葵の掲示板



カテゴリ:[ 趣味 ]


252件の内、新着の記事から10件ずつ表示します。


[252] 干し蕨 紺暖簾

投稿者: 鈴蘭 投稿日:2017年 5月27日(土)22時05分10秒 nz231.net061211195.thn.ne.jp  通報   返信・引用

こんばんは。ご無沙汰しました。毎日が足ばやに過ぎていきます。干し蕨と紺暖簾の写真ありがとうございました。寿俳句教室の吟行は足の不自由なひとが6名参加しませんでした。高齢になるとみんな足に問題が出てきます。登呂遺跡の見学は強行軍だったそうで行かないでよかったです。吟行の発表句会は参加した方が高得点で現地に行かない人は残念な結果でした。車輪梅 千鳥草 都草の写真と俳句素敵ですね。花の名を問えば「しらん」というこたえの句は俳諧味があり感銘しました.どの花も見たことはありましたが花の名前をしりませんでした。
一日の過ぎる速さや夕立雲
パソコンのオセロのゲーム五月雨るる
花水木街路樹にして二ュータウン
アカシアの白き香りや風の午後
遠き日を軒に引きよせ釣忍
袖口をたくしあげたり町薄暑   よろしくお願いいたします。




[251] 老化現象

投稿者: mitani 投稿日:2017年 5月22日(月)08時25分40秒 FL1-122-133-59-135.kng.mesh.ad.jp  通報   返信・引用

おはようございます。
レスが遅れて申し訳ありません。
うっかりしてレスはもう済ませたつもりになっていました。
ボケがもう始まったのかもしれません。(笑)
老化現象は体にも頭にも少しづつ進行しているのかも知れません。
19日に寿会のゴルフがあったのですが、その疲れがまだ抜けず、
足を曳きづった歩いているような状態です。
ゴルフの成績も儘ならず、上位進出が難しくなってきました。
寿会のゴルフも今年限りで引退をしようかと考えています。
次第に体がついて行かず、おまけに成績への意欲も薄れて、
ゴルフそのものが面白くなくなってきてしまいました。
人間はこのようにして次第に終末へ近づいていく様になっているのかも知れませんね。
だからみんな安らかな最期を迎えることができのかも知れません。



[250] クレソン堰 ブルタブ

投稿者: 鈴蘭 投稿日:2017年 5月20日(土)21時30分5秒 nz231.net061211195.thn.ne.jp  通報   返信・引用

今晩は。あっけなく一日が過ぎてしまいました。外出をする機会があったりしなければならない用事のある日は充実していますが予定のない日は無為に過ぎてしまいます。これが老化現象だと思ってしまいます。クレソンの小川の堰と缶ジュースのブルタブの写真ありがとうございました。数年前まで郊外へ行くと綺麗な小川の堰にクレソンや芹の茂っている場所がありましたが、住宅地が開発されると、見当たらなくなりました。スーパへ買い物に行く道に梔子の樹がある家がありそこを通ると甘い香りが漂ってきます。今日は路地の草取りをしましたが、明日は梔子の花の咲いている家の前を通って買い物に行こうとおもっています23日は吟行の日に詠んだ俳句の披露会で欠席だった人は生活句を持っていきます。パソコンで芹沢銈介会館を検索すると風の一文字の紺暖簾がヒットしたので
風を呼ぶ「風」の一文字紺暖簾  の言葉が浮かびました。3句持参なので明日考えます。



[249] 綺麗な花には・・・

投稿者: mitani 投稿日:2017年 5月18日(木)08時14分32秒 FL1-122-133-59-135.kng.mesh.ad.jp  通報   返信・引用

おはようございます。
昨日は何やら忙しくしていて、ファイルをチェックすることを忘れていました。
年齢を重ねるとだんだん色々なチェックが疎かになりがちです。
昨日見たてテレビで水仙とにらの違いを説明していましたが、見た目で違いを
見分けるのは難しく切って切れ目を嗅いで判断するのが正しいようです。
水仙は匂いがあまりなく、ニラの方はにおいがあるようです。
「綺麗な花にはとげがある」と云いますが、綺麗な花には毒もあるんですね。
あまり乱獲しないようにとの自然の摂理なんでしょうか。
同窓会もこの年齢になると数年ごとに人数が減っていき、寂しくなっていきます。
何時まで続けられるのだろうと話し合ったりしていますが、そのうちこちらが
出席できなくなってしまうのかもしれません。



[248] 水仙花 春キャベツ

投稿者: 鈴蘭 投稿日:2017年 5月16日(火)21時32分19秒 nz231.net061211195.thn.ne.jp  通報   返信・引用

今晩は。雨の雫のしたたる水仙の花。キャベツ畑の青々とした風景。の写真をありがとうございました。狭庭の隅のひとところに水仙が、清楚な花を咲かせ甘い香りをはなっています。水仙は夫の好きな花でしたので香花と一緒に水仙が咲くと供えます。百日紅の花を見ると夏が近づいた気持ちになります。石楠花も元気を貰う花です。来月同窓会があるとの事楽しみですね。同窓会に出席するには家族ともども健康でいる事とつくづく思います。いくつになつても同じ時代を生き抜いてきた友達からはお互いに活力をもらえます。昔話に花を咲かすことでしょうね。今日は寿俳句教室の吟行でしたが足の筋力が弱くなってしまつたので参加しませんでした。14日の母の日には嫁のお母さんとひる食を息子夫婦にご馳走になり素敵な母の日を過ごしました。二人とも同じくらい足が弱くなつてしまいました。



[247] 老人会!

投稿者: mitani 投稿日:2017年 5月13日(土)08時33分50秒 FL1-122-133-59-135.kng.mesh.ad.jp  通報   返信・引用

おはようございます。
今は丁度春と夏の境目の気候で暑つかったり寒かったりで、着る物に頭を悩まされる季節ですね。
来月の23日に高校の同窓会がありますが、会う度びに白髪が増えたり、頭が薄くなったりと
まさに老人らしさが目立った来て、普段は気付かない自分自身の老いが同級生の老化を見て
気付かされることが多くなりました。まさに老人会です。(笑)
会話の内容も、はじめは昔に戻って若やいだ内容ですが、だんだん老人臭くなって、お互い苦笑いすること多くなった来ました。
それはそれで仕方のないことで、無理して若者ぶることもなく自然体が良いと自覚していますが、
お互い気持ちだけは若さを保ちたいものと自戒しているところです。
時折見聞する著名人や知人の訃報などに接すると、今更ながら自分の年齢を慮って忸怩たる
感慨に浸されることもありますが、なるべく速やかにそんな想念は追いやるようにしています。



[246] 何時の間にか老人会

投稿者: 鈴蘭 投稿日:2017年 5月11日(木)22時01分3秒 nz231.net061211195.thn.ne.jp  通報   返信・引用

こんばんは。日中は28度暑かったですが夜は冷え込んできました。東の空に真ん丸のお盆の様な月が出ています。久し振りに月を眺めました。満開の桜の下を走る電車
紫色が優雅で、初めてこの色の電車を見ました。素敵な花の旅にふさわしい写真ありがとうございました。甘夏の木が庭にある方が人数分甘夏を老人会へ持つてきて下さいました。この写真の通リです。自分では若いつもりでいte
も80歳前後の人の集まりは、老人会です。「笑」   さくらの樹も葉桜の濃い緑が初夏を呼びますね。 「夏がくれば想いだす。はるかな尾瀬・・・・・」いいご縁に恵まれ幸せな家庭を築かれたことばさに縁はいなものですね。私の人生は、、決して平凡な人生では、ありませんでしたが、今家族とともに心静かに暮らせる日々と俳句や文芸を学ぶことに理解を示してくれた在りし日の夫に感謝して毎日を大切に過ごしています。



[245] 縁は異なもの

投稿者: mitani 投稿日:2017年 5月 9日(火)14時44分46秒 FL1-122-133-59-135.kng.mesh.ad.jp  通報   返信・引用

こんにちは。
みかんの花咲く丘の歌は子供のころよく聞き、また歌った歌だと思ったら
やはり戦後まもなく生まれた歌だったんですね。
蜜柑の花咲く丘が伊豆にあるとは知りませんでした。
今思えば不思議な気がします。その丘がどこにあるかも知らず、
何の疑問も抱かず歌っていたなんて!
ま、それほど人口に膾炙した歌だったということでしょうね。
残念ながら私の故郷にはありません。
尾瀬は私も学生時代最後の夏休みに行き、燧ヶ岳にも上りました。
これは私が登った一番高い山でもあります。
家内と知り合ったのもその時でした。
偶然なのか、必然だったのか今でも不思議な気がします。



[244] 山桜 蜜柑の花さく丘の歌碑

投稿者: 鈴蘭 投稿日:2017年 5月 8日(月)22時12分40秒 nz231.net061211195.thn.ne.jp  通報   返信・引用

ピンクの山桜とみかんの花咲く丘の歌碑の写真ありがとうございました。蜜柑の花さく丘の歌碑は、伊東の丘の歌碑より他に全国にたくさんあるようですね。ネットで検索して知りました。似た景色のところがあちこちにあり童謡は親しまれ続けてきたのですね。「柱の傷はおととしの五月五日の背比べ」 「里の秋」と共に子供の頃よく歌いました。長い連休もやっと過ぎやっと普通の生活に戻りました。連休も若い世代のもので高齢者には縁がありません。55年以上も前のOŁ時代、職場の仲間と尾瀬に行ったこと旅行に行ったこと青春時代は、夢だったかのように懐かしいです。輝く健康明日への希望と夢がありました。
芭蕉の俳句 さまざまの事おもひ出す桜かな   をくちずさんでいます。目の前に咲き満ちている現実の桜と同時に心の中のすでにおもいでとなつた桜でもある。
芭蕉の俳句に想いを重ねています。また明日から、前向きにあるきます。今日は昼間は30度近くありましたが夜は冷えてきました。



[243] おはようございます。

投稿者: mitani 投稿日:2017年 5月 6日(土)09時09分13秒 FL1-122-133-59-135.kng.mesh.ad.jp  通報   返信・引用

あの観音像は大船にあります。
国道1号線を西に向かって走ると大船へ着く少し手前で、南東方向を向いた観音像が右手に見えてきます。
勤めて居る頃は出張でよくあの前を車で通ったもので、桜の花の時期に通ると
花に囲まれた伏し目がちの観音様が優しく見守ってくれるようで心安いだものです。
お琴の演奏はマンションの婦人会の有志によるもので毎年の恒例になっています。
毎日が連休の私にとっては5月の連休も日常と変わらず平凡な日々が過ぎていくだけですが、
世間はメリハリの利いた日々を送っていることでしょうね。
勤め人時代の変化のある日常が懐かしい思いもします。


レンタル掲示板
252件の内、新着の記事から10件ずつ表示します。

お知らせ · よくある質問(FAQ) · お問合せ窓口 · teacup.レンタル掲示板

© GMO Media, Inc.