モーターパラグライダー



カテゴリ:[ スポーツ ]


64件の内、新着の記事から10件ずつ表示します。


[65] 夏を感じる風物詩

投稿者: PMEのHPの管理者の富ちゃん 投稿日:2017年 7月 8日(土)22時35分27秒 p863088-ipngn200510sizuokaden.shizuoka.ocn.ne.jp  通報   返信・引用

今週は、夏を感じる幾つもの“風物詩”に出会いました。

①火曜日は、今年初めての“台風”が静岡県を通過しました。各種警報が出ていましたが、特に問題はありませんでした。(九州北部豪雨はたいへんでした)
②水曜日の朝、今年初めての“クマゼミ”が激しく鳴いていました。自宅の木で鳴かれてしまうと、目覚まし時計が鳴る前に目が覚めてしまいますね。
③木曜日は、今年初めての立派な“入道雲”を見ました。巨大なものは高度16,000mもあります。フライト中に吸い込まれたら、たいへんです。
④金曜日の夕方、今年初めての“ニイニイゼミ”が静かに寂しそうに泣いていました。
⑤そして土曜日の今日、風速約4m/sの南風の中、遠州灘をフライト中、今年初めての“日光浴しているビキニ姿の女性”を見掛けました。そうそう、今日、海開きした海水浴場のニュースを聞きました。

昔から夏が好きなため、夏の片鱗に巡り会うと、気持ちが嬉しくなりますね。

これまでは、PMEの第1エリアをテイクオフし、殆ど必ず戻るフライトでした。その理由は、セルモーターが弱く、セルでエンジンが掛からなくなるためでした。しかし、梅雨明け間近で夏寸前の今日、リポバッテリー(14.8V×3600mA)を搭載したことから、フライトが一変しました。
いつでもどこでも、セルでエンジンが掛かるようになり、中田島砂丘までの最初のフライトでは、帰路、浜松パラモーターグループのエリアに寄り、2回目の弁財天川河口までのフライトでは、そこで、遠州南スカイスポーツクラブの方々と会話し、そして2km東側の東大谷川河口では、遠州灘スカイクラブの方々とお会いしました。

今年の夏のフライトは楽しくなりそうです。そう思っていたら、東大谷川の河口からの帰り、異常な振動を感じ、不時着。今、その原因追求中です。

では。




[64] 磐田市竜洋漁業振興会の天竜川河口清掃活動

投稿者: PMEのHPの管理者の富ちゃん 投稿日:2017年 7月 2日(日)21時58分45秒 p863088-ipngn200510sizuokaden.shizuoka.ocn.ne.jp  通報   返信・引用

“梅雨の晴れ間”と言えばラッキーなのですが、天気予報では「熱中症…云々」。
いつもお世話になっている天竜川の河口を皆で綺麗にしようと、草刈り、ゴミ拾いに別れ、およそ50人が1時間強、体調を気にしながら、汗を流しました。

PMEからは8名が参加し、河口にあるPME第1エリアの周辺を清掃しました。

清掃が始まる頃は「終わったらテイクオフ」の予定でしたが、終わった頃は「風速が落ちるのを待つ」状況になってしまい、午後4時まで待ったのですが、結局、風速は衰えず、“梅雨の晴れ間”のフライトは出来ず、残念でした。

風が止むのを待っている間、あまり冷えていない「冷やし中華」を食べたり、初飛行成功の写真(A3サイズで印刷&ラミネート加工)を配付したり、そしてパラ談議も続きました。中でも“天空の旅人”の多胡光純さんからのメールをメンバーに紹介し、この夏、お会い出来る可能性がありそうな旨を報告しました(そのうち、HPにその情報を掲載しますね)。

梅雨が明けた後の「太平洋高気圧から吹く南風」が待ち遠しいのですが・・・、あと少しですね。



[63] トラブル続きから、やっと「大空」へ戻ることが出来ました

投稿者: PMEのHPの管理者の富ちゃん 投稿日:2017年 6月25日(日)17時41分33秒 p863088-ipngn200510sizuokaden.shizuoka.ocn.ne.jp  通報   返信・引用

この1ヶ月間の悪戦苦闘を紹介します。

①問題:搭載バッテリーに補助バッテリーをつないでも、ピストンの上死点・下死点を越さず、
    その結果、エンジンが掛からないため、手でペラの勢いを付けて、エンジンを掛けていた(危険)。

  ⇒ 対策:リポバッテリー(14.8V・3.7A)の使用で問題解決(充放電器と一緒に約1万円)。

②問題:セルモーターでペラは回るようになったが、それでもエンジンが掛かりにくい。

  ⇒ 調査:1.イグニションコイルは問題なし。
       2.点火プラグの火花が弱々しい(フライト中に最低限のレベル以下になるとヤバい状況)。
       3.その後、イグニションチャージコイル(※)からの電圧がほぼゼロ(通常は約50V)。
         (※正式名称が分からなかったが、多分この名称か)

  ⇒ 対策:イグニションチャージコイルの交換(発電コイルも一緒に)で問題解決(するはずだった)。
       (フライホイールを外す特殊工具を借りて)

③問題:ところが、セルモーターのスイッチを押しても、リレーが反応しない。

  ⇒ 調査:リレーをテスターで確認した結果、結線状態が不安なことが判明。
       (シリコンで、端子が抜けないようにしていたが、その中身がNGだった)

  ⇒ 対策:圧着端子の交換で問題解決(使用したことがない端子しかなく、圧着方法をネットで習得)。
       他の結線状態を確認した結果、端子からコードが抜けてしまう状態のモノがあり交換。
       全ての交換が終わり、セルのスイッチを押すとペラが回転。
       ところが、エンジンは“なんとか掛かかるレベル”になった(掛かりにくい感じ)。

④問題:エンジンが、調子よく掛からない “なんとか掛かる状態”

  ⇒ 対策:キャブセッティング:ローは全閉から半分弱戻す(3/8)、ハイは全閉から1回転弱(7/8)

⑤問題:これで全てOK。エンジンを掛け、ペラが回転していた時“ギュー”と異音を立ててストップ。

  ⇒ 調査:1.セルモーターのギヤがクラウンギヤ(クランク軸に取り付けられているドリブンギヤ)に
         噛み合ったままの状況を発見。
       2.エンジンの回転に、セルモーターが連れ回った様で、セルモーターを分解したところ、
         ブラシとブラシが接触している部分(コンミテータ)が跡形もなく破損していた。
       3.セルモーターの回転が増すと、遠心力でギヤが飛び出る構造を手で動かしながら、
         その作動状況を確認していた際、その「らせん部分」に引っ掛かりを発見。
         多分これが“連れ回り”の原因と判断。

  ⇒ 対策:過去のトラブルで、保管していたセルモーターの構成部品と交換し、セルモーターを
       組み上げたが、セルモーターの回転が滑らかでないため、再び分解し、他の部品と交換し
       組み立てる。そして、エンジンに組み付ける前に結線し、セルモーターの回転を確認しOK。

⑥問題:セルモーターをエンジンに組み付け、セルモーターのスイッチを押しても作動しない。

  ⇒ 対策:リレーが作動していなかったため、予備のリレーに交換し、問題解決。
       (原因は分からないが、先ほどの問題時(ギューと異音した際)に内部破損か?

以上の修理(まとめると以下の6項目)の後、コード類をきちんと配策し、約5分間の試運転を実施。
特に問題は感じられず、1ヶ月振りのテイクオフに臨んだ。
久し振りのフライトになるため、テイクオフの基本に忠実に、風は強めだったため、トリムを6に調整し、
テイクオフ。再び大空に戻ることが出来た。そして、中田島砂丘の上空を飛んだ時は、多くの観光客が
手を振ってくれ、戻ってくれた私自身の再登場をまるで待ってくれていた様で、そんな気持ちの良い錯覚を
しながら、アクセルを吹かした。

 ・リポバッテリーの使用開始
 ・イグニションチャージコイルの交換
 ・電装系統の圧着端子の交換
 ・キャブのセッティング
 ・セルモーターの数点の構成部品の交換
 ・リレーの交換

これの修理とその後のフライトの成功で、梅雨明けの “夏空” に向かう準備が整った。

お世話になった皆さん、有難うございました。以上です。



[62] パラモーター体験フライト

投稿者: すずきです 投稿日:2017年 6月21日(水)23時01分13秒 i202-75-115-094.us.mics.ne.jp  通報   返信・引用

開催させて頂き、ありがとうございました
PMEさんに入会して頂ける様に頑張りました。
体験が修了したとたんに強風、雨、、、運の良い方がみえてラッキーでした~
https://www.youtube.com/watch?v=4pJTHm96cJw



[61] キャノピーのコーティング

投稿者: PMEのHPの管理者の富ちゃん 投稿日:2017年 6月11日(日)22時20分5秒 p863088-ipngn200510sizuokaden.shizuoka.ocn.ne.jp  通報   返信・引用

ちょっと風が強い、晴れた6月の土曜日、PMEメンバーはタンデム用のキャノピーの “コーティング” を行いました。これは、PMEとして初めての経験です。
コーティング剤は「水性ウレタンニス」。キャノピーの外側には、コーティング剤を3倍に、内側は2.5倍に希釈したものを、特にインテーク部と縫い目は念入りにコーティングしました。
この日の気温は30℃くらい。途中で水分補給の休憩をはさみ、体をいたわりながら、皆でコーティング作業を繰り返しました。
昼食後、コーティングしたキャノピーを触ってみるとパリパリしており、キャノピーの表面をコーティング剤で濡れた雑巾(タオル?)で拭いたため、汚れが落ちており、新品に見えないこともない “仕上がり” になりました。
この日は風が強くなってしまい、フライトは風が弱くなる夕方まで待つことにしましたが、富ちゃんは、自宅に「庭の芝刈り機」が届くため、エリアを後にしましたので、PMEオリジナルの「エア漏れレベル計測器」(K上さん製作)で測定したのかどうか知りませんが・・・、後日、「キャノピーのコーティング②」で報告しますね。

【写真の説明】
上:コーティング剤に使用した「水性ウレタンニス」です。
中:こんな感じのレイアウトで、コーティング作業を始めました。
下:汗をかきながらのコーティング作業、くたびれました。

以上です。



[60] 静岡県パラモーター連合会の総会

投稿者: PMEのHPの管理者の富ちゃん 投稿日:2017年 6月 5日(月)22時34分59秒 p863088-ipngn200510sizuokaden.shizuoka.ocn.ne.jp  通報   返信・引用

6月4日(日)AM9:30~12時、静岡市大里生涯学習センター(静岡市駿河区中野新田)で開催された総会に、PMEメンバー5人(金ちゃん、N師匠、K上さん、TNBさん、富ちゃん)が参加しました。

■杉原会長、川口副会長、木ノ内会計により、以下の議事が進行しました。
 1.平成28年度会計報告
 2.次期幹事担当クラブの選任(静岡県西部)
   ・会長:金原さん(PME)、副会長:西野さん(PME)、岩井さん(浜松パラモーターグループ)
 3.28年度中に出た県連に関係する議題
   ・県連内でのフライト時の無線チャンネル統一
   ・県連会計の監査役
   ・事故の振り返り
 4.平成28年度活動報告(各サークルからの報告)

■PMEからの報告(上記“4”)金原会長&広報担当の富ちゃん
 1.磐田市福田の「福田中央交流センター」で開催した写真展の報告
 2.昨年の主な出来事(広報視点で)
   ・PMEのHPの開設
   ・袋井市作成の写真アルバムに田園風景の空撮写真が掲載
   ・袋井市浅羽中学校創立50周年記念のアルバムの表紙に中学校の空撮写真が掲載
   ・雑誌「岳人」に田園風景の空撮写真が掲載
   ・磐田市竜洋の防潮堤での植樹に参加、後日、植樹された防潮堤を空撮し、磐田市に提供
   ・天竜川フライイン2016
  3.釣り人からの問題提起のメールを受領~PMEの安全フライトルールを説明
  4.天竜川フライイン2017(8月5日(土)& 6日(日))

■総会後
  シーガルメンバー(奥山さん&鈴木さん)とPMEメンバー(4人)で、そば屋さん(昼食)経由
  高松海岸へ行きました。強い風が吹いており、海は白波だらけで、全く飛べず。やがて解散し、
  PMEメンバーは大崩海岸道路経由、遠州へ戻りました。

■掲載写真の説明
 ・上:総会の風景
 ・中:川崎さん(静波)による事故状況説明(原因と再発防止)
 ・下:帰路、大崩海岸の展望台にて、総会参加のPMEメンバー

以上です。



[59] リポバッテリーを買いました!

投稿者: PMEのHPの管理者の富ちゃん 投稿日:2017年 5月27日(土)21時58分50秒 p863088-ipngn200510sizuokaden.shizuoka.ocn.ne.jp  通報   返信・引用

充電したリポバッテリー(リチウムイオンポリマー2次電池の略)をつないだら、ペラが勢いよく回り、エンジンが点火しました!
これで、セルスターターボタンを押すのと同時に、手でペラを回す必要がなくなり、リスクから解放されました。ただし、時々は、デコンプ穴のカーボン詰まりの点検とメンテが必要だと思いますが・・・

■構造上の特徴(ウィキペディアから)
・電解質が準固体状態であるため、液漏れはしない。
・外装容器として缶ではなくアルミラミネート袋を用いるため、薄型で希望の形状を製造でき、薄型モバイル機器に適する。
・電解質以外は基本的にリチウムイオン2次電池と共通材料を使用しており、高エネルギー密度と高性能が可能。
・リチウムイオン2次電池と同じく他の方式の二次電池に比べて軽量で、メモリー効果がない。

■危険性について(ウィキペディアから)
・リポ電池は、従来の電池に比べて反応性に富む素材を使っており、エネルギー密度が高いことから、使い方を誤ると重大な事故に至る可能性がある。
・もしバッテリーが膨らんでいる場合は過充電などでバッテリー内部に可燃性ガスが発生している可能性があるため、早めに交換対応をした方が良い。

■これまでの経緯
①搭載バッテリーでエンジンが掛かっていた。
②次第にペラの回転の勢いがなくなり(※)、エンジンが掛からなくなり、4輪のバッテリーを補助バッテリーとして使い始める。 ※ピストンの上死点・下死点を越せず。
③搭載バッテリーの充電性能が悪くなり新品に交換。なお、補助バッテリーの使用は継続。
④それでも次第にペラが回らなくなり、もうひとつ補助バッテリーを接続。
 (病院の集中治療室に運ばれた患者のようにコードだらけの状態)
⑤更にペラが回らなくなり、セルスタートと同時に、ペラを手で回すようになった。
⑥デコンプ穴の点検で、カーボン詰まりを無くし、若干回復するも、やはりペラを手で回さなければならない状況が続く。
⑦石川さんのリポバッテリーを接続し、ペラが勢いよく回り、エンジンが掛かった。夢の様だった。
⑧そこで、リポバッテリーを購入した。

石川さん、リポバッテリーの充電方法のご指導、有難うございました。



[58] 田辺さん、初フライト成功(トライク)

投稿者: PMEのHPの管理者の富ちゃん 投稿日:2017年 5月20日(土)20時16分11秒 p863088-ipngn200510sizuokaden.shizuoka.ocn.ne.jp  通報   返信・引用

過日、初フライトで中洲に不時着してしまいましたが、今年に入り、先週も今日もやりました!
堂々とした文句付けようのない“初フライト”。
田辺さん、見事に成功しましたね! おめでとうございます。コングラチュレーション!!!

金ちゃんのご指導、お疲れ様でした。

これからも安全に、スキルを磨いてください。
そして、中田島砂丘や福田港まで飛んでくださいね。

●最初の写真:初フライトを見守る金ちゃん
●次の写真 :ベストショットです。
●最後の写真:やったね!



[57] 潮見坂フライト

投稿者: PMEのHPの管理者の富ちゃん 投稿日:2017年 5月14日(日)22時06分30秒 p863088-ipngn200510sizuokaden.shizuoka.ocn.ne.jp  通報   返信・引用

久し振りの“潮見坂フライト”を満喫してきました。

Para Crew Pierrotの皆さんへのご挨拶後、早速、準備を進めたのですが、セルでペラが回らず。一瞬、脳裏に「飛べない」の文字が浮かんでいましたが、デコンプ穴の点検・清掃で、ペラが回るようになり、エンジンが掛かりました。
それからは3本のフライトで合計120分(※)。満腹いや満足しました。
最後は皆で記念撮影で終わりました(焼津の奥山さんは帰られた後で、ごめんなさい)。

※今日の富ちゃんのフライト
 ・1回目:エリア上空を、このエリアの景色を思い出しながらの旋回。
 ・2回目:西へ。パラグライダーのランチャ台のもう少し西へ(万場調整池あたり)。
      11機のパラグライダーが飛んでいましたね。
 ・3回目:東へ。浜名大橋まで。

PMEからは、金原さん、西野さん、石川さん、田辺さん、中村さん、富ちゃんの合計6人がお世話になり、有難うございました。Para Crew Pierrotの皆さん、PMEのエリアにおいでください。お待ちしております。

●上の写真:初めて海岸で飛んだ中村さんのベストショット
●次の写真:浜名大橋から浜名湖を望む写真
●下の写真:集合写真(左上に空から参加者が、ギリギリ入っていましたね!)

では。



[56] 浜松まつり(凧揚げ)

投稿者: PMEのHPの管理者の富ちゃん 投稿日:2017年 5月 4日(木)09時59分17秒 p863088-ipngn200510sizuokaden.shizuoka.ocn.ne.jp  通報   返信・引用

子どもの誕生を祝い、成長を願う「浜松まつり」が、5月3日に始まりました。
遠州灘に面した浜松市南区の凧揚げ会場から、10時の花火の合図で、一斉に舞い上がった凧を空撮しました。
風速5m/sの南東の風の中、北西側に舞い上がった凧は、10時直後だったためか、まだそれほど高く上がっておらず、またこれから揚がろうとする多くの凧もあり、そんな内容の空撮写真になりました。
下記内容はその時の空撮状況です。
いつもより早くPMEの第1エリア(天竜川河口近く)に到着し、先ずは凧揚げ会場の東側まで飛びました。
そこで、南東の風に乗り、凧揚げ会場の手前までの30秒の間、アングルを決め、ズームも決め、連写が出来ないデジカメでしたので1回に付き2枚ほど空撮し、それを何回も何回も繰り返しました。その中のベストショットの3枚です。お楽しみください。


レンタル掲示板
64件の内、新着の記事から10件ずつ表示します。

お知らせ · よくある質問(FAQ) · お問合せ窓口 · teacup.レンタル掲示板

© GMO Media, Inc.