スレッド一覧

他のスレッドを探す  スレッド作成

新着順:29/1830 記事一覧表示 | 《前のページ | 次のページ》

ノンビリ本読みも

 投稿者:わたべ@九十九里  投稿日:2012年 1月28日(土)16時11分2秒
  通報
  今日はタマを連れて、九十九里。
ダンボールのベッドごとラクティスに載せて来た。
昔は車の苦手なヤツで、よく車の中で吐いたが、今日はずっと寝たままだった。

九十九里の家は南に大きな窓があるので、こんな日は日当たり抜群で、ポカポカだ。
こりゃぁ、暖房代が違ってくるなぁ。
タマも暖かい部屋の中で、何だか安心した顔で寝ている。



ここに来るとゆっくり本を読む事も何だか自然な感じだ。
ここところ、中当たりが何冊かあって、そこそこ楽しい。

『ビブリア古書堂の事件手帖』 三上 延 メディアワークス文庫 620円
古本屋を舞台にした、軽いミステリー系。ホンワカミステリー系って感じだが、何だかクセになる。
2冊目の終わり方だと、このままシリーズ化されそうな感じなので、次も楽しみだ。

『影踏み』 横山 秀夫 祥伝社文庫 657円
まぁ、独特の横山節って文体が、妙に安心感がある。

まだ積んである本。
『メルカトルかく語りき』 麻耶雄高 講談社ノベルス 840円
『007 白紙委任状』 ジェフリー・ディーバー 文藝春秋社 2,499円
『傍聞き』 長岡 弘樹 双葉文庫 524円


毎年、1月はこんな本が出回って楽しい日々だ。
 
》記事一覧表示

新着順:29/1830 《前のページ | 次のページ》
/1830