teacup. [ 掲示板 ] [ 掲示板作成 ] [ 有料掲示板 ] [ ブログ ]

 投稿者
  題名
  内容 入力補助
    
 URL
[ ケータイで使う ] [ BBSティッカー ] [ 書込み通知 ] [ 検索 ]

スレッド一覧

他のスレッドを探す  スレッド作成


jクラスタ廃棄

 投稿者:ja9fiz@jarl.com  投稿日:2017年 2月 4日(土)08時42分30秒
返信・引用 編集済
  始めまして こちら出よいのお尋ねいたします クラスタ一度やり直すためはいきにしますので
よろしくお願いします 何かやりかたがある見たいのですが よろしけれお知らせ下さい
 
 

迷惑します

 投稿者:お米  投稿日:2017年 1月16日(月)20時52分45秒
返信・引用
  本人の承諾もなしにQTHと名前を晒されるのは迷惑ですよ。  

運用モードの件

 投稿者:atom  投稿日:2017年 1月 8日(日)09時40分22秒
返信・引用
  JT65を運用モードに加えていただくことはできませんか
いずれかといえばRTTYに近いと思うのですがJT65運用をSSBで書き込まれている方がいるためです。

あと電波法第59条に関してですが、アマチュア無線業務自体が不特定多数に対して電波を出して、受信してもらい行う性質のものであるため通常の業務無線とは異なると考えます。言わばグレーの部分です。法律は完全無欠ではないと考えます。
それよりも他局の通信、非常通信にまでビートをかけるなどして妨害したり、3.553MHzなどで周波数を占拠し毎晩音楽をかけて放送局のような運用をしている局がありますが確実に電波法違反であり日本の恥です。


 

Re: 電波法第五十九条に抵触します

 投稿者:LID  投稿日:2016年10月 8日(土)21時30分34秒
返信・引用
  > No.361[元記事へ]

電気通信主任技術者さんへのお返事です。

> 参考にしてください
> http://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q12117126097

このリンク先は既読でした。

>電波法第五十九条は「通信の秘密」を保護するものですから、通信の当事者が秘密にしておきたいと
>思っていないことまで事まで規制するものではないでしょう。

これは回答者の私見であり、総合通信局の正式な回答ではありません。

私も以前に管轄地域の総合通信局に本件を問い合わせましたが、「傍受した通信の内容をみだりに
漏らす事は、電波法以前に道徳レベルで問題があるでしょう」と回答されました。

それはそうでしょう。当事者のプライバシーである性別・氏名・職業・学校といった情報を簡単に
レポートされては拙いと思いますし、それが「民事的責任の発生」にもつながる惧れがあるからです。

 

Re: 電波法第五十九条に抵触します

 投稿者:電気通信主任技術者  投稿日:2016年10月 8日(土)21時15分30秒
返信・引用
  > No.360[元記事へ]

LIDさんへのお返事です。

> 第五十九条には、「何人も特定の相手方に対して行われる無線通信を傍受してその存在若しくは内容を
> 漏らし、又はこれを窃用してはならない。」とありますから、「何人」の範疇にあるアマチュア業務に
> おいてもやはり「守秘義務」は存在すると考えるほうが正しいでしょう。

参考にしてください
http://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q12117126097
 

Re: 電波法第五十九条に抵触します

 投稿者:LID  投稿日:2016年10月 8日(土)17時32分3秒
返信・引用
  > No.359[元記事へ]

電気通信主任技術者さんへのお返事です。

> アマチュア無線の通信は その目的(「アマチュア業務」ということ)からして「通信の秘密」として
> 保護するべき内容を含んでいないということです。電波法第五十九条で保護する対象ではないという
> ことです。
>
> 電波法第五十九条は「通信の秘密」を保護するものですから、通信の当事者が秘密にしておきたいと
> 思っていないことまで規制するものではない。

第五十九条には、「何人も特定の相手方に対して行われる無線通信を傍受してその存在若しくは内容を
漏らし、又はこれを窃用してはならない。」とありますから、「何人」の範疇にあるアマチュア業務に
おいてもやはり「守秘義務」は存在すると考えるほうが正しいでしょう。

無線従事者免許証にもその記載があり、無線局免許状にも「法律に別段の定めがある場合を除くほか、
この無線局の無線設備を使用し、特定の相手方に対して行われる無線通信を傍受してその存在若しくは
内容を漏らし、又はこれを窃用してはならない。」と記載されています。

「法律に別段の定めがある場合」により「アマチュア業務には適用しない」と定められているなら問題
ありませんが、そうではありません。

実際に、J-クラスタにレポートされて困惑したという事例があるのですから、その点を皆さん熟慮して
欲しいと思います。
 

Re: 電波法第五十九条に抵触します

 投稿者:電気通信主任技術者  投稿日:2016年10月 6日(木)18時45分28秒
返信・引用
  > No.358[元記事へ]

LIDさんへのお返事です。

> J-クラスタは、電波法第五十九条に抵触します。皆さん、ご再考下さい。
>
> (秘密の保護)
> 第五十九条   何人も法律に別段の定めがある場合を除くほか、特定の相手方に対して行われる
> 無線通信(電気通信事業法第四条第一項 又は第百六十四条第三項 の通信であるものを除く。
> 第百九条並びに第百九条の二第二項及び第三項において同じ。)を傍受してその存在若しくは
> 内容を漏らし、又はこれを窃用してはならない。

アマチュア無線の通信は その目的(「アマチュア業務」ということ)からして「通信の秘密」として
保護するべき内容を含んでいないということです。電波法第五十九条で保護する対象ではないという
ことです。

電波法第五十九条は「通信の秘密」を保護するものですから、通信の当事者が秘密にしておきたいと
思っていないことまで規制するものではない。
 

電波法第五十九条に抵触します

 投稿者:LID  投稿日:2016年10月 3日(月)15時07分34秒
返信・引用
  J-クラスタは、電波法第五十九条に抵触します。皆さん、ご再考下さい。

----------

(秘密の保護)
第五十九条   何人も法律に別段の定めがある場合を除くほか、特定の相手方に対して行われる
無線通信(電気通信事業法第四条第一項 又は第百六十四条第三項 の通信であるものを除く。
第百九条並びに第百九条の二第二項及び第三項において同じ。)を傍受してその存在若しくは
内容を漏らし、又はこれを窃用してはならない。
 

一部 表示ができない

 投稿者:JH2LYU 北原  投稿日:2016年 9月23日(金)11時54分29秒
返信・引用
  何時もJ-クラスタを利用させていただいています、有難うございます。
最近J-クラスタ表示の中で、Eスポ発生状況、国内の電離層観測データ、電離圏概況、イオノグラム、Eスポ状況等が表示されなくなっています。
私のパソコンでの不具合でしょうか、何か解決方法をお教えいただけませんか。宜しくお願い致します。
                                          De JH2LYU
 

レポート書き込み欄

 投稿者:JA1OGX  投稿日:2016年 6月 9日(木)09時57分49秒
返信・引用
  お世話様です。レポート書き込み欄の「運用モード」にJT65モードを追加していただけないでしょうか。  

レンタル掲示板
/28