった。
原作も一気読みした。
あれが僅か100年ちょっとの前の事柄だってのが、ドラマの底流に流れていて、面白さを一層増してくれていた。

わずか100年。
この100年の自分の幸せのために、こんな道具を使うのはやはり間違いだろう。
 

仕事がジワリと

 投稿者:わたべ@汐留  投稿日:2011年 7月 6日(水)08時23分26秒
  天気図を見ると、確かに梅雨前線がクッキリしていてまだ梅雨明けって訳にはいかないのかなぁと思う。
南下して行く時に大雨になるかなぁ.....と思ったが、意外に降らないままだった。
これがゆっくり北上するようだが、このまま太平洋高気圧に押し上げられたら夏本番って事になるのかな。
毎日の暑さを考えると、もうすっかり夏って感じだが。


昨日は携帯を自宅に忘れて来てしまった。
何とも落ち着かない気分で、典型的な依存症ってところか。


長期休暇明けの仕事も、ソロリと復活して来て、少し忙しくなってきた。
ま、体を壊さない程度に頑張りますか。
肩の力が抜けているってこともあるのだろうが、サラリーマンのこの時期に仕事が面白い。
皮肉なもんだなぁ.....と思う。
 

里山の保全

 投稿者:わたべ@汐留  投稿日:2011年 7月 4日(月)08時23分18秒
  最後の頑張りのように、梅雨前線が南下してきた。
この前線が押し上げられるか消えるかしたら梅雨明け宣言ってことになりそうだ。
今週末か来週の頭ってところか。
例年20日前後だから、そうとう早い梅雨明けってことになりそうだ。


土曜日は知り合いの向山さんちの里山の下見に行ってきた。
桜やクリ、コナラの典型的な里山。
村の農作業用のため池に桜が大きく張り出していて、こいつを伐らなくてはってことになっている。
伐採の必要な木が5本あるのだが、この桜が一人ではちょっと難しい。
後で写真をアップしてお助け隊を募集したい。
最悪は真下に伐り倒してため池から引っ張り出すってことになるのだが、それは大変そうなので、できれば避けたい。
ロープを掛けて倒す方向を変えるための人数が必要になる。
まぁ、向山さんも助っ人を連れてくるみたいだから、あと2~3人居ればなぁ.....ってところだ。
23日~24日ってあたりが候補日になりそうだが、状況によっては30日~31日ってこともありそうだ。


にん2さんから借りっぱなしになっている竿がある。
この穂先を先日折ってしまい、修理に出していた。
日曜日に受け取りに行った。
先端部分と全てのガイドを取り替えて1万1千円だった。(^^;;
すごく使い易い竿なのでついつい使っていたが、これを最後にお返しすることにしよう。

そういえばいつも行っている真鶴の堤防が死亡自己が起きたという事で入れなくなってしまった。
あそこに行けないとなると、釣に行く回数が減っちゃいそうだな。
まぁ、仕方がない事か。

お手軽に行けて、釣果は殆ど保証されているなんて理想的な場所だったんだけどなぁ.....。
 

楢葉も双葉も

 投稿者:わたべ@汐留  投稿日:2011年 7月 1日(金)08時31分23秒
  今朝はそれでも窓を開けると、ほんの少しヒンヤリした空気が流れ込んで来た。
5時半だというのに、金色の混じった朝日がチラチラと窓に入りかけて、昇る位置が随分とずれてきているんだなぁと、実感。
梅雨の末期というよりも、明らかに夏の朝だ。

まぁ、今日から文月。


6月に長い休みを取ったので、夏休みにそれほどワクワク感は無いが、それでもどこか涼しい所でキャンプしてくるか。
暑い海は、ちょいとウンザリ気分なので、どこか高原がいいいなぁ。
地図を眺めていると、そんなにたくさんの場所でキャンプをした訳でも無いのに『何だかどこも行ったことあるしなぁ.....』って気分になる。
さぁて.....。

少しビクビク気分は残るものの、腰の状態も落ち着いているようなので、ボランティアにもチラと行ってみるかなって気分もある。


初鰹の入荷までの取り組みを取り上げた番組を観て、三陸の復興の兆しのニュースは嬉しいばかりだ。
辛い歩みだし、遅々とした歩みだけれど、こうして地震からの”復興”は確実に成し遂げられると信じたい。
復興のプロセスには”one of them”はないのだけれど、人ごとのように日本人ってすげぇなぁ.....と思う。
漁師の倅としては、漁師の支援や取り組みが心に響く。


それを思うにつけ、福はどうなっちゃうんだろうなぁ。
海も地面も汚れたまま。
天神岬でイクラをたらふく食べるってのは、きっと生きてる間は出来ないんだろう。
僕らの遊びはともかく、村や町を追われた人たちは、もしかしたらもう故郷は無いことになっちゃうんだろう。

何とも絶望的な気分になる。
 

凄まじい早さで

 投稿者:わたべ@中野坂上  投稿日:2011年 6月30日(木)12時42分6秒
  まぁ何という暑さか。
夕方から夜にかけて大雨になるかもしれないという予報が出ているが、梅雨明けの雰囲気ではあるな。
九州の早さは56年ぶりと話していたが、やっぱり変な陽気であることは間違い無さそうだ。
昨年も異常に暑い夏だったが、今年も追いかけるのかな。


長い休暇明けだったが、昨日は定期健診で1日休みを取ったので、1週間が早い。
今日は6月も晦日で、文字通り飛ぶように日が過ぎて行く。
1年の半分が過ぎたというのに、この半年に何をしていたんだろう.....。

年々この感覚に加速が付いているとはいえ、今年のこの早さは.....何ともはや。
 

今日は半年に1回の定期検診

 投稿者:わたべ@八王子  投稿日:2011年 6月29日(水)09時09分38秒
  今日は半年に1回の膀胱の定期検診の日。
もうどれだけ時間が経過したのか、ちょっとあやふやだが.....4年半が過ぎたところかな。
検診が3ヶ月に1回から夏冬の半年に1回になり、次の検診は5年を経過していることになる。
一応、当初の目安だった5年を経過することになるが、検診に関しては無罪放免ってことになるんだろうか。
膀胱癌の再発生の高さを考えると、病そのものには無罪放免ってことはないらしい。
これは、最初の頃の検診で言われたような気がする。


まぁ、二人に一人が癌になる国だから、この程度で生かしてもらっているってのは神様に感謝かもだな。
検診に関して、もし無罪放免なら、めでたく現役サラリーマンのうちに終われることになるが.....はたしてどうなるか。
最初の頃はあれこれ不安もあったが、ここ1~2年は自分の中では割と楽しんでいたイベントだった。(笑)


今日も暑い。
関東の梅雨明けも早いかもだな。

 

さて、今日から出社

 投稿者:わたべ@汐留  投稿日:2011年 6月27日(月)08時12分48秒
  久しぶりの出社で、ここへの書き込みも久しぶりだ。
船中泊も含めて11泊の北海道だったが、あっという間に終わってしまった。
自宅に戻ってから1週間あったのだが、結局写真の整理もしないまま。
PCに取り込んだものをザッと眺めた。
1~2枚は使えそうな写真もあると思うが.....やっぱり写真が下手になったかなぁ。
なにより、シャッターを押す時に、なんとか今の気持ちを取り込みたいって意気込みが少なくなっている。
これはあんまりウェルカムな状態ではないが、まぁ老化ってことか。(笑)


腰は微妙なバランスを保って、それほど違和感なくうごけているが、結局kurooさんの所にも、ボランティアにも行けなかった。
少しもどかしさが募るが、まぁ、無理してもだ。

20日分のメールの処理を考えると、ちょいとげんなりするが、ま頑張りますか。
強烈な暑さがきたと思ったら、昨日のような肌寒さを感じるような日に戻る。
今年も、何だか普通の陽気じゃ無さそうだ。

 

もう、スタートってことか

 投稿者:わたべ@汐留  投稿日:2011年 6月 6日(月)08時19分39秒
  今朝はよく晴れた
夜半の雨の勢いが強く「あれ? 陽性に変化?」と思った。
窓を開けて、雨上がりの空気を吸い込み、空の青さを確認して元気になる。

土曜日は研修の立会いで一日仕事だった。
日曜日を休んだだけでは、何だか休んだ気にならないなんて、なんとも贅沢な身体と意識になってるんだなぁ.....と、改めて気がつく。
こうした日常の繰り返しが意識を作っていくんだってことも、改めて意識させられる。

政治論はともかくとして、”江戸時代と鎖国”ってのが、自分の中では自分を戒める象徴的な事柄だと思っている。
しかしボヤ~ッと暮らしていると、なかなかこんな事に意識が向く事がない。
昨日の休みの感覚は、久しぶりに現れた日常での”注意”ってところか。


貴重な一日の休みなので、キャンプ道具をチェックしようと思い、結局やったのはランタンのマントルを2個取り替えただけ。(^^;;
マントルが無くなっていたので、久しぶりにアウトドアショップに足を運んだ。
夏を前にしているということもあって、店は賑やかだった。

計画停電の時に、聡が『ランタンを貸してくんない?』と来た。
スノーピークのソロ用のランタンを貸してしまっていたので、この際だからあれはあげちゃう事にしてと、同じものをまた購入。
久しぶりに、アウトドアグッズの購入だった。(笑)



さてさて、今日一日。
明後日から旅が始まる。
っても、このワクワク、ドキドキも旅の始まりだから、もうスタートしてるってことか。(^ ^)
 

楽しもうじゃないか

 投稿者:わたべ@汐留  投稿日:2011年 6月 3日(金)08時15分10秒
  今朝は晴れた。
もう、これだけで『よっしゃ!』って気分になる。
梅雨のある、こんな気候が育み、支えてきた稲作文化の人類なのに、この雨嫌いはなんとしたことか。
やっぱりDNAは北方系なのかもだな。(笑)

あれこれと見落としがないかを再度眺め回して、あ、これもやって置かなくちゃってことが出てき来て、結局昨日は一日訳の分からんことをやっていた。
で、明日も仕事で出勤。
これはだいぶ以前から決めていたことなので、まぁしゃぁないかなぁ.....と。
月曜日も一日だけ出勤だが、週初めに最後のチェックが出来て、これも正解だったかもだ。


さ、さ、後は来週からの北海道の天気が気になるところだが、まずは船旅を楽しもうじゃないか。
 

うんまい物を食べてこよう

 投稿者:わたべ@汐留  投稿日:2011年 6月 2日(木)08時17分25秒
  ホントに梅雨だ。
朝からシトシト降り続けている。
湿度は高いものの、それでも気温が低いままなので、まぁ暮らせる。
6月に入ったから”梅雨寒”と呼ぶんだろうな。
北と南の高気圧のせめぎ合いで出来た前線が雨を降らせる.....なんて単純に思っていたが、どうも最近の天気はそんな単純な感じでも無さそうだ。

去年の夏は凄まじい暑さの夏だったが、今年はどうなのかな。
梅雨の様子を眺めても、いつも通りの気候って訳には行かないような、そんな気がする。
毎年、『何か、変だよねぇ』って会話をしているようだ。


昨日は水曜日で、外で仕事を終えて会社に戻ると、オフィスには入れない状態だった。
結局、見落とししていなかのチェックは出来ずじまい。
休暇まで直前のカウントダウンなのだが、落ち着かなさも極ってところか。
旅の方の準備は、まぁいつものキャンプの準備だからそんなに特殊な用意もないが、仕事の方がアタフタだ。


梅雨の真っ只中だと、北海道は基本的に晴れて気持ちのいい日が続いていることが多い。
ただ、ここ数年はまるで北海道にも梅雨が発生してるようなグツついた陽気のことが多く、そう安心もしていられない。
特に晴れを狙って「これをしよう」と決めている事がある訳でも無い。
だから、降ったら降ったで何か考えるつもりではいるが、それでも旅の間はやっぱり晴れて欲しい。

洞爺湖まで下りて太平洋を下るか、日本海をボチボチ下るか.....まだ決めていないが、まぁ楽しみではある。
うんまい物を食べてこようではないか。(^ ^)
 

梅雨のヤツ、本気らしい

 投稿者:わたべ@西新宿  投稿日:2011年 6月 1日(水)12時54分57秒
  相変わらずスッキリと晴れることが無いままの空で、いかにも梅雨入り後の空だなぁ。
もしかしたら気象庁の早とちりで『いやぁ.....実は.....まだでした.....』なんてこともあるのかなと思っていたが、どうも梅雨のヤツ本気らしい。

エゴノキもここの所の嵐のような天気で、花をだいぶ落としてしまった。
いっとき、重たい香りが部屋にも漂ってきたが、雨に消されてウンザリする程でもなかった。
スイカズラもテイカカズラも白い花びらが黄色に変色を始め、あぁ、また季節が一歩すすむんだなぁ.....と、不思議な寂しさ。
夏に向かっているのにこの感覚は、ちょっと自分でも不思議な感覚。


休みを前にして、仕事を何かやり残しているような気分になっていて、落ち着かない。
まぁ、旅に出てしまえば後は結構忘れてしまうのだが、出かける前はいつもこんなだ。
今日も帰社したら、頑張って洗い出して見ますか。


さてさて午後のアポをちゃんと終わらせて、準備、準備。
 

少し、ワクワク感

 投稿者:わたべ@汐留  投稿日:2011年 5月31日(火)08時16分15秒
  台風が行き過ぎて、昨日はほんの僅かな時間の青空だった。
今朝もまだ雲が厚い感じだが、雨はもう無さそうだ。
でも気温が低くて、窓を開けると「うっ、寒いなぁ」と声が出る。

「梅雨寒」なんて言葉もあることだし、ま、これもこの時期の陽気なのかな。
北東の湿った冷たい風が吹いて、木直だと<やませ>だ。


昨日はiPhoneを家に忘れてきてしまった。
”依存症”を実感の日だったな。
下階のアンドナンドが閉店してしまったので、最近はエクセルシオールでこの書き込みが多いが、ここは不思議なことにWi-Fiが繋がっている。
鍵マークが出ていて、本来ならパスを入れなきゃ繋がらないと思うのだが.....どうなってるんだろう。
Wi-Fiの仕組みが今ひとつちゃんと理解されていないので、?マークがポっポっポっと頭の周りに浮かんでいる。(笑)


昨日はフェリーの予約を済ませた。
小樽から木直に下りて行かなくてはならないので、今年は道東、道北方面に向かうのはちょっと無理そうだ。
行った事のない場所はたくさんあるものの、道南エリアは故郷ってこともあって、珍しさに対してのワクワク感はあんまり無い。

道東、道北だとギリギリ桜が間に合うかなぁ.....と思うが、さすがに道南の桜は終わっているだろうな。
新緑は楽しめるかもだが。

先週までは、あんまり現実感が無かったが、今週に入って少しワクドキが生まれてきた。(^ ^)
ささ、今日も一日頑張りましょうか。
 

それにしても、早い

 投稿者:わたべ@汐留  投稿日:2011年 5月27日(金)08時15分53秒
  また朝から雨模様。
近畿圏まで梅雨入り宣言が出されて、少し驚く。
5月の入梅なんて自分の中では記憶がないなぁ.....。


今年のエゴノキの花の付け方は尋常じゃない程の多さだ。
家の前も小宮公園の中にある木々も、凄まじい花を咲かせている。
隔年で花を着ける木だが、今年はやはり地震の影響もあるのかなぁ.....なんて考えている。

アカシアが花びらを雨のように降らせる様子は見たことがあるが、今年のエゴノキはエゴの雨だ。
地面が真っ白に染まっている。


二日間休んだせいもあって、もう週末になってしまった。
そして、もう5月も最終週になってしまい『5月は何をしてたんだろう.....』ってくらいに日が過ぎて行く。
今朝も、絶対にコッソリと2日飛ばし、3日飛ばしの時があったに違いないとさっちゃんと笑った。
この時の進み方も尋常ならざる感覚だ。
3月31日以降の時の進み方が、街に暮らしている身にはより拍車がかかった感がある。


さぁ、今日一日、頑張っていこう。
 

腰で、会社を休んじゃった

 投稿者:わたべ@汐留  投稿日:2011年 5月26日(木)08時09分40秒
  二日間、会社を休んでしまった。
先週幸阪治療院にいってしっかり矯正してきたつもりでいたが、月曜日にまたしてもどうしようも無い無い状態になってしまった。
午前、午後とどうしても外せない仕事があって、結局17:00過ぎに再度体をいじってもらい家に帰った。
念のためもあって、二日間家にいて体を休めていたわけだ。


今日は痛みもなく、『何だったんだ?』ってくらいに、嘘のように体は動くのだが、コルセットを念のため巻いて出社してきた。
いやはや、こうやって付き合って行くしかないんだろうなぁ.....。
無節操に食べてばかりいないで、少し体をうごかせという神様からのメッセージかもだな。(^^;;


さてさて、20日間休暇が目の前に迫ってきた。
手当をしておかなくてはって事が山積みだ。
何でこんな時に忙しいかなぁ.....。


この二日間のニュースでまたしても腹が立っているが、今日はまぁ、やめておこう。(^^;;
 

季節の花は、規則正しく

 投稿者:わたべ@汐留  投稿日:2011年 5月20日(金)08時04分28秒
  今日も気温が上がりそうだ。
空気は湿気を含み、丹沢の山並みは春霞の向こう側だ。
今年はこげ沢の花もハナネコノメとニリンソウまでだったなぁ。

エゴの木が今年はビッシリと花を付けて、そろそろあの重くて甘い香りを振りまき出しそう。
去年は全く花を付けなかった。
見事に隔年で花を着ける木だ。
ココゴメウツギも土手にたくさん咲き出した。
気がつけばスイカズラやテイカカズラも香りを振りまいている。
季節の花の規則正しさよ。


今日は仕事を終えたら、琥珀さんの車で陸前高田まで走る。
月曜日がキツイだろうなぁ。
 

昨日は飲み会

 投稿者:わたべ@西新宿  投稿日:2011年 5月19日(木)10時42分42秒
  直行で西新宿。
気温が高めだが、気持ちの良い五月晴れってところか。

昨日の飲み会は。七輪で焼き鳥を焼きながらたべるお店だった。
まぁ、焼き鳥の焼肉屋バージョンってところか。
備前の小さな甕に入ったタレをズボッと自分で付けて焼くってのは、思いの外楽しい作業だし、何よりとても美味しかった。
琥珀さん、ありがとうございました。


話題は例によって、震災であり、政治の在り方であり、原発でありってことになってしまう。
話していても、ちっとも明るい気分にはならない話題ではあるが、やっぱりやっちゃうんだなぁ。
ま、どんな時代でも繰り返されて来た、オヤジ達の飲み屋の風景ではあるのか。(^^;;



今日はこれから、まとまった大口の商談の詰めの打ち合わせが2件続く。
何て言うか.....頭の切り替えがなぁ.....。
 

ちょっと元気になってるのかな

 投稿者:わたべ@汐留  投稿日:2011年 5月18日(水)08時14分8秒
  すっきり晴れた。
これから梅雨までの間は、朝起きた時に窓を開けるのが楽しみな季節だ。
新緑はすっかり若葉に変わったが、まだ鬱蒼とまでいかない状態で、朝日に輝く。

そういえば、二十四節気も春分から夏至までの、清明~穀雨~立夏~小満~芒種については殆ど意識しないなぁ.....。
春分までは暖かくなる事へ、まだか、まだかの気分も強い。
早く季節が進んで欲しい気持ちが「雨水はまだか」「啓蟄はまだか」と二十四節気へ意識が向かうことになるんだろう。


ここに二十四節気の話題を書けるほどに、自分の中では少し落ち着きが出て来たってことかな。
被災地はまだまだ人手が必要だろうなぁ.....と思っている。
6月は、またちょとだけになるかもしれないがお手伝いに行ってくるつもりだ。
こっちが鬱になっていたら、元気だしてもらうこともできない。

ま、こつこつとだ。
 

オヤジの感想

 投稿者:わたべ@汐留  投稿日:2011年 5月17日(火)08時24分39秒
  何ともはや.....ではあるが、5月も終わりがみえて来たって言うのに、6月の頭からの旅の予定が何にも考えられて居ない。
何度も口にしてしまうが、最近の季節のこのスピード感は、生活や思考を追い越してしまっているなぁ。
こんな時に限って妙に仕事が立て込んでしまっていて、果たして今月中に休暇の準備を全部終えれるだろうか.....。


恐らくリタイアしてみて、こんなところに存在しているある種の”充実感”みたいのに気づくのかもしれないなぁ.....と、ボンヤリは想像できる。
サラリーマンってのは、やっぱりある種悲しいい生物なのかもしれんな。
「無くなって.....初めて気づく」ってことなんだろう。

そんなこと言っても、人間いつまでも生きてる訳じゃない。
どっかで、いろんなことに区切りを付けたりして行かにゃならんわけで、
こんな風に諸々の事柄にジンワリとアタフタして行くのも”老い”のプロセスなんだろう。


老害と呼ばれる、老いた経営者が一線を退けないでいる風景がある。
ある種の”充実感”が、どうしても棄てきれないでいる状態なんだろう。
それはやはり贅沢であり、幻想だろうな。

あんたが居なくても、世界は間違いなく残る。
企業が発展しようが、無くなろうが、そんな事にお構いなしに世界は恐らく何事も無かったように残る。
ましてや、あんたの充実感なんてのは、ただの贅沢だろう。


な~んて、経営者でもなんでもないそこらへんのただのサラリーマンおやじが遠吠えしててもなぁ。(笑)
仕事でアタフタしている自分を、ようやっと”外側”から見れるようになってきたオヤジの感想。
 

釣りと腰と

 投稿者:わたべ@汐留  投稿日:2011年 5月16日(月)08時07分59秒
  まぁ何とも飛ぶように日が過ぎて、また月曜日の朝。
土曜日は久しぶりに真鶴でメジナ釣りをしてきた。

3:30に車からごそごそ出て、堤防まで歩き、コマセの用意だ仕掛けの用意だとしているうちに薄っすらと明るくなってくる。
日の出が4:30くらいだから、真冬の時期と比べると2時間くらい早い出動だ。
日の出前後の1時間半くらいが勝負で、1発目に25cmくらいのが上がり、「おっ、まだ大物が居るじゃないか」と期待したが、それから延々とチビ達のオンパレードだった。

結局、10:30に納竿するまでそんなのばかり。
数だけなら100匹くらい釣っちゃったかもだ。

ずっと全遊動のフカセで釣り続けているが、さすがに、これからの時期はちょっと重いオモリで一気に底まで沈めるとか工夫が要りそうだなぁ。
今回は頑固に仕掛けを代えないで釣り続けたが、ま、次回はあれこれ工夫の釣りにしようじゃないか。


いわきに行く前から腰の塩梅がちょいと良くなくて、作業の影響もあって、残念ながらいつものストレッチだけでは回復しきれない。
今週は少し時間が作れそうだから。半年ぶりの幸阪治療院だな。
やれやれ。
 

また、怒ちゃったなぁ

 投稿者:わたべ@聖蹟桜ヶ丘  投稿日:2011年 5月12日(木)13時53分59秒
  今日も雨だ。
今晩遅くには雨雲も通り過ぎてくれるみたいだが、二日連続のこの陽気はさすがにちょいとウンザリさせられるなぁ。


中電の社長の映像、何だか腹立たしく感じられてしまう。
しっかり支援して欲しいと国に要望してるが.....。
せめて一般企業ほどの経営努力をしている姿勢無しに、
現状を維持するための支援なんて言われても、な~に言ってんだかって気分になる。
”国策”が錦の御旗なんだろうが、それならまずは公務員なみの給与体系にしてからだ。


何千億もの利益を確実に出し続けて行けてるのが、企業努力だけなら敬意も払おう。
”国策”の名の下に、利益が出なくなったら製品の値上げをして良く、
まぁ、ここまでは異常な会社だとしても、それは勝手にやったら良かろう。
それを国に保護されながら、地域独占でやれて行く商売なんてありえんだろう。

利益を圧迫するであろう代替エネルギーの、ポーズでは無い積極的な投資もせずに、
口紅1個で何十億も儲けさせてくれと言っている。
ビルを売却して安い賃貸に移ったら良かろう。
社員の給与体系に手を付けたら良かろう。
膨大な福利厚生に手を付けたら良かろう。

普通の会社は、経営が困ったらみんな普通にやることだ。
民の顔と公の顔を実に抜け目なく使い分けている姿勢が、何とも腹立たしい。
 

早いねぇ

 投稿者:わたべ@西新宿  投稿日:2011年 5月11日(水)09時03分4秒
  雨が続く。
天気図は梅雨のような天気図で、湿度も高い。
季節はそんな風になって来てるってことだ。
今朝もさっちゃんと、もう11日だって話しになり、何日か飛ばしで日が過ぎてるようだなんて笑った。
11日以降、一層早いような気がする。


今日は直行で西新宿。
中野さんの会社のビルの地下で珈琲。
これから打合せを1件。


さてさて、今日も頑張りましょう。
 

現実を、ちゃんと見ているんだろうか

 投稿者:わたべ@西新宿  投稿日:2011年 5月10日(火)09時03分24秒
  今の生活レベルが”全て”で、それを維持する事が大前提の議論がまかり通る。
津波の被害と原発の被害を一緒くたにしちゃいけないと思う。

しかし、相当冷静に眺めても<レベル9>の原発事故が起きてしまっている事実に目をつぶっちゃいけない。
「町が.....」「雇用が.....」「代替エネルギーが.....」「企業経営が.....」と言うけれど、福島の現実を何と思って発言しているのだろうか。
村や町を捨てなければならない人が、10万人規模で実際に日本中に散りじりになってしまっている。
同じ場所ではもう、漁業も農業も出来ない現実。
故郷そのものが消えてしまうかもしれない現実。
それは、いたずらな不安や妄想ではなくて、東京から100数十km先で実際に起きている現実なんだ。

この現実に、どのような理由を付けて「雇用が.....」「企業経営が.....」と発言出来るの?
自分に降りかからなければ、街の暮らしが維持出来れば、ボーナスがたくさん貰えれば、そんなのには目を瞑って「まぁ、我慢しとけや」って言うんだろうか?

災害の復旧も電気無しではあり得ないだろうし、避難所の人達だって、夜の明るさに途轍もないARIGATASAWOかんじているだろうと思う。
でも、議論をごちゃ混ぜにしちゃいけない。


政治もマスメディアも絶望を誘うことが多いけれど、ここで絶望だけしてたらいかん。
 

成田エクスプレス

 投稿者:わたべ@成田エクスプレス  投稿日:2011年 5月 9日(月)05時41分38秒
  今日はこんな時間に成田エクスプレスに乗っている。
これから海外って訳じゃなくて、会社にむかってるだけだが。
本当は朝一のアポで八王子市内の予定だったのだが、肝心のプレゼン用の提案書を持ってくるのを忘れてしまった。
仕方がないので、いったん会社に行って必要な資料をプリントアウトして、とんぼ返りでまた八王子に戻ってくる。
やれやれ。
連休前にバタバタがあったとはいえ、なんてこったい。

車内は、さすがにガラガラだ。


GWも終わった。
さてさて、今日からまた頑張りましょう。
 

福島県いわき市でボランティア活動をしてきた

 投稿者:わたべ@自宅  投稿日:2011年 5月 8日(日)06時13分51秒
  29日にいわき市に到着して、4日間だけだが災害ボランティアに参加してきた。
mixiには毎日ほんの少しの感想を書いておいたので、ここにも張っておきます。



2011年04月29日  小玉ダム湖畔にテントを張った

いわき市内から10数キロ山に入って、小玉ダム湖畔にあるキャンプ場にテントを張った。
当然なのかもしれないけど、誰も居ない。
芝生の上でテントが張れるとは思わなかったなぁ。

食事して、明日の下見に市のボランティアセンターに来てみた。
役所の周りは全く何事も無かったような日常の感じがする。

普段のいわき市内の様子を知らないので、もしかしたら車や人の流れは極端に少ないってことなのかもしれないが、コンビニもスーパーも普通の営業をしているようだ。
明日から、どんな場所に行くことになるかわ分からないけど、いまの市内の様子を眺めた限り、津波が全てだったんだなぁ.....って感じだ。


いわきの山は、いま山桜が真っ盛り。
キャンプ場は天国のようだ。




2011年04月30日  これから現地へ

オリエンテーションから、作業のマッチングまでの時間がかかっている。
参加者が、ざっと300人くらいかなぁ。
ここのスタッフも大変だな。
8:30に到着して、11:00に現地に向かえるかどうか.....。
これで、1000人単位の気仙沼なんかだと大混乱なんだろうなぁ。


さぁ、けがの無いように、頑張りますか。




2011年04月30日  1日目、終了

大混乱で、”車を出せます”登録のポストイットが行方不明になっていたらしく、2時間待って現地に向かった。
小名浜港から2kmほど北上した小さな漁港がある”中の作”というエリア。
港の目の前のお宅で、家は残っているものの殆どの家具が使えない状態。
全員で家具やら冷蔵庫やらを運び出し、市の用意した瓦礫の一時置き場まで運んだ。


海岸線を走ったが、実際に見ても『何が起きちゃったんだろうか』と思ってしまう。
今日お邪魔したお宅のおばぁちゃんは、避難して助かったけど家は流されてしまったとのこと。
『津波なんか、来ると思わなかったものぉ』と話していた。



被災地見物はいかんが、今回の災害をこの目で見ておくってことは、意味があることの様な気がする。





2011年05月01日  二日目、終了

今日は豊間地区。

いわきでも一番被害の大きかったエリア。
それはもう、やはり言葉を失う景色だった。
瓦礫の山を縫うように、細い道がかろうじて復活してた。
こころが折れそうになる。


今日は側溝の泥を掻き出す作業で1日。
さすがに腰にきたなぁ。





2011年05月03日  三日目

三日目は永崎地区。
二日前に入った中ノ作地区の少し南側の海岸。
カマボコ工場の中の砂を土嚢袋に入れて運び出す作業と、工場の中の整理。
外から見た感じはそれほど大きな被害には感じなかったが、中の砂はすごい量だった。


地区によっては、少しずつ明るさを取り戻しているところもあるけど、昨日のおじいちゃんはさすがにまだちょっと元気がなかったなぁ。
休憩時間にジュースを出してくれて、恐縮した。
『ホントはよう、カマボコを5本ずつでも持って行かせたかったんだけどよぉ.....』と、肩を落としていた。




たくさんの人たちが、毎日社会福祉協議会の建物にやって来る。
駐車場は車中泊をしている人達の車でいつもいっぱいだ。
県外のナンバーが殆ど。
受付の時間になると5人並びで、もくもくと何列もの行列が出来る。

この4日間で、改めて『人間って、すてたもんじゃない。信じていいな』と、強く思う。
センターの壁。
模造紙に励ましのメッセージがたくさん書いてある。
その中に、『あなたが笑うまで 長崎から』と。
なんだか、泣けた。





2011年05月04日  四日目

四日目は久ノ浜地区。
ここも豊間地区と同じように壊滅的な被害の場所だった。
お邪魔したのは町内会長さんのお宅で、近所の瓦礫の整理と側溝の清掃だった。
周りは瓦礫の山ばかり。

町内会長さんとその友人が割と元気良く、町を復興させようとテキパキと指示してくださった。
側溝のコンクリートの蓋を持ち上げる道具に感心して、『これはいいな! これは町内でも一つ買った方がいいな』と前向きな発言。
一緒に行ったボランティアの仲間から歓声と笑い声が上がった。

そう、ホントに小さな一歩だけど、こうやってジワっと町が立ち上がってくれたらいいな。



お手伝いは昨日までにして、今日はあだたら高原キャンプ場に向かっている。
郡山のJBさん達と合流してキャンプだ。

友人を元気付けるのも、ボランティア。(^ ^)
 

さ、今日も元気良くやりましょうか

 投稿者:わたべ@汐留  投稿日:2011年 4月28日(木)08時02分20秒
  すごい風が吹いた。
家の前は夕べの風で落ちた葉っぱや枝で、台風?って感じだった。
ひよどり山を下る時にみた丹沢は雲が切れ始めていて、富士山もクッキリ
だった。
このまま気温が上がるらしいが、今日一日は一気に初夏の陽気になりそうだ。


最後の1年だというのに、仕事が立て込んでいて、喜ぶことなのかどうか.....複雑な気分だなぁ。
6月は20日間の休みを取る予定で、会社には申請してあるが、この調子だと居ない間の処置をどうするかってことに頭を悩ませそうだ。
最後の最後まで、仕事に充実した忙しさを感じたままで過ごせることは、まぁ、幸せなサラリーマン生活だったってことかな。



汐留のビル群の隙間からの空に青色が多くなってきた。
さ、連休前の最後の1日。
元気良くやりましょうか。
 

早く、早く

 投稿者:わたべ@日野  投稿日:2011年 4月27日(水)09時54分26秒
  南風が頬に当たると『おっ、暖かいな』と感じる朝。
ひよどり山の緑も、日増しに濃くなって行き、今朝の日射しは初夏の色だ。
東北も随分と暖かさを感じられるようになって来たのかな。


政治の姿は、もう無力感ばかりを感じさせるが.....まだ避難所の人の数は10万人規模なんだよなぁ。
今の命を救わないで、何をしようと言うのか。

宗教家でも無ければ、いい人でもないけれど、まだ食べる事、寝る事が不自由な状態の人を見ていると胸が痛い。
せめて仮説住宅だけでいいから、直ぐに、直ぐにやって欲しい。
遺体がそこここにあるかもしれない、凄まじい人が体調を壊したり亡くなっったりしてるって時に、中長期のビジョンを語る姿には毎度々々の怒りだ。

なんでこんな人をリーダーに選んでしまったんだろう。
忸怩たる思いだ。
国のリスク管理は、僕ら一人一人の責任なんだなぁ.....と、しみじみ思う。



昔から付き合いのある部長が役員になったので、昨日、表敬訪問していろいろ話し込んできた。
話の中で、企業のリスク管理の重要な要素は、経営層の無能さをチェックする仕組みがあるかどうかって話しになった。
こんな非常時には、議会制民主主義の虚しさと限界を思い知らされるなぁ。
 

空気が、気持ちのいい日

 投稿者:わたべ@新百合ケ丘  投稿日:2011年 4月26日(火)11時57分57秒
  久しぶりに新百合ケ丘の駅に来たが、いつも立ち寄っていたエクセルシオールが、外のテーブル席も禁煙になっていた。
喫煙可の珈琲屋さんがなくなったなぁ。
まぁ、それほど声高に語れる事でもないので、何というか頭をうなだれてとぼとぼ探したら、1階にPRONTOが見つかった。
土地柄が時代の流れか、禁煙席の方が圧倒的に多い。
生きてる間は、まだこんなことが許された状態でいるだろうか.....。(^^;;
まぁ、波風立てずに残りの人生が過ごせたらいいなぁ。(^ ^)


今日はよく晴れて、湿気が少ないのか、気温の割には空気が冷たく感じられる。
外を歩くには気持ちのいい日だ。
新緑も出揃って、濃さを増して来た。
家から眺める奥多摩の山々は、まだら模様がクッキリしてきて、あぁ、何処かに出かけたいなぁ.....と、旅心が刺激される。


さぁ、午後も元気に過ごしましょうか。
 

まぁ、淡々と働いて来ようではないか

 投稿者:わたべ@汐留  投稿日:2011年 4月25日(月)08時16分1秒
  不安定な予報だったので、予定した三春の桜は見ない週末になった。
あれこれ買い物をして、GWの準備の一日だった。

ネットであちこちボランティアセンターの情報を集めてみた。
まだ、ネットを更新する人員も足りていないようで、どこが必要とされていて、どこが足りないのかが、よく分からないのが実情だ。
各エリアの社会福祉協議会の情報も、本来の機能には遠いようだ。
いわきは当日直接ボランティアセンターの窓口に行って申請するようだ。
連休で全国からたくさんの人が集まるだろうから、ま、邪魔にならない程度に手伝いをしてこよう。


思い入れのある福島の手伝いをしたいなぁと思い、いわき市のボランティに出かけようと決めた。
どんな作業やお手伝いがあるのかはっきりしないが、まぁあれこれ道具も積み込む予定だ。
寝場所は無料のキャン場が見つかったので、そこから通いにしようと思う。
第一原発から40km~50kmってところだから、GWとは言え、さすがにだれも居ないだろうから、
ちょうどいい。(笑)

せいぜい1週間だから食料はそれほど問題にはならないだろう。
初めての場所だが、地図を見ると渓谷もあって、水もなんとかなるだろう。


ま、気負わず淡々と働こうではないか。
 

新緑だらけだねぇ

 投稿者:わたべ@日野  投稿日:2011年 4月21日(木)12時47分44秒
  葉桜は少し赤みを残してだんだんと緑を濃くし、追いかけるように八重桜が咲き出した。
遠くから眺める向こうの丘は、全ての木々がグラデーションを混じり合わせて山全体を笑わせて来た。
今日は八王子を車で走り回っているので、16号線の高い場所からだと、見渡す限りの新緑の海だ。
はぁ~!と車の中でため息をつきながらの運転だ。(笑)

道沿いの生垣のドウダンツツジは、白く可愛いツボ型の花をびっしりと付けている。
ケヤキもヤナギも桜も若い緑色を溢れさせて、街中を埋めている気分になる。


今朝の朝日に三春の桜が満開になっているニュースが載っていた。
人の数も5分の一くらいだそうだ。
しだれ桜をしみじみ眺めて来ようではないか。


さ、午後のアポだ。
 

男を示せ、菅さん

 投稿者:わたべ@汐留  投稿日:2011年 4月20日(水)08時10分7秒
  久しぶりの本格的な雨で、草も木も潤ったことだろう。
この時期にしては随分と強い寒気で、夕べは寒かった。
今朝も冷たい空気は残ったままだが、この日差しならじきに暖まって来るだろう。

三陸はみぞれ混じりの陽気だったから、さぞかし寒かっただろうな。
せめて仮設住宅が早くに進んで欲しい。
資材の不足も建設場所の確保も、やれば出来ると思う。
リーダーの指示と実務部隊の能力とやる気だけだ。

会議だ委員会だと数えきれないどうでもよさそうな組織を作ってる場合じゃ無い。
指示系統が通ったサブリーダーにどれだけ権限委譲するだけだろうに。
最後の最後は全ての責任は自分が.....って意志と意気込みは、必ず伝わるものだ。
”今”にしがみつこうなんて姿が見えるから、だれも信用しなくなる。

男を示せ、菅さん。
そしたら、どんだけ後世が評価する事か。
 

冷たい雨

 投稿者:わたべ@聖蹟桜ヶ丘  投稿日:2011年 4月19日(火)09時27分25秒
  ソメイヨシノがすっかり散ってからの雨になった。
いつもならこんな冷たい雨が花を散らす事が多いのだが、今年は風で散ってからの雨だ。

直行で聖蹟桜ヶ丘なので、朝はゆっくり寝ていられた。
やっぱり寝る時間がちゃんとあると体は楽だな。

気温が下がって寒いくらいだが、まぁ、こんな繰り返しで春は進む。


さ、今日も元気で。
 

山は、春の景色

 投稿者:わたべ@汐留  投稿日:2011年 4月18日(月)08時21分42秒
  久しぶりに小菅の小屋で寝て来た。
ほんの少しだけど薪割りもして、焚き火をタップリと。
火を燃やす事が、本当に好きなんだなぁ.....と再認識。(笑)

雨が少ないのでフキノトウが数えるしか出ていなかったが、ヨモギと一緒に摘んで来て天ぷらでいただいた。
カンゾウとワサビもちょっと摘んで来た。

小屋の横に移植したマメザクラ。
小屋に到着した時は1輪か2輪の開花だったのに、小屋に滞在している1日の間で満開になった。
とは言っても、ソメイヨシノと違って、華やかさより淡さといってもいいくらいの満開だったが。
下界は新緑が始まりかけていたが、小屋まで上がると、そばで見て芽吹きが始まった事が分かるくらいだった。
あと1週間で、小菅の山もモヤ~っと霞み出すんだろう。
ホントに好きな季節だ。


小河内ダムの駐車場でちょっと休憩。
ここまで下ると、ソメイヨシノもヤマザクラも同時に満開になっていた。
今年の桜は、北国の咲き方だ。
レンギョウの黄色、ツツジの鮮やかな紫、ユキヤナギの白、桜の種々のグラデーション。
萌え始めた山肌に、ポッ、ポッと桜が滲んで見える景色は、もうもうため息が出る。



さぁて、月曜日。
元気に、元気に。(^ ^)
 

お疲れ様でした

 投稿者:わたべ@汐留  投稿日:2011年 4月18日(月)08時01分35秒
  >  kurooさん

小菅の山は落ち着きますね。1泊してきました。
暑くもなく寒くもなく、グッスリ眠れました。(^ ^)

6月からの岩手行きは、大変でしょうが、いま出来る事をですね。(^ ^)
 

明日はよろしくです

 投稿者:kuroo  投稿日:2011年 4月15日(金)14時10分4秒
  渡部さん こんにちは
明日は9時頃には着く予定ですが、舩木さんとこの用事が2時間くらいかかると思うので、山小屋に登るのは11時ころになりそうです。
よろしくお願いします。
 

優先順位は、何だろう?

 投稿者:わたべ@汐留  投稿日:2011年 4月15日(金)08時29分0秒
  都心から数日遅れで、ひよどり山の桜も散り始めた。
今日も気温が高いらしい。
まだ体育館で寝てる人達には、ありがたい日差しだろうなぁ。


“復興会議”が必要無いなんて言わないし、いつかはきっと幸せな日々がやって来るようにしなきゃって思うけど、
短期で、中期で、長期でと考える事が違うんじゃないのか、菅さんや。
まだ10万人の規模で、毛布にくるまって冷たい体育館の床で寝てなきゃいけない人がたくさんいるんだから、復興じゃなくて復旧だろうに。

リーダーだから、短~長まで全てを見通さなくちゃいけないけれど、
優先順位を決める時に、どうにも何か定的に欠けてる人なんだろうなぁ。
恐らくどれもこれも、優先させなきゃってことばかりだろうが、それでも順位を付けて行くのがリーダーの役割だろう。


どんな施策も、万人にフィットする事は無いかもしれない。
都市計画だって、次の津波への対策だって、産業の復興だって、事業の救済だって、どれも蔑ろにはできない問題だ。
ただ、大上段に振りかぶって政治の本質論を議論する気は無いが、少なくとも、いまの東北では目の前の命を最優先するってのが大前提のような気がするが.....どうだろう。
 

GWは何かお手伝いをしようと思う

 投稿者:わたべ@新宿  投稿日:2011年 4月14日(木)11時41分45秒
  結局、都心の桜は一度も見る事がなかった。
もう葉桜になったらしい。
こんな年も無かったなぁ.....。
徐々に、桜に心が動かされなくなって来たが、いつからくらいか.....10年くらい前からか。
決して嫌いな花では無いが、若い頃に弾むような気持ちで待ち、眺めた気分はもうあまり残っていない。
毎年々々、蕪村の気持ちが分かるようになってきた。
それでも、もっともっと年をとったら、また桜を眺める気分にも変化が現れるのかもって気がしないでもない。


GWは佐渡のつもりでいたが、10連休ってこともあるし、いっちょ福島か岩手で何かお手伝いをして来ようと思っている。
寝ることも食べることも、いわゆる“自己完結型”の遊びを長いことやってきたから1週間くらいは大丈夫だろう。
昨日テレビを見ていたら、遠野に静岡のボランティア団体が建てたプレハブから大船渡あたりまで行ってるらしい。
まぁ。あまり気負わず出来ることを出来るだけだ。
何度かお世話になった住田のじぃちゃんは元気で居るだろうか。
 

晴れてるよ

 投稿者:わたべ@中野  投稿日:2011年 4月12日(火)12時35分58秒
  よく晴れているけれど、気温が少し低めだ。
満開のちょっと手前の雨で、予報はしばらく晴れの予報だったが、今朝の風でずいぶん散ってしまったのかな。
それでも、中野の駅前は満開の桜だ。
少しは花冷えくらいの気温が、かえって春の気分になる。


余震と頭じゃ分かっていても、慌ててしまうなぁ。
テレビの速報を見ていると、福島は一日中と言ってもいいほど揺れている。
プレートが落ち着くまでは、こんな状態が続くんだろうが、落ち着かないだろうなぁ.....。



仕事も少し立て込んでいて、こんなことで少し元気を貰ってるってことだ。
さぁ、元気に!
 

さぁ、さぁ、今日も元気出して

 投稿者:わたべ@汐留  投稿日:2011年 4月11日(月)08時08分36秒
  卯月も十日が過ぎてしまった。凄まじいスピードだ。

昨日は小宮公園で花見。ソメイヨシノがあちこちで満開だ。
逃げ出したハナニラが原っぱに勢力を広げ始めていて、遠目にも白が目立つようになって来た。
桜が遅かったのか、芽吹きが早いのか、ソメイヨシノの向こうに新緑の気配が濃い。
ヒメウツギは未だだけれど、ホトトギスの喧しい鳴き声は聴こえてくる。
ホントにいい季節が来た。
これから梅雨の前まで、好きな季節だなぁ。


さぁ、さぁ、今日も元気出して。
 

さぁ、今日も元気でいるぞ

 投稿者:わたべ@西新宿  投稿日:2011年 4月 8日(金)13時06分46秒
  今日が締め切りの契約書を届けて、西新宿。
今日はこれから崩れて来るらしいが、いまはまだ花曇り。
今夜から明日にかけて雨の予報だが、これくらいの開花なら桜はまだ残ってくれるだろう。


宮部みゆきの新刊をゆっくり読み終えた。
人情江戸ものに、シリーズのお決まりで怪奇要素が入り、軽く読めちゃうのがいい。
悪人が出ては来るけれど、嫌悪感をもよおす様な悪人になっていない。
殆どの作品に共通するこの作家の特徴だけれど、今回も同じだ。
読んだ後にホワンと元気な気分になる。

全ての要素が、人の“弱”や“哀しさ”に落とし込まれて行ってるってことなんだろうなぁ。
一昔前の純文学の機能論的な議論になると、散々な評価になるんだろうが、自分の人生はこれで良いやって気分になる。



今日も元気出して、前を向いてだ。
今日はこれからおっきな仕事の打ち合わせでちょっと緊張しているけど、こうやって一歩ずつだ。
僕らの元気が、きっと役に立つ日が来ると思う。

修羅場で血圧を測っている看護師さんや避難所で魔法をかけまくっているリタイアした高齢の看護師さん。
瓦礫を押し上げて遺体を発見している自衛官、大量の支援物資を運んでいる運転手のおっちゃん、瓦礫を片付けているボランティアの高校生。
どの人にも、今の僕にはなれないけれど、でも元気で居よう。

きっと、僕のこの元気が役に立つ日が来るかもしんないもんな。
 

なかなか前向きのことが書けないなぁ

 投稿者:わたべ@汐留  投稿日:2011年 4月 6日(水)08時31分20秒
  レンギョウの黄色が目立つようになってきた。
コナラやケヤキやエゴの芽吹きも始まり出し、雑木林は新緑直前の雰囲気になってきた。
気がつけばあちこちに立ちツボスミレの紫が目に入り、“ゆかし”という語が持っている本来の意味がジワっと伝わる。
変わらず季節は過ぎて行くのになぁ.....。



津波の被害は想像を絶するものだったし、たくさんの人の命を生活を奪ってしまったが、
原発の事故が無ければ、こんなに暗い気持ちにはなってなかったんだろうな。

前のカミさんを送り、オヤジを送り、お袋を送り、生きているってことは、こうやって行きてる人間間が送り続けるってことなんだろうなぁ.....と、ここ10年は腹の底ではシンとした気持ちで生きてきた。
3万人にのぼる亡くなった人、行方が分からない人の周りには、こんな思いを持たざるを得ないひとがその何倍も居る。
子供もじぃちゃんも、ばぁちゃんも、人は居なくなるのだけれど、それは当たり前の事なんだけれど、居なくなってからジワジワ分かってくる。
これは自分の中では、無常観なんてカッコいいものでは無く、ある種の捨て鉢な気分と言ってもいいようなものだった。


こんな物言いは、被災された方々にはとても不謹慎な物言いなんだろうな。
でも、自分のこの落ち込んだ気分の底にはこんなことが横たわっているような気がする。


前を向いて行けば、きっと光はあるって事を書きたいけれど、今朝はそんな日か。
そんな自分の不甲斐なさに、また落ち込むなぁ。
 

パンドラの匣だったんだろうなぁ

 投稿者:わたべ@汐留  投稿日:2011年 4月 4日(月)08時25分56秒
  今朝は晴れた。
朝の気温は低いが、今週は暖かくなって行きそうだ。
丹沢の霞み方もだんだん濃くなってきた。
桜も開花が進むだろう。

週末は久しぶりに真鶴に行ってきた。
コッパが意外に少なく、27cmを筆頭に、そこそこ釣れた。
針とハリスごと持っていかれたのが何回かあったから、まぁ楽しい時間だった。
冬が寒かったこともあって、まだ水温が低いって事なんだろう。

東北もホンの少しずつだけれど動き出しているような感じで、先は長いけれど、そんなニュースを見て嬉しくなる。
原発は相変わらず垂れ流しを続けていて、何ともやりきれない。
凄まじいことがだんだん麻痺していってしまうことが、暗い気分の大元のような気がしている。
出ている情報がホントに全てなのか?って気分がずっと振り払えないから、そこらに溢れている最悪のシナリオの情報にアタフタしてしまう。



使用済みの核燃料の始末を決めないまま、延々とやり続けるってのは、どう考えてもやっぱり変だ。
原発の新設計画を考えていたってのは、どう考えてもそれら一切に目をつぶってとしか思えないが、どうなんだろう。
それほど馬鹿な人間ばかりでも無いだろうから、LCCを追求された時に、何らかの反論をして作り続けて来たんだろう。
そんな議論はどこに行ったんだろうか?
地球温暖化で押し切られてしまったってことなんだろうか。


安全・安心を犠牲にして、次世代にツケを溜め込んで行く。
仏はどんな国なんだ?


核物質を人殺しではなく、生きる為に使う.....やっぱりパンドラの匣を開けちゃったんだろうな。
 

読了

 投稿者:わたべ@汐留  投稿日:2011年 4月 1日(金)08時22分10秒
  ふ~!
すんごい小説を読み終えた。貫井徳郎 『空白の叫び』文春文庫
何ともはや、すんごい存在感で感想の言葉が出て来ない。
いまエクセルシオールで読了したばかりなので、もう少し自分の中でこなれたら何か書くこともあるかもだが、ちょっと言葉が出ない。
まぁ、好き嫌いはあるだろうが、本好きには勧めたい。


暖かくはなっているのだろうが、朝の気温はそれほど実感がないなぁ。
3月はあっという間に過ぎ去って、今日から4月。
年度初めであり、フレッシュマンたちの出社の日だが、ちっとも弾まない空気だ。


都市計画の話しだとか、ポツリポツリと少しだけど前向きな話しも散見されるが、なかなか前を向く気分になれないなぁ。
さぁ週末だ。空元気でもいい、遊んで来るか。
 

潮の流れ

 投稿者:わたべ@四谷三丁目  投稿日:2011年 3月31日(木)09時40分5秒
  今日は研修立会いの2日目。
会社へ寄って来たので、この時間になってしまった。
今朝の気温は高くて、ソメイヨシノも確かに開花だよなぁ.....って気になる。
かえって節電で暖房を止めている電車の中の方が寒かった。


昨日気になってHPを探して、千葉から東北あたりのの潮の流れを調べてみた。
黒潮は銚子沖から東にむけて大きく逸れていくが、海岸沿いの流れは岩手・福島あたりから銚子にかけて南下して来る。
毎日あの排水口の映像を見せられると、さすがに地磯に居つく種類の魚貝と海草には影響するだろうと思ってしまう。
まぁ、地面と違って動くので希釈効果はあるとしてもだ.....。


週末は真鶴の予定だけれど、相模湾へも影響してるかなぁ.....。
 

準備は必要だろう

 投稿者:わたべ@四谷三丁目  投稿日:2011年 3月30日(水)07時42分22秒
  直行で四谷三丁目。
7時には着いたが、角のドトールは7:15の開店で、この15分が寒かった。
少し寒さは緩んで東京もソメイヨシノが開花したらしいが、朝はまだコートが要る。
自粛要請は余計だが、かといってソメイヨシノを愛でに出かける気分も湧いて来ないなぁ。
メーカーの生産だけでなく、僕らがこう縮んでいたんじゃますます経済は冷えるんだろうが、こればっかっりはなぁ.....。


週末は久しぶりに真鶴に行くか。
三陸の様子を見ると、小田原あたりから伊豆半島は東海地震の津波を真剣に考えなきゃいけないだろう。
山と山の隙間に家がある地形ばかりだからなぁ。
今回の色んな映像を見ていると、海岸線に関しては15分でとにかく行動を起こしていないといけないみたいだ。
あそこの堤防に居て15分で高台まで逃げ切れるかなぁ.....。
神社の階段を登りきれたら何とかなるか。

数百年から1千年の単位とはいえ、東海地震とは別なプレートだった訳で、関東・東海ってのは’これを教訓に準備して居てもいいエリアだ。



さてさて、今日はちょっと緊張の1日。
頑張りますか。
 

不愉快さはつのるなぁ

 投稿者:わたべ@汐留  投稿日:2011年 3月28日(月)08時12分3秒
  キーボードの電池切れか、Bluetoothが飛んでくれない。
タップの入力も便利ではあるが、さすかfにキーボードスピードと便利さには及ばない。
最近はHPの更新もサボりっぱなしなので、自宅のデスクトップのキーボードを叩くことがホントにすくなくなった。
それぐらいに大活躍のリュウドのキーボードだ。

入力自体はタップでもそれ程ストレスは無いが、iPhoneにはカーソルキーが無いのが不便に感じる。
入力画面いっぱいになってしまうと、大昔の2行表示のワープロ機のように全体をイメージしながらの入力になってしまう。



寒さの峠も今日までかなぁ.....お彼岸を過ぎての寒さが続いていた。
開花宣言もポツリポツリと聞こえて来るが、いつもの年に増して心が弾まない桜だ。
三陸が暖かくなるのは嬉しいが、こっちの春はそれなりでいいや。


相変わらず東電の不様な姿が映し出されていて、不愉快さをつのらせる。
なんで一線の担当者ばかりが毎度話してるんだろう。
せいぜい課長クラスに見えるが、せめて本部の本部長クラスが毎回立ち会えばよさそうに思うが。
専門的な深さは無いにしても、立会いしてもバチはあたらないだろうになぁ。

今すぐつぶすわけにはいかないだろうが、まずは一回解体ってのが妥当な線か。
国策として温存させてきた歴代の自民党政権のほうが、こと原子力政策に関しては罪は深いカモだな。
 

何を信じたらいいものやら

 投稿者:わたべ@高田馬場  投稿日:2011年 3月25日(金)09時35分13秒
  こんな時代だから情報収集そのものは、比較的出来やすいんだろう。
精査が厄介だ。

おそらくヒステリックにもならずに、正確な情報を発信している学者や研究者がいるのだろうが、
いかんせんこちらに専門知識が無さすぎる分野だけに、見付けたブログを読むたびに心なかで右往左往してしまう。
危険な発想ではあるが、立花隆は何を考えてるんだろう.....なんてことを思ってしまう。
研究費を、おそらくジャブジャブ浴びていた東大、阪大の“御用“は論外だけれど、かといって正反対のヒステリックな叫びを聞かされても戸惑うばかりだ。


政治家とリーダーシップとブレーンということをずっと考えている。
一般ピープルってのは切ないものだ。
 

ありがとうございます

 投稿者:わたべ@汐留  投稿日:2011年 3月23日(水)08時18分20秒
  >でいなさん

どうもありがとうございます。
たしかに可愛らしく撮れましたね。(^ ^)

もう出かけられましたか?
この写真は影信山の登山口のところで撮ったものですが、今週末は川の全ての場所で咲いていると思います。
 

お久しぶりです

 投稿者:でいな@自宅  投稿日:2011年 3月23日(水)00時33分5秒
  トップのネコノメ。
最近では一番可愛く撮れたのではないですか?
思わず投稿してしまいました(^^)
 

三陸にも、早く春が来るといいなぁ

 投稿者:わたべ@汐留  投稿日:2011年 3月22日(火)08時01分50秒
  朝のニュースで電車の運行状況を確認して、京王線は80%とのことで、いつもより20分早く出た。
乗り継ぎや電車の種類のせいなのだろうけど、汐留には40分弱早く着いてしまう。
春分の日を迎えたけれど、あいにくの寒波で、冷たい雨だ。

週末は木下沢を歩いて来た。
見た目は冬枯れの林道だけれど、スプリングエフェメラル達が春の息吹を感じさせてくれる。
ニリンソウ以外は、ほんの数mmの大きさなので、腰を屈めて目を近づけて歩く。

いつものようにまずはタチツボスミレが出迎えてくれる。
出始めた茎や“距”が、まだ奇妙なねじれ方をしていて、「いま、頑張って土を押しのけて来ました!」って風情がいじらしい。
しばらく歩くとユリワサビの真っ白な花びらが目に付き始める。
数mmの花だけれど、マクロレンズで覗くので、視界一杯で見ることになる。
アングルファインダーを覗きながら、地面に這ったり不自然な格好でシャッターを押し続けているうちに、世界は花だらけになる。

ふと気が付いて回りを眺めるとまだ冬枯れの林道。
この不思議なギャップが、何とも言えない感覚だ。

影信の登山口まで歩いてお昼。
目の前のフサザクラが随分と色を濃くしてたくさん花を付けている。
今年の木下沢は、いっぺんに花が咲き出しているようだ。


三陸にも早く春が来るといいなぁ。
 

あれこれ

 投稿者:わたべ@汐留  投稿日:2011年 3月16日(水)08時09分47秒
  念のためと思い、45分ほど早く出たら、この時間帯の電車の運行はいつも通りらしく、それ程の混雑も無かった。
おかげでやけに早く汐留に着いてしまった。
いつものドーナツ屋さんは、今日は店を開いていない。
久しぶりにエクセルシオールで珈琲。


昨日の停電後くらいだから10時台のNHKだな。
東大の教授の発言が、今回の御用学者の中では筆頭に腹立たしかったなぁ。
学問の正確さを優先させ、断定的な発言を避けるってのは、おそらくどんな分野の学者にもあるだろう。
文学部の教授だって似たような連中はたくさんいる。

事がこんな時の原子力ともなると、社会全体に与える影響を考えると慎重な発言になることは、まぁある程度仕方がない。

にしてもだ、明らかに危険なことは危険であると発言しろ!と何度も思った。
東電や保安院の方を見ながら、口先でこっちに説明している姿がありあり。
アナウンサーの無知さ加減も腹立たしいが、まぁこんな時だし素人の発言と大目にみてやろう。

昨日の教授は、アナウンサーの発言に「ちっ、バカなことを」って顔を露骨にしていた。
その割りには、専門用語を隠れ蓑に曖昧な発言の繰り返し。
『そんなことは今の映像で分かってるだろうが!』と、思わずテレビに突っっこんでしまった。

まぁ、各種の学者、評論家のコメンテーターに共通の現象ではあるが、こと今回の放射能もれに関しては“御用系”と“そうじゃない群”がくっきりしているなぁ。


放射能の影響が極力低いことを祈るばかりだ。
人体に影響のある無しを軽々しく発言しているが、次の世代の子供への影響をそんな簡単に誰が言えるのだろうか。
遺伝子への影響を考えたら、何十年も先のことが心配されるんじゃないのかな。



何十時間ぶりに救出のニュースを見て、何とも救われた気分になる。
避難所に居る中学生たちが<頑張れ高田!>を模造紙に書いて体育館の壁に貼っているニュースが流れて、泣けた。
自前の食い物や寝床無しにボランティアも無いが、募金しか出来ない自分が何とももどかしい気分にIなる。
 

明日も釣りだ

 投稿者:わたべ@新宿  投稿日:2011年 3月11日(金)12時01分11秒
  午前中の仕事をサッサと終わらせ、吉野家で牛丼、珈琲は今日もドトールで。
高層ビルの谷間を歩くと確かに風は冷たいし寒い。
ただ日向に出ると、まぁそれほど我慢ならない程の寒さではないかな。

日曜日あたりから暖かな空気が入ってくるらしい。
いよいよ春本番を実感できるよう陽気がやって来そうだ。
週末はやっぱり釣りだ。(^_^)


夜明けがだんだんと早くなって来て、釣り開始の時間も早まって来た。
今日の夜に出て、いつもの様に半島で車中泊。
何度やってもワクワク、ドキドキなので夜が早く開けて来ることは嬉しい。

さぁて、大物が上がってくれるかな。(^ ^)
 

読了

 投稿者:わたべ@汐留  投稿日:2011年 3月10日(木)08時36分23秒
  日が伸びたなぁ.....と実感する。
直行で朝が遅い以外は大体5:30の目覚ましなのだが、カーテンを開けた時に、明るさがはっきりと感じられるようになった。
ライフスタイルにもよるだろうが、ある時点を超えると急に時間が早まるような不思議な感覚だ。
自転も公点もほぼ同じ時間でしか変わっていかないのに、自覚される時間に、こんなに違いがあることが面白い。
50代に入ってからの1年の進み方も凄まじいが。(笑)


今朝の丹沢の山並みの見え方は綺麗だった。
空気が澄んでいるってことなのだろうが、この冬の最高の見え方だったかな。
この冬型が崩れて次の高気圧が来る頃がちょうど春分くらいだろうから、
「暑さ寒さも.....」がぴったり重なり、昔の人は上手いことを言ったものだと感心することになりそうだ。


木曜日。今週は早いなぁ。
3月もあっという間に過ぎて行きそうだ。


立花隆の新刊を読了。
めっちゃ面白かった。ガン研究の最先端の現状を実に分かりやすく述べてある。
同じ膀胱がんだったってことも、何だか親近感が生まれる。(笑)
ガンの殆どのことが分かっていないこと、生命の発生そのものに関わる要素だからこそ厄介であること、
ガンゲノムの解析がもしかしたら最後の砦かもしれないこと、何というか『へぇ~!』ってことが次から次へと出てくる。
付録で付いているNHKスペシャルのDVDが本の中身の理解を随分と助けてくれる。
超お勧めである。(^ ^)
 

立花隆の新刊

 投稿者:わたべ@新宿  投稿日:2011年 3月 8日(火)11時12分35秒
  低気圧が去って冬型に戻ったけれが、日差しがあると何となく暖かく感じられる。
雨があって日差しが戻り、そんな繰り返しで本格的な春が近づいてくる。


書店に寄ったら立花隆の新刊があった。
『立花隆 思索ドキュメント がん 生と死の謎に挑む』文芸春秋 2400円

NHKスペシャルで放送された内容をベースにした本ということで、DVDが付いてる。
まずはこのDVDを観てそれから本を読んで欲しいということらしい。
この番組は見ていなかったの、嬉しい計らいだ。


本読みには、また楽しい時間が続きそうだ。(^^)
 

雨の月曜日

 投稿者:わたべ@汐留  投稿日:2011年 3月 7日(月)08時26分48秒
  冷たい雨。
八王子はこれから雪混じりになるらしい。
いいサイクルで週末は晴れてくれているので、こんな天気も文句はない。(笑)


土曜日はまた真鶴で釣りだった。
さすがに30cmには届かなかったが、25cm~27cmくらいのが何匹か上がったので、楽しい時間だった。
水平線から太陽が上がり始める前後の1時間くらいが勝負で、その時間帯を過ぎると季節がらいわゆる“コッパ”が大量に湧いてきて、もうウンザリ気分だった。
用があったので11時には納竿したが、意外にこれくらいの時間がちょうどいいのかもだな。


この冬型が数日続くらしいが、啓蟄を迎えて、寒気が去った頃には一気に春めいて来そうな気がする。
さ、月曜日。
今週の始まりだ。
 

楽チンだ

 投稿者:わたべ@八王子  投稿日:2011年 3月 3日(木)09時18分27秒
  今朝は随分と冷え込んだ。
ひところに比べたら陽射しはだいぶ強く感じられるが、それでもこの風の冷たさは冬の陽気だ。


今日は八王子で仕事。
自宅のすぐ近くにあるクライアントへ直行で、朝はめちゃくちゃ楽だ。(^ ^)


さぁて、今日も一日頑張りますか。
 

面白かった

 投稿者:わたべ@汐留  投稿日:2011年 3月 2日(水)08時37分31秒
  すっきり晴れない。
また寒波が来るようで、日本海側は大雪になると予報で話していた。
それでも東京は、雨混じりの日が繰り返されて春の歩みは感じられる。

『空白の五マイル』を読了。
面白かったなぁ。
著者がカラッポになってしまった感じが伝わってくる。
また次の命をすり減らす様な旅に出ちゃうんだろうな、こんな人は。
こうやってしか生きている実感を確かめられず、また確かめ続けたくなってしまう人種は、
まぁ余計なお世話ではあるが、本当に幸せななんだろうか。
普通のオッサンは、生きている実感が確かめられないからといって、身を捩る様な焦燥感なんかは普通生まれないもんなぁ.....。

植村直己を初めとして、冒険家と呼ばれる人達の共通した感性というか生き方なんだろう。
でもまぁ、こんな冒険譚を読むと普通のオッサンにもきっと微かに残るこんな要素が、心を刺激してしまうってことなのかな。

冒険はともかく、ラサをやっぱり一度見てみたいものだ。
司馬遼太郎の『ロシアについてー北方の原形』を随分昔に読んで、ラマ教への興味が生まれ、そのままだ。
それにしても、自分には冒険はむりだが。(笑)
 

久しぶりに面白い本

 投稿者:わたべ@汐留  投稿日:2011年 3月 1日(火)08時36分53秒
  空気が湿っていて、柔らかい。
また寒気が入るらしいが、もうあのギスギスした空気は長続きしそうもない。
今日から弥生。啓蟄ももうすぐだ。

1月、2月の速さを何度も書いてはいるが、3月は少しゆっくりしてくれるのかな。(^_^)


久しぶりに面白い本を読み始めた。
『空白の五マイル』 角幡 唯介。
チベット最大のツアンポー峡谷を単独で踏査したノンフィクション。
文章がしっかりして、行動や事実の迫力に負けていないのがいい。
事実や行動の凄まじさに引きずられて読まされてしまう本は多いが、しっかり読ませる本だ。
あと半分。いよいよ単独行の緊迫した場面が連続しそうで終わるのがちょっと惜しい気分。

本読みの楽しみだなぁ.....としみじみ嬉しい時間だ。



今日は夜から雨になるらしい。
さてさて、頑張りますか。
 

行きつ戻り

 投稿者:わたべ@汐留  投稿日:2011年 2月28日(月)08時37分54秒
  起きた時の部屋の温度は随分高かったが、今日はこれから寒くなるらしい。
行きつ戻りつって感じの春の歩み。

土曜日に木下沢を歩いて来たが、花は未だだった。
一番日当たりの良いせせらぎのほとりで、わずかのハナネコノメが蕾をほころばせ始めていた。
ユリワサビの蕾も見つけられなかった。
日当たりのいい土手にはタチツボスミレが小さな葉を沢山出していたが、蕾はまだった。

寒さが厳しい冬だったから、今年の木下沢はいろんな花が一気に咲き出しそうなな気がする。
北国や高山の花が咲き出すってのは、たぶんこういうことなんだろう。


金曜日の釣行ではついに30cmオーバーのメジナを上げた。
1.75号のミチイトに1.2号のハリスだから、何ともスリル満点のやり取りだった。
竿が曲がり、ググッと底に潜り込もうとする時の感覚は、釣りの醍醐味だなぁ。
まぁ、これは釣りをしない人には伝わら無いんだけど。

うす暗さが取れ始めて、ウキがそろそろ見え始めるかなぁ.....って時間帯がやっぱり大物のチャンスだってこともハッキリしてきた。
何年やっても、発見があって楽しい遊びだ。
寒さの残る内に、もう一回行きたいものだ。(^_^)
 

つらつら考えて

 投稿者:わたべ@新宿  投稿日:2011年 2月24日(木)11時24分29秒
  曇っているが随分と暖かくなったなぁと感じる。
気の早いタチツボスミレはホントに開き始めているかもだ。
晴れの日が殆ど続くなくなってしまったが、それでもやはり嬉しい気分が生まれる。



年度末が近づいて来て、忙しさもピークの企業もたくさんあるんだろう。
のこり1年のことをどうしても考えてしまうが、仕事そのものは、次年度も普通にしてくんだろう。
まぁ、面白い仕事だったなぁ.....とつらつら考える。


残りの時間を遊んで暮らす訳にもいかないので、何か考えなきゃってことでいろんな選択肢を比べてみる。
やはり、こうやって面白く出来る仕事に出会えたことはしみじみ幸せなことだったんだろう。
医者をしても教師をしても、サービス業も生産に携わっても、「自分には向いてないよなぁ.....」と思ったら、どんなに崇高な意味があっても自身は幸せではないっもんなぁ。
そういう意味じゃ、まぁまぁ幸せなサラリーマン生活だったってことか。


そんなこと言いながら、明日は有給を取って釣りだ。(笑)
 

ムズムズ

 投稿者:わたべ@汐留  投稿日:2011年 2月23日(水)08時34分52秒
  グズグズしている内に水曜日だ。
もうもう、この速さはどうなってるんだか。


どんどん気温が上がって、春の足音が近づいてくる。
木下沢にハナネコノメを撮りにも行きたいし、先日の釣りの余韻は冷めないし、ムズムズの気分が高まる日々だ。

金曜日は有給取っちゃうか。(笑)
 

速くて、ダラリと

 投稿者:わたべ@汐留  投稿日:2011年 2月22日(火)08時33分27秒
  今朝は冷えた。
速い速い時間の流れは、より一層のアクセル感で、2月も最終週だ。
“行ってしまう”“逃げて行く”と多くの人が1月、2月の時の早さを言いならしてきた。
にしてもだ。
この速さを、比べて可視化してみたいものだ。(笑)


週末の釣りは楽しかった。
珍しく堤防には人が居なくて、一人だった事もあり、引を楽しみながら『ひょぉ~! 面白ぇ~!』とと、大きな声を出して喜んでいた。
1年ぶりくらいの超~楽しい時間を過ごしてきた。
こんなことがあるから止められない。
この冬の寒さで水温はまだだいぶ低くそうだから、寒さが残る内にもう一回行きたいものだ。


会社に年度末が近づいてきて、何だかすこし抜けた空気が流れている。
1年と少しの身には、余計にだらんとした感じが生まれてしまう。
いかんなぁ。(笑)


今週はウィークデイに有給を取って、釣りに行っちゃうか。(^_^)
 

暖かい

 投稿者:渡部@新宿  投稿日:2011年 2月18日(金)11時11分13秒
  暖かい。
冬型に戻って青空が広がり、風が北寄りの割には暖かく感じられる。
なんだか嬉しい気分になる陽気。

低気圧がもう少し北を通り始めると”春一番”も期待できるところだが、雪は大島あたりの通過時なので、この時期の雨の後は北風だ。
しかし場所によってはそろそろ”ささ鳴き”が聴こえ始めているかもだな。
こうして周期的な繰り返しで、遅い歩みではあるが春の足音ってところか。


さぁて、週末。
この気温だとストーブって気分でもない。
やっぱり釣りにするかな。
 

暖かな朝だ

 投稿者:わたべ@汐留  投稿日:2011年 2月17日(木)08時30分3秒
  曇ってはいるが南の風が入っているようで比較的暖かな朝だ。
北斜面にある我が家の前にはまだどっさり雪が残っていて、それが溶け出し道は濡れていいた。
寒気が入らなければ、これくらいの陽気にはなってきた。


週末が近づいてきて、さぁてどうしようか。
土曜日の朝には雨も上がってくれそうだから、釣りかなぁ.....。
ストーブを炊いてのキャンプも今年最後だろうから、捨て難いとろではあるが。
 

朝は冷えた

 投稿者:わたべ@汐留  投稿日:2011年 2月16日(水)08時27分35秒
  放射冷却もあって、家の前はバリバリに凍っていた。
今日は12℃くらまで上がるらしい。
陽だまりでは、気の早いタチツボスミレが蕾を膨らませるんだろうな。

明日からまだくずつき始めて雨の予報が出ている。
土曜日は晴れそうのので、ストーブを持って青野原かな。
釣りもしたい気分で、ちょっと悩むところだ。


水曜日。
仕事の気分になる日なんだがなぁ.....。(笑)
 

積もった

 投稿者:わたべ@汐留  投稿日:2011年 2月15日(火)08時32分3秒
  20cmには届かなかったが17cm~18cmくらいは積もった。
アイスバーンを警戒していたが、朝の気温が意外に低くてひよどり山はなんとか下ることが出来た。

我が家の標高が130mくらいだから、駅周辺よりは100mほど高い。
その1℃くらいの気温の差が結構積雪量に影響する。
雪国の人達には申し訳ないが、やっぱりわくわくしてしまうなぁ。

こうして繰り返し南岸を通り過ぎる低気圧が春を連れてくる。
雪を見て、暖かな日差しが恋しい気分がいや増す。


3連休にどこにも出掛けなかったぶん、それほど休みボケは無いと思っていたが、今日はテンションが上がらない日だ。
バイオリズムもあんまり良くない日だし、じっくりと行きますか。
 

早い々々

 投稿者:わたべ@汐留  投稿日:2011年 2月14日(月)08時38分19秒
  周期的に天気が変わり、晴天が続くなくなった。
寒さはまだ“春は名のみ”だが、季節の移り変わりを感じる日々ってところか。

雨水まで1週間。雪国では雨が混じり始める季節。
啓蟄の頃には、小宮公園の大緋寒桜も蕾が膨らみ始める。
暖かな日々が待ち遠しい。


三連休は雪ってこともあって、どこにも出かけず家にいた。
暇なので水晶玉を載せる台を工作していた。
ホームセンターで工作用の丸い板を買って来て、中をくり抜き、ヒノキの丸い足を付けた。
紙やすりを400番→800番→2000番と3回かけて完成。
これで1日半。(笑)

10数年前にシンガポールで買って来た水晶玉。
載せる台がどうにも気に入らず、いつかは手作りしたいなぁと思い続けて10数年。
やっとスッキリした気分。(笑)



淡々と日が過ぎて、2月もあっという間に半ば。
永遠にも思えた、子供の頃の夏休。
それほど欲しい感覚ではないが、時間は.....やっぱり惜しい。


心して暮らさないとだな。
 

春の兆し

 投稿者:わたべ@聖蹟桜ヶ丘か  投稿日:2011年 2月10日(木)09時06分37秒
  ひよどり山を下る時に眺めた丹沢は、ずいぶん下の方まで白くなっていた。
湿気の多い日が続いて、空気は少ししっとりした感じがする。

明日からまた雪の予報が出ていて、煩わしいなぁ.....という気持ちに、ほんの少しワクワク感が混じっている。
今年の雪国の人達には信じられない感覚かもだな。(^^;;


キャンプにも釣りにも、億劫さが出てしまう予報だ。
日曜日は雪が上がった後の気持ちのいい青空が望めそうだから、キャンプ最盛期の頃なら喜んで出かけていただろうが、最近は億劫さが先に立つ。

薪にはブルーシートをかけて雨対策をしたが、この冬に使いきれそうもない。
青野原が無料のうちに、あと1回は焚き火しに行きたいものだ。


青空が覗いたら、今年最初の木下沢行きかな。
ゆきが残っているだろうが、春の兆しを撮ってくるか。
 

本の在庫が在庫

 投稿者:わたべ@汐留  投稿日:2011年 2月 9日(水)08時33分43秒
  南岸を低気圧が通り過ぎた。
春を迎える儀式のような天気図で、ひよどり山も微かに白くなった。
これが太平洋に抜けると一時的に冬型が復活して、寒さがぶり返す。

低気圧が通り過ぎる頻度が実感できるほどに、真っ青な空が続くかなくなる。
雨水まで1週間。
木下沢のスミレやユリワサビもこの雨で蕾を膨らませ始めそうだ。


すっかり本の在庫が無くなり、ナイトキャップはここのところ毎日落語だ。
30年前の角川文庫は、表紙は無くなり、ボロボロだ。
まともに読めそうな落語が限られてしまっていて、<井戸の茶碗><首提灯><粗忽の使者>なんかを繰り返し読んでいる。

ホントに今日は書店に寄らなきゃだな。
 

/19