モーターパラグライダー



カテゴリ:[ スポーツ ]


新着順:13/93


[82] キャブ調整講習会を開催しました

投稿者: PMEのHPの管理者の富ちゃん 投稿日:2017年12月 3日(日)22時18分14秒 p1066095-ipngn200708sizuokaden.shizuoka.ocn.ne.jp  通報   返信・引用

夏から秋へと季節が移ろい、空気密度が変わってきたので、ワルボロキャブの
・“H”を絞って・・・で、どこまで絞るの?
・“L”はどうすれば良いの? そのまま?
・そもそもベストな“H”と“L”のレベルの決め方は? 等々
これまで何となく調整していたのですが、やはりしっかりと理解した上での調整で、安全なフライトや焼き付き問題を起こさないようにしたいと思っていました。

とにかく以前から分からないことが多い状況でした(私だけ?)。

ワルボロキャブはカートに使用されており、その筋から詳しい人を探し当て、本日のキャブ調整講習会の開催に至りました。

午前中はフライトが出来たのですが、講師の大久保さんがエリアに到着された頃は西風が強くなっており、パラモーターのフライトシーンをお見せすることは出来ませんでしたが、パラモーターのエンジンユニットを説明し・・・、「カートと似ていますね」と大久保さん。

強い西風を車で遮り、講習会の場所を確保し、大久保さんの自己紹介から講習会が始まりました。PMEのキャブ調整の実態を疑問点も含めて説明し、その後は参加者から質問に応えて頂きながらも、キャブ調整のやり方をステップを追っての整理が出来ました。そして教えて頂いた“H”の調整方法を実際のエンジンユニットで実践して頂き(※)、その時の音の変化を体感し、「分かった」気がしました。

  ※私のユニットを使用する予定でしたが、朝一、セルモーターを回した瞬間、セルモーター内部のギヤの歯が欠けてしまい、エンジンを始動出来ない状態になってしまいました。急遽、HPMGの岩井さんのユニットをお借りしました。岩井さん、有難うございました。

本日の参加メンバー(PME&HPMGのメンバー約15人)は、学んで得た知識と体得したことを整理して、自分のものにしてゆくものと思います。

大久保さん、本日は有難うございました。暖かくなってからのタンデムフライトをお約束しましたので、後日、ご連絡を致します。

以上です。


新着順:13/93


お知らせ · よくある質問(FAQ) · お問合せ窓口 · teacup.レンタル掲示板

© GMO Media, Inc.