teacup. [ 掲示板 ] [ 掲示板作成 ] [ 有料掲示板 ] [ ブログ ]

 投稿者
  題名
  内容 入力補助画像・ファイル<IMG> youtubeの<IFRAME>タグが利用可能です。(詳細)
    
 URL
[ ケータイで使う ] [ BBSティッカー ] [ 書込み通知 ] [ 検索 ]


こころの歌

 投稿者:オカ安  投稿日:2017年 4月25日(火)11時42分27秒
  石様が、音楽番組も好きだとは知らなんだ。
お陰で 日本のコーラスグループ(フォレスタ)の格調高い美声を聞くことができました。
夏は来ぬ 仰げば尊し 埴生の宿 良かったです。ぼくも 胸にジーンときました。
 ついでに 僕の駄作 先月の短歌
   仰げば尊し  同人  上野 安世  旧カナ
未帰還の兄の戦死の公報を卒業間際の二月に受けたり
兄の死後家督を継げと言ふ父に逆らふことも出来ぬ寒き日
卒業の時期ともなれば悔まれる進学あきらめし高三の頃
卒業の記念の寄せ書き師の言葉 安らかな世を作りませとぞ
泪ながら答辞読みたり朗々と仰げば尊し恩師偲ばる
おもむろに「蛍の光」唄ひ終へし友の別れを懐かしみをり
 
 

フォレスタの夏は来ぬ

 投稿者:  投稿日:2017年 4月25日(火)06時59分13秒
編集済
  ワタクシが一番好きな歌番組は「BS日テレ-BS日本こころの歌」です。
毎週月曜日午後9時から。

日本のコーラスグループ(フォレスタ)の格調高い美声を聞く度に、
ココロ震わさずにおれないのでありまして、

振付がメインなのかどうか、学芸会みたいな若者グループや、
声がまるで伸びない往年歌手のごまかし歌声(申し訳ないけど)などに、
ウンザリしている身にとって、ありがたい歌番組となっています。

そのフォレスタでありますが、年長と思われる白石佐和子さんが
年初から引退されていたとか。

ワタクシ、あの人が一番好きでした。
歌も表情も、小太りだって魅力の一つでした。

さて「夏は来ぬ」ですが、フォレスタの歌声で聞くと
さらに胸にジーンとくるわけで、それではどうぞ。

(二番目に歌う女性が白石佐和子さん)

https://www.youtube.com/watch?v=FtoW3qx82VA

 

夏は来ぬ

 投稿者:オカ安  投稿日:2017年 4月23日(日)19時46分14秒
  夏 は 来 ぬ    上野 安世
一 卯(う)の花の匂う垣根に時(ほと)鳥(とぎす)
早も来鳴きて忍音(しのびね)もらす夏は来ぬ
二 さみだれの注ぐ山田に早乙女が
   裳(も)裾(すそ)ぬらして玉苗植うる夏は来ぬ
三 橘(たちばな)の薫る軒場の窓近く
   蛍飛びかいおこたり諫(いさ)むる夏は来ぬ
四 楝(おうち)ちる川べの宿の門遠く
   水鶏(くいな)声して夕月すずしき夏は来ぬ
五 五月やみ蛍飛びかい水鶏なき
   卯の花咲きて早苗植えわたす夏は来ぬ
かの有名な 佐々木信綱作の 夏は来ぬである。江戸時代の歌人、加納諸平の作に「山里は卯の花垣のひまをあらみしのび音洩らす時鳥かな」とあり、佐々木信綱の詞はここから着想を得ていると言われる。作曲は東京音楽学校の、小山作之助である。格調も高く、名調子の、僕の大好きな唱歌であります。
二十年ほど前に、地元のある講演の中で、某先生が、卯の花は匂いが無いのに、匂うと書いている。これは大きな間違いであると言われたのを思い出しております。
この方こそ大きな間違いを言っていると思います。「匂う」は、臭覚でもあるが、辞典には、輝いて色が美しく見える意の雅語的表現とあります。つまり、視覚 目でとらえた美しい様子であると思います。つまり ホトトギスが卯の花が美しく咲いている垣根で鳴いている、夏の到来を詠んでおります。
二番ですが、早乙女が裳裾をぬらして早苗を植えている様子です。裳裾ですが、志摩市磯部町の御田祭が思い浮かびます。早乙女姿の女性八人が、神田に玉苗を 雅楽に合わせて植える様は、艶めかしい膝下の着物の裾が濡れんばかりの様子が浮かんできます。
三番 橘の薫るですが、蜜柑類は良い匂を放ちます。窓近く蛍飛びかい、ですが、これは蛍雪の功を詠まれてます。苦学して頑張れよと諫めております。
四番 楝(おうち)ですが、センダンの雅名です、川辺の宿に、水鶏の声が聞かれ、夕月も涼しく、夏がやってきました。まさにいい情景です。
五番 五月 蛍 水鶏 卯の花 早苗 皆揃い踏みの 夏がやって来ました。何れも何も難しい事はなく、夏の到来の喜びを如実に表現されております。明治二十九年の作とありますが、何時までも 沢山の皆さんに愛される名曲であると信じております。
佐々木信綱につきましては、皆さんご承知の 明治五年 三重県鈴鹿生まれ、万葉集の第一人者の国文学者、文化勲章も頂き、九十二才で亡くなられました。歌人でもあり私達の誇るべき大先輩であられます。
 

ユートピア

 投稿者:オカ安  投稿日:2017年 4月18日(火)18時39分4秒
  貴公のユートピアから、わが里の写真もよいですねー。
雨を沢山いただき、木々も花さん達も喜んでおると思います。
思ったより風がなくに終わりよかったです。ささ百合ちゃん今年は 少し遅れると思ったが、
いままで通り5月下旬から咲きそうですねー。
わが庭は 銭も無いのに 小判草ばかり繁茂しております。
 

ミワコワスレの遊花夢さん

 投稿者:  投稿日:2017年 4月17日(月)18時20分52秒
  今日は終日雨もよう。

いっぽう昨日は初夏なみの天気でした。
大阪の友人夫婦とタケノコ掘りを楽しんだり、一足早いオープンガーデンのお客さん(4組)
があったりと陽気な日でした。


さて遊花夢さんですが、庭を代表するミヤコワスレの開花が少し遅れているようです。
見学のお客さんをガッカリさせてはいけないと、案内看板も少し遅らせていると
耳にしました。

来週になれば、ミヤコワスレの群れ咲く光景を目にすることでしょう。
さぞかし圧巻でしょう、楽しみですね。
 

遊花夢

 投稿者:オカ安  投稿日:2017年 4月15日(土)07時54分53秒
  昨日 伊勢の帰りに宮パークランドへ立ち寄った。
いっぱい別荘がありましたが、遊花夢らしき園は見受けられなかった。
誰も人も居らず、車で走ってきただけでした。よく見たら、遊花夢さんは 土日のみのようですねー
 

いよいよこれから

 投稿者:  投稿日:2017年 4月11日(火)18時12分38秒
編集済
  先ほど竹藪の様子をみてきたらタケノコが沢山でていました。
さすが雨後の筍です。

ちょうどいい、
明日は絵手紙教室ですから皆さんに貰っていただきましょう。

さてオカ安さん、さっそくガーデン巡りですね♪
うれしいですねえ、ゆるりガーデンさんも喜んでおられたと思います。

仲良くさせてもらっているお隣のじゅんたろう工房さんも、
とても協力的で有難い限り。

今日は、ゆるりガーデンさんの近くの大型スーパープラントに用事あり、
ついでにポスター張りをお願いしました。

ふふふ
用事というのは、昨日購入したガソリンタンクの欠陥クレームでありまして、
片方で苦情を述べ、舌の根も乾かぬうちにポスター張りのお願いですから(笑)

これでついに30万部突破!
ちがった 30部突破でした へへへ
 

ゆるりガーデン

 投稿者:オカ安  投稿日:2017年 4月11日(火)07時28分56秒
  昨日志摩の帰りに、ゆるりガーデンへ立ち寄ってきました。
じゅんたろう工房は良く知っているので、案内標識に従ってすぐに着きました。
じゅんたろう君の隣ですので、じゅんたろう君が案内してくれ、ゆるりさんも居られて見せていただいた。天気がよくなったら、遊花夢へも寄ってみたいと思います。
これも サニー道路の道沿いの宮川パークランドですからすぐに解ると思います。
じゅんたろう君に汐見ガーデン 是非ご覧ください 5月下旬~6月上旬が一番メインと思うと言っておきました。
 

タケノコ

 投稿者:オカ安  投稿日:2017年 4月 9日(日)18時36分43秒
   午後から何とか天気がよくなり 桜を見てきました。
南島道路突っ走り 河内の桜を見て、能見坂を越えて 宮リバーでしばらく見物 そして横輪へ寄りました。何れも良く賑わってました。4月は 桜 5月は 若葉ですねー。
そして 次は汐見ガーデンのささ百合ですなー。
春爛漫天気がよければ 一番よい季節です。
頑張って下さい。
夕方タケノコの初物を頂き 有難うさんです。早速夕餉に頂きました。
柔らかくとても美味しかったです。  サンキュウ
 

さくら さくら いざ舞い上がれ♪

 投稿者:  投稿日:2017年 4月 3日(月)20時13分15秒
  すっかり春の陽気となりました。
庭の草花も開花に向けて猛ダッシュ。
いい案配になってきました。

懸念事項だったポスター張りですが、本日、14軒で快諾。
すでに貼り終えた役場関係先等の7カ所を加えると、合計21カ所となりました。

しかもオカ安さんご厚意の6カ所を加えると、なんと合計27カ所。
南伊勢町だけでこんなに沢山貼れたなんて、感謝感激です。


さて、卒業にまつわる私的なお話しを一つ、二つ。
中学までは人並な生活を送りましたが、その後がいけません。

高校は全編通じて赤点すれすれの成績で、そのためか卒業式に出た記憶が無いのです。
大学は同じく全編単位不足で、卒業式に出る資格もないため自主的に欠席しました。

面白いのは、卒業資格のないクラスメートが、なぜか式に出席しまして、
ワタクシめの卒業証書をワタクシの代わりに貰ってきてくれたという
まことバカ×2しい実話が記録されております。

わが青春、およそ式というものに馴染めず、成人式は山に登って完全無視。
今振り返ってみると、どこにそんなエネルギーが有ったのかと思います。

ずいぶんと道草を食いました。
ようやく原点に戻ってこれたようで、森山直太朗の「さくら」の歌に
涙するようになりました。

 

レンタル掲示板
/122