teacup. [ 掲示板 ] [ 掲示板作成 ] [ 有料掲示板 ] [ ブログ ]

 投稿者
  題名
  内容 入力補助画像・ファイル<IMG> youtubeの<IFRAME>タグが利用可能です。(詳細)
    
 URL
[ ケータイで使う ] [ BBSティッカー ] [ 書込み通知 ]


外食の風景(Part.182)~蕎麦屋の選択

 投稿者:ポワロー@管理人  投稿日:2018年 4月22日(日)09時49分56秒
編集済
  朝食などで立ち食い大衆蕎麦屋の利用が多いですが、行く店が淘汰されて(限られて)きたようです。店選びのポイントはトッピングに胡麻(ごま)が用意されていて、自由に振りかけられる店であるかということ。

ごま自体香辛料としても美味いが、栄養価もばかにできず必須ビタミン・ミネラルが摂取できるので、毎日食したいです^^;
【胡麻の効能】
http://nurse-web.jp/kouka/goma/
 
 

たまにマグナムボトルも

 投稿者:ポワロー@管理人  投稿日:2018年 4月22日(日)09時37分4秒
編集済
  購入ワインです。

Minervois Domaine le Cazal le Pas de Zarat 2011 / Claude Derroja

輸入元は、恵比寿ワインマート。自宅でもたまにやるマグナムボトルですが、3回・3日ぐらいに分けて飲み干します。マグナムはレギュラーボトルより単位容量に比して割高のものがあるので注意が必要です^^;
 

ブルはシャロネーズも忘れるな

 投稿者:ポワロー@管理人  投稿日:2018年 4月21日(土)18時26分15秒
編集済
  スマホから直接投稿のライヴです。輸入元は恵比寿ワインマート。

率直な強いラズベリー風味、味わいはタニックさと甘さが “奇妙に”共存してます^^;
 

念願?の料理写真(その4)

 投稿者:ポワロー@管理人  投稿日:2018年 4月21日(土)11時07分42秒
  前の記事の続き。¥8500(税込)のコースはチーズ盛り合わせ付きです。感服の一夜で御座いました^^;  

念願?の料理写真(その3)

 投稿者:ポワロー@管理人  投稿日:2018年 4月21日(土)11時04分46秒
  前の記事の続き。メインの肉の皿は、カルパッチョとパイ包み焼きの2種という豪華版!  

念願?の料理写真(その2)

 投稿者:ポワロー@管理人  投稿日:2018年 4月21日(土)11時02分21秒
  前の記事の続き  

念願?の料理写真(その1)

 投稿者:ポワロー@管理人  投稿日:2018年 4月21日(土)11時00分43秒
編集済
  リストランテ「ラ・チャウ~芝浦」にて。素晴らしいピエモンテ料理の店です。ワインリストも同じ地方ということで、注文ボトルは以下

Roero Riserva Printi 2012 / Monchiero Carbone

輸入元はアルトリヴェッロ。いやはや強烈な“ネッビオーロ風味”(笑)。必死のスワリングで主に香りを楽しみました。この品種で長期熟成タイプの銘柄は、バローロやバルバレスコだけではなかったことを知り、またしても良い勉強^^;

素晴らしい、また美味い料理は見た目も美しい♪・・・ということで、前回訪問時に撮れなかった写真を、お通しから〆のエスプレッソに至るまで全て撮りました^^v
 

看板のないフレンチ(その2)

 投稿者:ポワロー@管理人  投稿日:2018年 4月20日(金)05時55分19秒
  前の記事の続き  

看板のないフレンチ(その1)

 投稿者:ポワロー@管理人  投稿日:2018年 4月20日(金)05時53分18秒
  初訪問の店です。フレンチレストラン「リシュオール~銀座」にて。「東〇カレンダー」という雑誌で知ったのだが、今月中に閉店とのことで多くは語りません。店内は所謂“東カレ客”(笑)でほぼ満席^^; ワインリストはブルゴーニュとシャンパーニュのみで、この日は、グラス・シャンパーニュに続きボトル注文は以下

Monthelie 1er Cru Les Champs Fuillots 2013 / Florent Garaudet

輸入元はヴィントナーズ。素晴らしくクリーンなピノの香気が発散、料理に合い文句nothing!(笑)
 

真に美味いモノは飽きない(その2)

 投稿者:ポワロー@管理人  投稿日:2018年 4月16日(月)05時52分59秒
  前の記事の続き  

真に美味いモノは飽きない(その1)

 投稿者:ポワロー@管理人  投稿日:2018年 4月16日(月)05時50分24秒
  かなり遅くなった報告ですが、ビストロ「サル~恵比寿」にて。バラエティのあるワインリストから、プロヴァンスのI.G.T.を胃袋に入れました。

Provence Méditerranée Carignan Domaine Richeaume 2014 / Henning Hoesch

輸入元はアカデミー・デュ・ヴァン。香りは強く麗しいが、味わいはかなりタニック。しかもアルコールが表記以上に強いと思われ、へべれけに酔いました(苦笑)。

写真3つ目の根菜のスープは、この店の毎回の注文でタイトルの通りですね。タジン鍋で調理したスモーク肉のメインの後は、チーズたっぷりで〆るのが健康上も良し^^;
 

熟成かつモダン風味のボルドー

 投稿者:ポワロー@管理人  投稿日:2018年 4月15日(日)21時13分5秒
  スマホから直接投稿のライヴです。輸入元は恵比寿ワインマート。  

Les Fromages Avec du Vin a la Mode (その5)

 投稿者:ポワロー@管理人  投稿日:2018年 4月14日(土)09時44分41秒
  前の記事の続き  

Les Fromages Avec du Vin a la Mode (その4)

 投稿者:ポワロー@管理人  投稿日:2018年 4月14日(土)09時43分33秒
  前の記事の続き  

Les Fromages Avec du Vin a la Mode (その3)

 投稿者:ポワロー@管理人  投稿日:2018年 4月14日(土)09時42分2秒
  前の記事の続き  

Les Fromages Avec du Vin a la Mode (その2)

 投稿者:ポワロー@管理人  投稿日:2018年 4月14日(土)09時40分38秒
  前の記事の続き。講座の修了後は、近隣のフレンチダイニングで“お決まりワイン会”です。参加者の持ち寄りワインは以下、※印はマグナムで私の持参^^;

Champagne Larmandier-Bernier Terre de Vertus 1er Cru 2009
Champagne Dom Ruinart Blanc de Blancs Brut 2006
Champagne Dom Pérignon Vintage Brut 2009
Savigny-lés-Beaune Blanc 2005 / Simon Bize
Meursault 1er Cru Bouchères 2010 / Frédéric Magnien
Clos de la Coulée de Serrant 2014 / Nicolas Joly
Coteaux Champenois La Côte Aux Enylants 2013 / Bollinger
Alsace Clos Saint Landelin Pinot Noir 2003 / René Muré(※
Nuits-Saint-Georges 1er Cru Clos des Forets Saint Georges Monopole 2008 / Domaine de L'Arlot
Latricières-Chambertin Grand Cru 1999 / Simon Bize
Château La Conseillante 2008
Champagne Brune Paillard Brut
 

Les Fromages Avec du Vin a la Mode (その1)

 投稿者:ポワロー@管理人  投稿日:2018年 4月12日(木)04時15分29秒
  ワインスクールのワインとチーズの相性研究講座の正規受講ではない振替受講です。この講座は振替先の“定番”講座になってるかも^^; 試食チーズは以下10種類。

Fromager d'Affinois
さくら
Chèvre SAKURA (HISADAパリ店で仕入れたシェーブルに、日本から届く桜の葉を巻いて風味付けした季節限定チーズ)
Pélardon
Gaperon
Abbaye de Citeaux
Affidélice
Livarot
Maroille Fermier
Blue des Basques

試飲ワインは以下4種類。テーマは、昨今のトレンドのワインということでグルジアのワインが3種・・・だけでは物足りないとのことで、加えてヴィンテージ・シャンパーニュが1種、です^^

Rkatsiteli 2013 / Nicoloz Antadze
Mtsvane 2013 / Nicoloz Antadze
Saperavi 2014 / Nicoloz Antadze
Champagne Tarlant La Vigne Royale Extra Brut 2003
 

難解店名のイタリアン(その2)

 投稿者:ポワロー@管理人  投稿日:2018年 4月12日(木)03時35分31秒
  前の記事の続き  

難解店名のイタリアン(その1)

 投稿者:ポワロー@管理人  投稿日:2018年 4月12日(木)03時30分21秒
  雑誌で紹介されていた肉料理が得意とされるイタリアンに初訪問です。店名はタイトルの通り、覚えるのが不可能なのだが、入り口の看板が目立つので場所は容易にわかりました。
【エル・ビステッカーロ・ディ・マニャッチョーニ~銀座】
http://bisteccaro.tokyo/

注文ボトルは、価格が適度ならためらわず購入したいイタワインの銘柄のひとつ

Brunello di Montalcino 2012 / Col d'Orcia

輸入元はフードライナー。ミディアムボディに近いが、エレガントな香気・風味で美味い。

料理は、前菜盛りを2人分、メインの肉の皿は、肉のみならず付け合わせの野菜もたっぷりだったので、パスタは不要でした。内臓の健康のためにも、甘い物で糖質を補給して〆たいです^^;
 

どこでもやってるグルメフェス(その2)

 投稿者:ポワロー@管理人  投稿日:2018年 4月10日(火)06時26分43秒
  前の記事の続き。ワイン購入は勿論ボトルで^^; 飲食店の営業許可をもらっていないとのルールで抜栓は出来ないとのことだったが、そこは用意は万全、ソムリエナイフを持参しております(笑)。しかし市価の倍はするお値段。

Merlot Barrel Aging 2015 / Azumino Winery

テント付きの仮設のテーブルはほぼ満員だったが、わずかの空きを見つけ席を確保、ワインと露店販売のグリルソーセージと鶏肉を賞味。周囲の他の客がビールをちびちびやってるのを見下し、優越感に浸りました(笑)。

野菜と炭水化物が足りないので野菜ラーメンを追加注文、心身共に圧倒的に満たされた日曜の午後でした^^v
 

どこでもやってるグルメフェス(その1)

 投稿者:ポワロー@管理人  投稿日:2018年 4月10日(火)06時10分51秒
  日比谷公園でグルメフェスティバルをやっているようだったので突入です。大変な混雑・・・だが、こうゆう場でもワインをやりたいもの。

探すとすぐ目に留まりました、ワインのブースが。日本ワインオンリーの販売です。
 

居酒屋の風景(Part.26)

 投稿者:ポワロー@管理人  投稿日:2018年 4月 9日(月)19時53分8秒
編集済
  居酒屋初のライヴ投稿です。慶応仲通り商店会の某店にて。  

熟成ラングドックは甘くしなやか

 投稿者:ポワロー@管理人  投稿日:2018年 4月 7日(土)19時39分56秒
編集済
  スマホから直接投稿のライヴです。輸入元は恵比寿ワインマート。

テイクアウトの鶏肉と野菜とトマトのオーブン焼きといただいてますが、良く合い美味い!
 

古典的ボルドーの精緻

 投稿者:ポワロー@管理人  投稿日:2018年 4月 6日(金)21時32分23秒
編集済
  スマホから直接投稿のライヴです。輸入元は恵比寿ワインマート。

昨今、ワインラヴァーでも「ボルドーは飲まなくなった」という人がいるのだけれど、こうゆう熟成カベルネの香気が理解されないとすれば、なんとももったいない話ではあります^^;
 

外食の風景(Part.181)

 投稿者:ポワロー@管理人  投稿日:2018年 4月 6日(金)05時49分17秒
編集済
  同じく「鹿屋アスリート食堂~神田錦町」にて。  

外食の風景(Part.180)

 投稿者:ポワロー@管理人  投稿日:2018年 4月 6日(金)05時46分54秒
編集済
  「鹿屋アスリート食堂~神田錦町」にて。皿は自由に選べますが、どれも“緑”色の食材が使われています。必須ビタミン・ミネラルが過不足なく摂取できる食事で、栄養の素養の無い家庭の主婦の手料理を食べるよりはるかに健康的です^^;  

深川の“路地裏”イタリアン(その2)

 投稿者:ポワロー@管理人  投稿日:2018年 4月 5日(木)07時19分7秒
編集済
  前の記事の続き。料理はメインの肉料理が上手に撮れなかったので割愛。

食事の前後は、大横川の水辺をお花見散策。先月31日でしたが、風雨がなかったせいかほとんど散っておらず満開の桜が鑑賞できました^^v
 

深川の“路地裏”イタリアン(その1)

 投稿者:ポワロー@管理人  投稿日:2018年 4月 5日(木)07時13分37秒
編集済
  雑誌で紹介されていたイタリアンに初訪問です。料理、ワインの品揃え共素晴らしい。
【トラットリア・ブカマッシモ~冨岡】
https://bucamassimo.jp/

店内は土地柄?らしく、若めのグループ客2組が大騒ぎ、また幼子2人を連れた家族が食事をしていましたが、そんな雰囲気は無問題(笑)、知人と美味なる料理・ワインを愛(め)で大満足でした^^;

グラスのスパークリングワインに続いてやっつけたボトルは以下、ジューシィで美味い! 輸入元はフィラディス。

Taurasi Santandrea Vinosia 2013 / Luciano Ercolino
 

外飲み報告をまとめて

 投稿者:ポワロー@管理人  投稿日:2018年 4月 3日(火)09時32分11秒
編集済
  外飲みワインの報告です。全て並級ニューワールドの赤で、各ワイン別店でやりました。

ワインの写真は、ジンファンデルのみ(写真上)、料理写真は、ニュージーランドのピノをやった「ムロイ~神田須田町」のみUPします。(写真中・下)

Lodi Old Vine Zinfandel 2015 / Gnarly Head
Marlborugh Pinot Noir 2016 / Delta
Mclaren Vale Cabernet Merlot 2011 / Alliance
 

夜桜の下でマールを(その2)

 投稿者:ポワロー@管理人  投稿日:2018年 4月 1日(日)09時06分41秒
  前の記事の続き。“究極”の〆はマールを、持参したグラスに移し替え退店。向かった先は、すぐ近所の桜が満開の公園のベンチで賞味(笑)・・・・これ真に“究極の”贅沢ではないか! (他の花見客が居なかったのが不思議ではある)  

レンタル掲示板
/61