teacup. [ 掲示板 ] [ 掲示板作成 ] [ 有料掲示板 ] [ ブログ ]

 投稿者
  題名
  内容 入力補助画像・ファイル<IMG> youtubeの<IFRAME>タグが利用可能です。(詳細)
    
 URL
[ ケータイで使う ] [ BBSティッカー ] [ 書込み通知 ]


外食の風景(Part.159)

 投稿者:ポワロー@管理人  投稿日:2017年 8月23日(水)07時27分37秒
  同じく回転寿司「もりいち・神保町店」にて。

写真上
ネタの鮮度がやや落ちるからか、塩ダレが若干塩辛過ぎのものもあり。

写真中
青魚の好みは生の秋刀魚と鰯で、これらは私的に“寿司の王者”と言いたいのだが、無いここともありしかたなく鯵です。

写真下
限定品の“鰻の箱寿司”で、たれの甘さが強すぎずお腹が満たされGOODです^^;
 
 

外食の風景(Part.158)

 投稿者:ポワロー@管理人  投稿日:2017年 8月23日(水)07時12分31秒
編集済
  回転寿司「もりいち・神保町店」にて。勤務地が神田となって3年だが、この店の支店が近くにあるとは最近まで知らなかった。無駄に過ごした3年?ってな気分で地団駄です(笑)。

写真上より、サーモンカルパッチョは適度な酸味が食欲を増進。アボガドのネタはお腹を満たします。圧巻はしめ鯖の3貫盛り。
 

病気でしょうか・・・いいえ誰でも(その2)

 投稿者:ポワロー@管理人  投稿日:2017年 8月21日(月)01時55分35秒
編集済
  前の記事の続き

写真上
老舗の刃物専門店ですが、包丁研ぎ職人も外国勢力が活躍しています。自分の仕事でも感じるが勤勉で実に頼もしい限り。彼等には日本のやる気の無い若者を蹴散らして、我国の産業を支えて欲しいものです^^;

写真中・下
ありました築地場外市場にもワインショップ兼ワイン飲み屋が! この市場でどんな食材にワインが合うのだろう?・・・次回から色色試してみよう。またしても通う口実が出来てしまいました(笑)。
 

病気でしょうか・・・いいえ誰でも(その1)

 投稿者:ポワロー@管理人  投稿日:2017年 8月21日(月)01時38分28秒
  築地場外市場通いが止まりません。ひょっとするとタイトルの通りでしょうか(笑)。  

東急バーでもアルザス(その2)

 投稿者:ポワロー@管理人  投稿日:2017年 8月20日(日)09時24分41秒
編集済
  前の記事の続き。写真中・下は、過去のブルゴーニュ特集での報告忘れ・・・落穂拾い、です^^;

Chablis 1er Cru Forêt 2014 / Domaine François Raveneau
Chablis Grand Cru Les Clos 2015 / Domaine Vincent Dauvissat
 

東急バーでもアルザス(その1)

 投稿者:ポワロー@管理人  投稿日:2017年 8月20日(日)09時12分55秒
編集済
  東急百貨店本店、酒売り場のカウンターバーでの試飲です。

Alsace Grand Cru Vorbourg Riesling Clos Saint Landelin 2008 / Thomas Muré
Alsace Grand Cru Schlossberg Riesling Clos des Capucins Cuvée Saint Catherine“l'Inédit!”2015 / Domaine Weinbac
Alsace Grand Cru Brand Riesling 2015 / Domaine Zind Humbrecht

この3種だけで凄い個性の共演です。好みやコストパフォーマンスでの比較は不可能・・・いやはや奥が深い^^;

F巻セレクトもマニアックです。遅い時刻に来たので既に帰宅したため詳しく聞けなったのだが、最初(写真上・中)のスパークリングワインは、この日のテーマの番外編で何とボルドー産?のカベルネ・ソーヴィニヨンのブラン・ド・ノワール、もちろん美味い。情報は写真をご覧ください。
 

トスカーナのシラー

 投稿者:ポワロー@管理人  投稿日:2017年 8月19日(土)23時58分4秒
  ライヴです。かつてトラットリアのワインリストで見つけた銘柄で、一度飲んでみたかったヤツです。

Cortona Il Borgo Syrah 2009 / Tenimenti Luigi D'Alessandro

輸入元はフードライナー。典型的シラー種の個性であまりにも教科書的すぎるが・・・十分な主張の強さで、これはこれで“文句nothing”(=文句無し)といったところ^^;
 

居酒屋の風景(Part.17)

 投稿者:ポワロー@管理人  投稿日:2017年 8月19日(土)08時11分21秒
  【香港食家~高輪】
https://tabelog.com/tokyo/A1316/A131602/13023922/

居酒屋として無難な店は中華であると言いたいです。魚介や野菜たっぷりの皿を酒と共にいただきたい。但し写真下の脂で調理してある“茄子”は要注意です。この野菜は脂を吸収しやすいそうで、おいしいからといって食べすぎるとカロリー過多となります^^;
 

神保町はカレーライスの街(Part.4)

 投稿者:ポワロー@管理人  投稿日:2017年 8月17日(木)22時31分48秒
編集済
  本シリーズのおそらく最終回。だが4回中、残念ながら最下位(苦笑)。
【ガヴィアル~神保町】
http://www.gavial1982.com/

その訳は、野菜カレーの中辛を選んだのだが“甘すぎる”のです。旨味の中の要素のひとつとして甘さがアクセントとして感じるのではなく、スパイシーさと突出した甘さが妙に喧嘩をしているようでバランスが悪い・・・\1400は超高かった(溜息)。

それよりなにより、ディナータイムに行ったのだが、サーヴィスを仕切っていた若い女性ウエイターが

超絶美女!

皿の扱いは乱暴で対応はやや不愛想だったが、ゆるせてしまうのですね^^v
 

酒量多すぎでないかい(苦笑

 投稿者:ポワロー@管理人  投稿日:2017年 8月16日(水)22時27分54秒
編集済
  ライヴです。タイトルの通りで、またやってます^^;

Saint-Joseph Clos des Martinets 2013 / Gilles Barge

輸入元は、恵比寿ワインマート。シラー種の特徴が表出されているが、華やかな果実風味主体ゆえ若いVTながらスイスイ飲めます。一応デキャンタージュしたので、これから変化を楽しみつつゆっくり飲み干そうと思います^^;
 

外食の風景(Part.157)

 投稿者:ポワロー@管理人  投稿日:2017年 8月15日(火)22時00分34秒
  休日、恵比寿に行く機会があればお決まりの“2軒はしご”の食事パターンです。

写真上
「エビス・フードホール」でサラダ中心の食事。
写真中・下
その直後、炭水化物補給のために、すぐ近くの回転寿司屋へ。やはりご飯物が食べたいですね^^;
 

居酒屋の風景(Part.16)

 投稿者:ポワロー@管理人  投稿日:2017年 8月15日(火)21時46分3秒
編集済
  たびたび報告していますが、自宅から2軒隣の居酒屋です。適度な酔いを得るのにうってつけな店ですが、土日・祝日が休みなのは残念。店を紹介した情報誌の表紙・頁がベタベタ扉に張り付けてありますが^^;
【三河屋食堂~三田】
https://tabelog.com/tokyo/A1316/A131602/13045182/
 

アルザス・・・イマダ止マラズ

 投稿者:ポワロー@管理人  投稿日:2017年 8月15日(火)13時18分29秒
編集済
  ライヴです。真っ昼間からやってます・・・これから出かけるのでまるまる1本は飲み干さないとは思いますが(笑)。

Alsace Riesling Vibratians 2013 / Vignoble du Rêveur

輸入元は、ヌーヴェルセレクション。上質リースリングの証であるペトロール香がする、美味い!

経験上、アルザスは飲み続けると飽きやすいと思っていたが、否!・・・タイトルの通りです^^;
 

気に入りワインコラム(URL変更による再掲)

 投稿者:ポワロー@管理人  投稿日:2017年 8月15日(火)08時04分0秒
編集済
  飲んだワインの報告をダラダラ書いてばかりじゃしょうがないし、かといってワインについて啓発的なことを書く能力は自分にないので、他のサイトの気に入ったコラムを以下3つ挙げときましょう。お時間あれば読んでみてください。

【点数表記に関して~安ワイン道場HPより】
HP主催者の安ワイン道場師範氏の点数評価はR・パーカーのような“濃厚さの度合い”に対する評価とは違います。しかしワインをあくまで“商品”ととらえ冷徹に評価する姿勢には共感します。
http://www2s.biglobe.ne.jp/~nikata/outline/point.htm

【テロワールの死(全5回)~堀賢一氏】
ワイン本やスクールで勉強したことと、実際に飲んだワイン体験にギャップがあることを常常感じていたのですが、このコラムを読んで霧が晴れたような気がします。
http://ns.wine.or.jp/wands/2004/4/uncork.html
http://ns.wine.or.jp/wands/2004/5/uncork.html
http://ns.wine.or.jp/wands/2004/6/uncork.html
http://ns.wine.or.jp/wands/2004/7/uncork.html
http://ns.wine.or.jp/wands/2004/9/uncork.html

【世界を変えたワインテイスティング・パリ対決~アカデミー・デュ・ヴァンHPより】
このコラムは「ニューワールドのワインがフランスなどの伝統国に引けをとらない優秀さを示しワイン界のグローバリゼーションが進んだ」と結論していますが、私は「ブラインド試飲の怖さ」という別の解釈をしました。どんなケースもそうだと思うが“先入観”というのは恐ろしいものです。
https://www.adv.gr.jp/pages/columns/special/160712-02
 

消耗品は買い替え

 投稿者:ポワロー@管理人  投稿日:2017年 8月14日(月)08時35分15秒
編集済
  ワインは基本的に飲み物であって、飲んでしまえば思い出は残るが「物」としての存在は消えてしまいます。それとは逆に姿・形が永久に残るものを耐久消費財といいますが、私のもうひとつの趣味である自転車がそれに当るでしょう。

ただし自転車で耐久消費財といえる部分はフレーム(本体)部分であってタイヤ、チューブ、ブレーキ沓、などは消耗品なのですり減ったら買い替えなくてはなりません。専用のシューズもしかり。

ビンディングシューズは購入から5年3か月で穴が開く状態だったので買い替えです。いろいろ試着したが国産のシマノ製が日本人の足になじむように造られてるとのことで購入。
【シマノ・HP】
http://cycle.shimano.co.jp/

出費は税込\16,751・・・金が出ていくばかりのお盆休みでした^^;
 

未熟なりに主張あり

 投稿者:ポワロー@管理人  投稿日:2017年 8月13日(日)20時50分6秒
編集済
  ライヴです。写真は白黒ではありません。“黒ワイン”と言っていいほどの色調です。

Les Baux de Provence Mas de la Dame Coin Caché Rouge 2014 / Anne Poniatowski-Caroline Missoffe

輸入元は、恵比寿ワインマート。色調の黒さと、最初の一口が強烈な渋さだったので、デキャンタージュしました。落ち着いて観察すると、バニラ、胡椒、ローストの香りにブルーベリーの香気もあり、楽しめました。

一緒にいただいてる南仏のAOCチーズのオッソ・イラティと良く合っていて、ワイン単独より美味いと思えます^^;
 

深川八幡祭り本祭

 投稿者:ポワロー@管理人  投稿日:2017年 8月13日(日)11時44分17秒
編集済
  ポタリングで永代通り商店街を通りかかるとお神輿が。

写真上・中
今年は、深川八幡祭りの3年に一度の本祭が行われています。神輿や担ぎ手に水がぶっかけられるのがならわしですが、見物人も注意しなければなりません。子供も水鉄砲で“参戦”しています。

写真下
神輿の打ち上げ後は、空腹を満たす“おもてなし”が用意されてます。残念ながら一般の見物人は金を払ってもいただくことはできません。

神輿は正月の初詣同様、私がまったく理解不能な行いのひとつですが(笑)、日本人はこうゆう季節らしさを体感しないと済まない民族なのでしょう^^;
 

お盆休みのグルメ

 投稿者:ポワロー@管理人  投稿日:2017年 8月13日(日)11時33分4秒
編集済
  自分の会社のお盆休みは祝日・土日休日を含め連続5日だが、2日のみの出勤で済みそうです。ポタリングの目的のひとつは各地でのグルメ道楽です(笑)。

写真上
【亀戸餃子・本店】
https://tabelog.com/tokyo/A1312/A131202/13003078/
行列は10分待ち程度で入れました。6皿注文で瓶ビアを1本。以前は2本やったけど今は控えてます^^;

写真中・下
【もりいち・亀戸駅前店】
https://tabelog.com/tokyo/A1312/A131202/13091865/
回転寿司店です。かつて勤務地が近くだったころの昼飯処です。シャリが味付けしてあるなど正統派の店ではありません。その当時税込み\135/皿だったと記憶するが、今は税抜き\150/皿。なんでもかんでも高くなる世の中です^^;
 

砂町銀座商店街

 投稿者:ポワロー@管理人  投稿日:2017年 8月13日(日)11時04分52秒
編集済
  休日のポタリング(自転車での散策)を生き甲斐とする者にとって、商店街の1本道を端から端まで行き来するのは楽しみです。ここはかつて勤務地が近くあったことで知った砂町銀座商店街。

近所に大型の商業施設が数年前にできたことで、存亡が危うくなるかと思われたが、どっこい“生きて”いました。しかしシャッターが下りた店や更地になった地所も見かけられます。丸八通り側にあるイオン系のスーパーは今月中で閉店とのことで、ワインを20%オフで売っていました。そこで買ってきたのが、下の記事に報告したスペインです。

築地場外市場の商店街と違って鮮度の良い食品は無に近く、脂で揚げたりしたものばかり。私も歳なので揚げ物は健康上の理由でいただきません^^;(使いまわしてない質のよい脂で揚げてるなら別だが)
 

熟成スペインは崇高

 投稿者:ポワロー@管理人  投稿日:2017年 8月13日(日)03時24分54秒
編集済
  ライヴです。昨夜、偉大なボルドーをやったので、それに太刀打ちできる銘柄ということで、熟成したスペインを選びました。

Jumilla Grand Reserva 1993 / Bodegas San Isidro

カシス様の果実香が充分で、好ましい意味の鉄風味がアクセントになっています。美味い・・・但し寝てしまい、目覚めればこんな時刻(苦笑)。輸入元はヌーヴェルセレクション。
 

おお・・・KING CABERNET!

 投稿者:ポワロー@管理人  投稿日:2017年 8月11日(金)21時41分57秒
編集済
  ライヴです。美味い!

Haut-Médoc Château Sociando-Mallet 1996

** 追伸 **
このワインの輸入元は「E」。この輸入業者兼販売店は、ワイン雑誌RWGのインポーター特集でも、良くない業者リストのトップにランクされていたと思うが、実際自分の体験でも、ボルドーの最新VTを購入しても酸化状態なモノに複数当ったり、ワインバーでも見事に酸化してるモノに当たったり、と散々なので実店舗に行くのも不愉快な感じなのですが(笑)。

しかしながらこの1本は状態が完璧だったので、頑強で長熟な造りの銘柄に関してのみ購入に改心しようかな?・・・・やっぱりしません^^;
 

アルザスは1本空けてこそ

 投稿者:ポワロー@管理人  投稿日:2017年 8月11日(金)20時54分47秒
  アルザス料理店「コテ・フー~鶯谷町」にて。ワインスクールのアルザス講座に通って以来、まだ探求が止まりません・・・っていうか、アルザスはもともと偉大なワイン産地で、今までが認識不足だっただけのことですが^^; その個性を充分体感したいので1回の食事でまるまる1本空けたいところです。

Alsace Grand Cru Muenchberg Pinot Gris 2010 / Domaine Ostertag

重厚な辛口で何とも言えぬ複雑さ、美味い。件の講座の放課後クラス会でグラスでやって報告済みの銘柄なので表ラベルの写真は省略。
 

コース料理をB.D.M.で通す(その3)

 投稿者:ポワロー@管理人  投稿日:2017年 8月11日(金)08時22分31秒
  前の記事の続き  

コース料理をB.D.M.で通す(その2)

 投稿者:ポワロー@管理人  投稿日:2017年 8月11日(金)08時21分2秒
  前の記事の続き  

コース料理をB.D.M.で通す(その1)

 投稿者:ポワロー@管理人  投稿日:2017年 8月11日(金)08時19分21秒
  フレンチダイニング「アンカフェ~神宮前」にて。持ち込みです。

Brunello di Montalcino Riserva Poggio al Vento 2004 / Col d'Orcia

入手できれば探求したい銘柄です。2004VTであるが若くてフルボディ、カシスの“押し寄せる”ような風味で圧倒的飲み応えではありました。輸入元のステッカーが貼り忘れだったが、おそらくフードライナーだろう。

この店で初めてコース料理をいただいたが、美味い。口直しの為にも、肝臓の健康の為にも良いので、パンをおかわりしました^^;
 

外食の風景(Part.156)

 投稿者:ポワロー@管理人  投稿日:2017年 8月11日(金)05時39分35秒
編集済
  私の所属する健康保険組合の診療施設に併設された「レストラン・パル~千駄ケ谷」にて。

健康診断は朝食抜きなので、終わった後で遅めの朝食をとるための食事処として利用できます。まずまず栄養バランスの良いと思われる和定食をいただきました。お腹の中のBARIUMとは心理的にアンマッチですが(笑)。
 

フレンチ以外とワインは合わない?

 投稿者:ポワロー@管理人  投稿日:2017年 8月10日(木)02時19分38秒
編集済
  フレンチ&ワインバー「ラ・カーヴ・デ・ヴィーニュ~銀座」にて。ヴィンテージ物をやってみたかった造り手です。

Champagne François Billion Brut Grand Cru Cépage Chardonnay 2006

輸入元はVIVIT。馥郁たるナッツ風味の広がりは大きくボディは厚みあり、美味い。

問題だったのは料理との相性。この店はレギュラーのフランス料理の他に、シェフの遊び心で普通の洋食店にあるようなメニューも作っているのだが、そうゆうメニューである「魚介のフライの盛り合わせ」を注文。これをワインと合わせると魚介の生臭さが引き出されてしまうようでいまいち・・・口直しのパンをたっぷりいただきました。

合わない原因は食材そのものではなく、揚げてる脂によるものか? 卵のタルタルソースにあるのか?・・・考えるほどに難しく判断不能です^^;
 

確かにビストロではあるが

 投稿者:ポワロー@管理人  投稿日:2017年 8月 8日(火)07時20分49秒
編集済
  新店の開拓です。居酒屋が“ビストロ”としてリニューアルした、とのこと。また店名も面白かったので行ってみました。
【あぶらぼうず~高輪】
https://tabelog.com/tokyo/A1316/A131602/13080894/

予約なしで入店したからか末席に通され、そこは目の前の棚に店の備品が丸見えで居心地が悪い。料理は味自体は可もなく不可もなしだが見栄えが悪い・・・なので写真無しです。まぁ、再訪は120%無いでしょう(笑)。ビストロと銘打っていて確かに大衆的ではあるが、その中でも底辺の部類の店でした^^;

やっつけたロゼ・スパークリングWのみ記します。ほのかなチェリー風味ですっきり、さわやかでした。

Crémant de Limoux Grande Cuvée 1531 de Aimery Brut Rosé / Sieur d'Arques
 

フレンチ主催のB.B.Q.(その9)

 投稿者:ポワロー@管理人  投稿日:2017年 8月 6日(日)07時34分59秒
編集済
  前の記事の続き

〆の焼きそばはお腹いっぱいで食べれず、無念。

このBBQ、全体的には素晴らしい充足・癒し・体験でした。また来年もあれば期待(=来たい)ですね^^;
 

フレンチ主催のB.B.Q.(その8)

 投稿者:ポワロー@管理人  投稿日:2017年 8月 6日(日)07時19分48秒
編集済
  前の記事の続き

肉料理の“真打ち”は、腎臓のグリル
 

レンタル掲示板
/53